女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

横浜桜木町ワシントンホテル「ベイサイド」ランチビュッフェ口コミ

 

f:id:satomi77:20171122131041j:plain

今回訪れたのは神奈川県にある、横浜桜木町ワシントンホテルです。こちらのホテルにある「ダイニング&バー ベイサイド」のランチビュッフェに行ってきました!
ビュッフェでスイーツをたくさん食べて来たので、レポートしていきます。

スポンサードリンク
 

 

▽横浜桜木町ワシントンホテル「ベイサイド」までのアクセス

f:id:satomi77:20171122131053j:plain

f:id:satomi77:20171122131105j:plain

JR桜木町から徒歩1分のところにあるのが、横浜桜木町ワシントンホテルです。今回は駅を出て歩道橋を渡り、2階入り口から入りエレベーターで上がりました。

f:id:satomi77:20171122131119j:plain

f:id:satomi77:20171122131132j:plain

エレベーターで5階のロビー・フロントまで上がり、同じフロアにあるのがダイニング&バー ベイサイドです。こちらのレストランでランチビュッフェが行われています。

次の項目では、ベイサイドの店内についてレポートしていきます。

 

▽ベイサイドについて

f:id:satomi77:20171122131146j:plain

f:id:satomi77:20171122131154j:plain

f:id:satomi77:20171122131205j:plain

f:id:satomi77:20171122131213j:plain

f:id:satomi77:20171122131225j:plain

f:id:satomi77:20171122131234j:plain

f:id:satomi77:20171122131244j:plain

f:id:satomi77:20171122131258j:plain

横浜桜木町ワシントンホテルにあるダイニング&バー ベイサイドは、総座席数173席。フロアの真ん中2か所にビュッフェ台があります。

f:id:satomi77:20171122131312j:plain

また店内にはライブキッチンもあり、訪れた11月はステーキを焼いていました。オーブンもあり、店内でクロワッサンやデニッシュも焼いています。ベイサイドではステーキや出来立てのパンも食べ放題です。

f:id:satomi77:20171122131327j:plain

f:id:satomi77:20171122131335j:plain

ドリンクカウンターは店内の一角にあり、ソフトドリンクが飲み放題です。

f:id:satomi77:20171122131353j:plain

f:id:satomi77:20171122131409j:plain

f:id:satomi77:20171122131421j:plain

店内の窓は非常に大きく、横浜のみなとみらいを一望することができ、気分転換にもぴったり。横浜桜木町ワシントンホテルのベイサイドなら、みなとみらいの景色を見ながら非常に気持ち良く食事ができます。

f:id:satomi77:20171122131438j:plain

今回案内されたのは窓際のカウンターの席。テーブルは非常に広く、お皿を何枚置いても快適に食事ができます。

 

ランチビュッフェに訪れた日は、一番に入ることができました。混雑時の店内の写真がこちらです。

f:id:satomi77:20171122131622j:plain

f:id:satomi77:20171122131632j:plain

ベイサイドのランチビュッフェではどんどん人が入っていくので、店内は多くのお客さんで賑わっています。

 

▽ベイサイドのランチビュッフェについて

f:id:satomi77:20171122131653j:plain

ベイサイドのランチビュッフェは、平日だけでなく土日祝日も時間無制限です。土日祝日は平日と値段が変わりますが、いつ訪れても時間を気にせずゆっくりと、スイーツや食事メニューを楽しむことができます。

 

▽ベイサイドのスイーツのビュッフェ台

f:id:satomi77:20171122131707j:plain

f:id:satomi77:20171122131718j:plain

f:id:satomi77:20171122131731j:plain

f:id:satomi77:20171122131741j:plain

f:id:satomi77:20171122131752j:plain

f:id:satomi77:20171122131805j:plain

スイーツのビュッフェ台は、楕円形のビュッフェ台の一角を占めています。ベイサイドのランチビュッフェではケーキをはじめ、アイスやチョコレートファウンテン、甘いパン類など様々な種類が食べ放題です。

 

いよいよ次の項目から、ベイサイドのスイーツについて詳しくレポートしていきます。

 

▽ベイサイドのビュッフェのスイーツ


1.クッキー2種類

f:id:satomi77:20171122131833j:plain

f:id:satomi77:20171122131842j:plain

今回ベイサイドのランチビュッフェに訪れた際は、2種類のクッキーがありました。ホワイトチャンククッキーとダブルチャンクチョコクッキーです。

f:id:satomi77:20171122131857j:plain

f:id:satomi77:20171122131906j:plain

ベイサイドのクッキーの特長は、なんといっても厚み。ここまで厚みのあるクッキーもビュッフェで食べ放題なので、思わずテンションが上がります。
それでは、2種類のクッキーをレポートしていきます。

 

・ホワイトチャンククッキー

f:id:satomi77:20171122131927j:plain


ホワイトチャンククッキーは外がサクっと、中はややしっとりめ。2つの食感を1度に楽しめる、贅沢なクッキーです。
ホワイトチョコレートも入っているので、強めの甘さが楽しめます。

 

・ダブルチャンクチョコクッキー

f:id:satomi77:20171122131949j:plain

ダブルチャンクチョコクッキーの生地はかすかにビターな味わいがあり、コクのある甘さが楽しめます。


チョコレートがたっぷり入って甘いのに、後味はすっきりしているので、後引くクッキーです。

 

ベイサイドのクッキーはしっかり厚みがあり、味もそれぞれ違うため、実に食べ応えのあるスイーツです。お茶やお喋りと一緒に食べるのにも最適です。

 

2.デニッシュ3種類

f:id:satomi77:20171122132014j:plain

ベイサイドのランチビュッフェで並んでいるクロワッサンやデニッシュなどは、店内にあるオーブンで焼いています。

f:id:satomi77:20171122132034j:plain

f:id:satomi77:20171122132044j:plain

今回は3種類の甘いデニッシュをレポートします。

 

・メープルピーカン

f:id:satomi77:20171122132103j:plain

メープルピーカンはこんがり焼かれたナッツが散りばめられ、中にはジャム状の甘みの強いメープルが入っています。生地のサクサク感が素晴らしく、ナッツは鼻に抜けていく香ばしさと、カリっとした食感が絶品。
強めの甘さと香ばしさを一度に味わえる、クオリティの高いデニッシュです。

 

・アップルクラウン

f:id:satomi77:20171122132127j:plain

アップルクラウンは甘酸っぱいリンゴと、カスタードが入ったデニッシュ。リンゴは小さくカットされているので食べやすく、品の良い絶妙な甘酸っぱさが味わえます。
生地のサクサク感と相まって、病みつきになる一品です。

 

・あんこバー

f:id:satomi77:20171122132149j:plain

あんこバーは持つだけでわかるほど、あんこがぎっしり詰まっているのが特長です。中には優しい甘さのこしあんが入っていて、サクサク生地との相性が抜群。ぺろっと食べられます。

 

3種類のデニッシュはサクサク感が非常に素晴らしく、それぞれの具材と見事に合っています。


ベイサイドのランチビュッフェは、ホテルメイドのデニッシュも食べ放題なので、好きなだけ味わえてお得です。

 

3.5種類のプチケーキ

f:id:satomi77:20171122132212j:plain

f:id:satomi77:20171122132223j:plain

ベイサイドのスイーツコーナーには、5種類のプチケーキがあります。プレートに名前は書いていなかったものの、店員さんに聞いて教えてもらいました。丁寧な応対に感激です。


5種類のプチケーキをそれぞれレポートしていきます。

 

・マンゴーオレンジ

f:id:satomi77:20171122132243j:plain

マンゴーオレンジは甘みに加えて、柑橘系ならではのほんのりとした甘酸っぱさが味わえるスイーツです。甘さと甘酸っぱさの比率は7:3といったところで、甘さが上回っています。


上の部分は食べるとしゅわっと口の中で溶けて、柑橘系ならではの甘酸っぱさが味わえます。生地のチョコ味はほんのり甘く、マンゴーオレンジの部分と相性が良いだけでなく、全体の味を引き締めています。

 

・ショートケーキ

f:id:satomi77:20171122132305j:plain

ショートケーキは苺の甘酸っぱさが実に心地良い一品です。ケーキの真ん中には苺のクリームや、カットされた苺が入っているので、甘酸っぱさをしっかり楽しめます。
生クリームは軽めの甘さで、ぺろりと食べられます。ベイサイドのショートケーキは、食べやすくもたれない甘さなので、いくつでも食べられそうです。

 

・抹茶のケーキ

f:id:satomi77:20171122132329j:plain

抹茶のケーキは、抹茶のコクとスッキリとした甘さが楽しめるスイーツです。
上の抹茶の部分は口どけがよく、食べるとしゅわっと溶けて、口の中に優しい抹茶の味わいと甘さが広がります。優しい甘さが後を引き、お代わりしたくなる一品です。お茶やコーヒーにも合います。

 

・モカマロン

f:id:satomi77:20171122132348j:plain

モカマロンは栗ならではの甘さが楽しめるケーキ。上の部分は栗ならではのコクのある甘さが楽しめ、口に含むとあっという間に溶けていきます。
下のスポンジはほのかなチョコ味で、全体の味を引き締めつつ、甘さを加えています。
真ん中の生地はソフトな甘さが堪能できます。

ベイサイドのモカマロンは口当たりが良く、栗ならではの甘さを楽しめるスイーツです。

 

・焼き芋ロールケーキ

f:id:satomi77:20171122132410j:plain

焼き芋ロールケーキはお芋の甘さや旨味をたっぷり味わえるスイーツです。紫の生地と、中にぎっしり詰まったさつま芋の餡が、食欲をそそります。
餡はさつま芋ならではの優しい甘さが味わえ、食感が非常になめらか。もったり濃厚な餡は、舌触りが絶妙です。


生地は外側の紫の部分がほんのりさつま芋味で、中の生地は素朴な甘さが楽しめます。
さつま芋の甘さとなめらかな食感が、存分に楽しめる一品です。

ベイサイドの5種類のプチケーキはそれぞれ味が違い一口サイズなので、食べ比べをするのにもぴったりなスイーツです。

 

4.チョコレートファウンテン

f:id:satomi77:20171122132439j:plain

f:id:satomi77:20171122132448j:plain

チョコレートファウンテンは、シュークリーム・バナナ・マシュマロに付けて食べます。トッピングはベリーソースとチョコスプレーの2種類があり、好きな組み合わせで楽しめます。

f:id:satomi77:20171122132503j:plain

3つの具材を取り、チョコレートとトッピングをかけて食べました。それぞれの具材についてレポートしていきます。

 

・バナナ

f:id:satomi77:20171122132523j:plain

バナナは熟しているので甘みが強く、ほんのりビターなチョコレートに合います。チョコバナナにすることで、コクのある甘さが楽しめます。

 

・シュークリーム

f:id:satomi77:20171122132540j:plain

シュークリームにはチョコスプレーをかけて、甘さをグレードアップ。中の生クリーム、外のビターなチョコレートと併せて複数の甘さを一度に味わえます。

 

・マシュマロ

f:id:satomi77:20171122132601j:plain

マシュマロにはベリーソースをかけて食べました。ベリーソースの甘酸っぱさが加わることで、また違う味になるので食べ甲斐があります。


マシュマロはもっちりしていて、噛むたびにチョコレートとベリーソースの甘さが、どんどん口の中に広がっていきます。

 

5.フルーツ

f:id:satomi77:20171122132622j:plain

ベイサイドのランチビュッフェではフルーツも食べ放題です。訪れた日はぶどうのレッドグローブ、パイナップル、ライチがありました。


ぶどうはすっきりとした甘さで、パイナップルは酸っぱさが強め。ライチは剥きやすく、コクのある味わいが楽しめます。

 

6.チーズマフィン

f:id:satomi77:20171122132640j:plain

チーズマフィンは素朴な生地の甘さと、チーズの味も楽しめる一品です。
生地は食べた瞬間からポロポロと解けていきます。マフィンの上の部分にはチーズが入っているのか、かすかに塩気が利いた味も楽しめます。


チーズの味が濃過ぎないのでいいアクセントになり、生地の甘さを引き立てています。

ベイサイドのチーズマフィンはポロポロ食感と、かすかなチーズの味がクセになります。

 

7.あずきゼリー

f:id:satomi77:20171122132701j:plain

あずきゼリーは好きなだけすくえるスイーツです。ゼリーはやわらかく、ほどよい弾力感があり、表面の舌触りも良いです。ちゅるんとした食感が味わえます。
ゼリー全体は控えめでしつこくなく、けれどしっかりあずきの甘さが楽しめます。

 

8.パウンドケーキ

f:id:satomi77:20171122132718j:plain

パウンドケーキは薄くカットされているので、取りやすいです。上にはナッツが散りばめられていて、カリっとした食感も楽しめます。
生地はお茶のような深い味わいがあり、鼻に抜けていく豊かな香りがたまりません。
ベイサイドのパウンドケーキは甘過ぎないので、どんどん食べられます。

 

9.アイス4種類

ベイサイドのランチビュッフェでは、アイスが全部で4種類あります。こちら全種類制覇したので、レポートしていきます。

 

・チョコレートアイスとメロンシャーベット

f:id:satomi77:20171122132756j:plain

チョコレートアイスはチョコレートの甘さが濃く、けれど後味が比較的すっきりしていて食べやすいです。硬めの食感のお陰で、噛むたびにチョコレートの味が楽しめます。

メロンシャーベットはやわらかくシャリシャリしていて、馴染みのあるメロン味。食感が心地良く、スプーンが止まりません。

 

・ぶどうシャーベットとバニラアイス

f:id:satomi77:20171122132813j:plain

ぶどうシャーベットはさっぱりしていて、ぶどうの爽やかな甘さが楽しめます。シャリシャリ食感で口当たりが良く、お口直しにもぴったり。ぶどうの味は軽めなので、食べやすい味です。

 

バニラアイスは食感が非常になめらかな上、表面はツルっとしているので、舌触りが抜群です。バニラの優しい甘さが味わえます。


以上がベイサイドのランチビュッフェのスイーツでした。ほとんどのスイーツは一口サイズなので、色んな種類をたくさん食べられます。

 

▽ベイサイドの食事メニュー

スイーツだけでなく、ベイサイドのランチビュッフェの食事メニューも、一部ご紹介します。

 

・オーストラリア産牛肉のサーロインステーキ

f:id:satomi77:20171122132836j:plain

ベイサイドの11月のランチビュッフェでは、ステーキも食べ放題です。アボカドわさびと相性が良く、肉好きな方も満足できます。

 

・トラウトサーモンとアボカドのマリネ+サラダ

f:id:satomi77:20171122132858j:plain

こちらはサーモンと一緒にサラダを盛り付けました。サーモンはオニオンと相性がよく、ソースの酸っぱさが抑え目で食べやすいです。
サラダはシャキシャキで、新鮮な野菜が味わえます。

 

・水炊き

f:id:satomi77:20171122132915j:plain

水炊きは具沢山で、スープに旨味がぎっしり染み込んでいるため、寒い日にぴったりな一品。

 

・ハタハタの唐揚げ

f:id:satomi77:20171122132933j:plain

ハタハタの唐揚げはビジュアルインパクトが抜群です。外はサクサクでパリっと、中はふんわり焼き上げています。

 

▽横浜桜木町ワシントンホテル「ベイサイド」ランチビュッフェ「まとめ」

f:id:satomi77:20171122132953j:plain

横浜桜木町ワシントンホテルのベイサイドのランチビュッフェは、多くの方で賑わっています。人気の理由は、
・スイーツをはじめメニューの種類が豊富
・お財布にも優しい
・ビュッフェの時間は無制限
・みなとみらいの景色が一望できる

という理由が考えられます。


当日飛び入りでも入れますが、予約しておけばスムーズに入店ができます。

今回のランチビュッフェは平日に訪れたため、女性のお客さんが多い印象でした。勿論、男性のお客さんもビュッフェを楽しんでいました。


またベイサイドはベビーカーもOKなので、子連れのお客さんもいました。時間制限もないため、ママもゆっくり食事ができます。

 

スイーツは一口サイズなので食べやすく、種類も豊富。色々と食べ比べもでき、思う存分スイーツが楽しめます。

 

「プチ贅沢なランチをしたい」「時間を気にせずスイーツを食べたい」「日常を忘れて気分転換をしたい」。横浜桜木町ワシントンホテルの「ダイニング&バー ベイサイド」のランチビュッフェは、そう考えている方にぴったりです。


時間制限もないので、思いっきりスイーツを楽しんでみてはいかがでしょうか!?

 

横浜桜木町ワシントンホテル ダイニング & バー「ベイサイド」
神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 5F
JR桜木町駅から徒歩約1分
http://washington-hotels.jp/yokohama/sakuragicho/restaurant/

 

スポンサードリンク