女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

今帰仁城【沖縄】付近のカフェ5選!ランチにもおすすめ!

 

f:id:satomi77:20171009105103j:plain

沖縄本島にある今帰仁村(なきじんそん―沖縄では“村”はすべて“そん”と読みます)は、本島北部唯一の世界遺産である“今帰仁城”(なきじんじょう・なんきんぐすく)と、人気観光地の古宇利島を有し、海が大変美しいことでも有名です。

 

美ら海水族館のある本部町(もとぶちょう)とはお隣なので、今帰仁村~美ら海水族館は沖縄本島観光の定番ルート。

 

今回はそんな今帰仁村のドライブの折に訪れたいカフェを5つ紹介しちゃいます!ランチにもお茶にもおすすめですよ~。 

スポンサードリンク
 

  

1.上間食堂(うえましょくどう)

f:id:satomi77:20171009103717j:plain

今帰仁城から車で3分くらい、国道505号線(本部循環線)沿いにあるのが、こちらの上間食堂。現在は11:30~14:30のランチのみの営業です。

隣は地元ならではの沖縄らしい品ぞろえが豊富な“北山商店”です。

 

実は、この日行こうと思った“味熟者(みじゅくもの)”が臨時休業で、たまたま外に出てきたお店の方に「おすすめのランチありませんか?」とお聞きして出てきたのがこの“上間食堂”でした。(後日、未熟者さんにもお邪魔してランチいただいています。2.未熟者をご覧ください~)

f:id:satomi77:20171009103735j:plain

靴を脱いで中に上がると、中はとっても綺麗な空間。

天井には木の梁がめぐらされているのもいい感じですね。

ランチだけなんてもったいない感じもします。

沖縄で“食堂”と聞くと、どうしても古民家などを想像してしまうのですが、こちらの上間食堂さんは建物も新しくて、でも沖縄の建物のテイストを残しているので、女子的には嬉しいです。(お手洗いも綺麗ですし……)

f:id:satomi77:20171009103747j:plain

こちらが上間食堂のメニューです。

本格的な薬膳をベースにして、“イライラしやすい方におススメ”“冷えが気になる方におススメ”“少し元気のない方にオススメ”などなど、その時の状況に合わせた食を提案してくれます。

 

A定食とB女性限定セットのどちらにしようかと思いましたが、ちょうどお魚が食べたかったのと、数量限定に惹かれて女性限定のセットを頼むことにしました。

f:id:satomi77:20171009103816j:plain

そして6種類の中から食前茶を選びます。

・肌荒れが気になる方へ―ぴかぴか

・肩こりが気になる方へ―ほぐし

・元気のない方・疲れやすい方へ―いきいき

・睡眠不足・ストレスが多い方へ―やすらか

・冷えが気になる方へ―あったか

・代謝を高めたい方へ―すっきり

私は肩こりが気になるので“ほぐし”を選びました。

はとむぎ・スイカズラ・ショウガなどが配合されています・

こちらの“漢美健茶”は福岡を中心とした漢方薬局“みず堂”のオリジナル調合のお茶で、店舗のほか通信販売もやっています。

http://www.mizdo-online.com/shopbrand/ct10/

 

f:id:satomi77:20171009103854j:plain

最初にシークワーサーと蜂蜜の水割りが出てきました。

スッキリとして飲みやすい甘さです。

f:id:satomi77:20171009103916j:plain

そして“ほぐし”の登場。

濃くなりすぎないように、茶こし部分を外してふたを裏がしえた茶こし受けに置いておくことができます。

 

そのまま飲めるのが便利!

血行が良くなりそうな味がしました。“あったか”や“すっきり”と配合が似ている気もしますが、きっと割合が違うのでしょうね~

f:id:satomi77:20171009103945j:plain

そして出てきた、女性限定セット。沖縄県産の野菜を使ったヘルシーな薬膳料理。

これは凝ってるー!

どれも滋味が深い、優しい味付け。塩分も控えめです。それだけでなく見た目の彩りも美しく、一品・一品が大変に考えられた献立であることがわかります。

料理の仕込みが大変なので現在はランチしかやっていないそうなのですが、それも納得です。

この日はとても暑い日だったので、軽く夏バテ気味で、ランチを食べられるか少し心配でしたが、ここの野菜中心のヘルシーなランチでしたら無理なくするっと入りました。

f:id:satomi77:20171009104004j:plain

もずくやアーサもあしらった汁物。

お吸い物仕立てなのでするすると飲めちゃいます。

f:id:satomi77:20171009104019j:plain

中医学的に、症状別に足りない食材をチェックできるアドバイスが、メニューの後ろについていました。

身体は食べたものでできているという前提に立って、食事をちゃんと調理するということの大切さを味合わせてくれるお店でしたよ!

 

☆上間食堂

沖縄県国頭郡今帰仁村今泊170

<FACEBOOK>

https://www.facebook.com/%E4%B8%8A%E9%96%93%E9%A3%9F%E5%A0%82-%E8%96%AC%E8%86%B3-710573249071383/

<食べログ>
https://s.tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47017052/

 

 

2.Cafe&Bistro味熟者(みじゅくもの)

f:id:satomi77:20171009104302j:plain


今帰仁村で、ヴィラやコテージの建設が進められている一角にあるのがこちらの「味熟者」です。
敷地内にはコテージ型のペンションが2棟あり、それぞれ3名まで宿泊可能です。

 

・ペンションGUSUKU

pension-gusuku.com

 

その際の食事は「味熟者」でいただくことができます。

f:id:satomi77:20171009104357j:plain

カフェは右側の一軒家の1階で、駐車場は奥にあります。

f:id:satomi77:20171009104414j:plain

お家なので、靴を脱いで上がります。

f:id:satomi77:20171009104430j:plain

奥に、掘りごたつ形式の席がしつらえられています。
ガーデンの緑がまぶしいです。
天気によってはテラス席も気持ちよさそうですね。

f:id:satomi77:20171009104443j:plain

メニュー。
本日のランチプレート(日替わり)は、この日はチキンと白身魚とのこと。

f:id:satomi77:20171009104456j:plain

ほかに、日替わりカレーや生麺のパスタも。

f:id:satomi77:20171009104511j:plain

さらにボードに別メニューも。
ももクロの高城れにちゃんが来たんですね~
カレーは本日のカレー以外にもグリーンカレーがある模様。
メニューがたくさんあって、ランチのみの営業なのがもったいないくらいです。
(ペンションGUSUKUに宿泊の方はディナーもいただけるそうです)
さて、そこで注文したのは……

f:id:satomi77:20171009104529j:plain

ハンバーグです!今帰仁アグー豚を使用しているとのことで、ビーフとはまた違った味わいが楽しめます。


ご飯は玄米か白米を事前に選ぶことができるので、今回は玄米に。とってもふかふかで柔らかい玄米でした。
海ぶどうのサラダがあるのが観光客には嬉しいですね。このサラダも自家製ドレッシングでとても美味しく食べられますよ~!

f:id:satomi77:20171009104551j:plain

今帰仁アグーはとってもジューシーで……なんでしょう、あまり肉っぽさがないというか、あっさり食べられるのにまろやか……この和風のソースが決まっていて、パクパクとおいしく食べることができました。

f:id:satomi77:20171009104607j:plain

付け合わせにはオクラとヘチマ、そしてうりずん豆。ここにも沖縄らしさが現れています。ヘチマは皮をむいて輪切りにしてから炒めると、甘い水分が出て美味しく仕上がるんですよ~

付け合わせの野菜スープはとても味が柔らかくて、野菜の風味が美味しいです。

f:id:satomi77:20171009104625j:plain

カウンターからはお庭が眺められます。
私が来た時は、私が最初の客だったのですが、やはりここも平日でもいっぱいに。
地元の方がよく利用する人気カフェだとよくわかりました。美味しいですものね~

f:id:satomi77:20171009104642j:plain

ランチのドリンクはドリンクバーになっていて、コーヒー・紅茶・りんご酢など、様々な種類が選べるようになっています。

f:id:satomi77:20171009104652j:plain

デザートはクリームブリュレ。
パリパリに焼かれた表面のカラメル部分と中の濃厚なクリームが感じがマッチして、あっという間に食べちゃいました。

f:id:satomi77:20171009104708j:plain

実はここから歩いてすぐの場所に“白浜ビーチ”という絶景のビーチがあります。
シャワー施設などはないのですが、一見の価値アリ!なのでぜひ行ってみてくださいね。

 

☆味熟者
沖縄県国頭郡今帰仁村字諸志1041-1
<FACEBOOK>
https://ja-jp.facebook.com/mijukumono905/
<ぐるなび>
https://r.gnavi.co.jp/7sszda7w0000/

 

 

3.アトリエ+カフェHuali(フアリ)

f:id:satomi77:20171009104856j:plain

アトリエ+カフェHuali(フアリ)は、“海辺の宿「あまみく」”が営むティールーム。
お昼12時から6時までは、不定休ながらも一般客にも開放されます。
細い道を看板に従って行くと、開けたところに素敵な建物が!
建物の向こうはもちろん海です。ぜひ泊まってみたいですね~

f:id:satomi77:20171009104919j:plain

カフェは、眼前に今帰仁の海が広がる素晴らしい空間。
カフェ営業時間外は、宿泊のお客様向けのラウンジとなるそうです。

f:id:satomi77:20171009104938j:plain

反対側には、主にアクセサリーを作るアトリエ。展示販売もされています。
淡水パールなどを使ったフェミニンなアイテムが多数。

f:id:satomi77:20171009104950j:plain

メニューはオリジナルの県産紅茶と手づくりスイーツなのですが、本日はスイーツ品切れのため、紅茶のみでした。
紅茶の摘んだ時期によってメニューが別れています。

 

この紅茶は、やんばる(沖縄本島の北部地域)の自然の中で無農薬栽培された「べにふうき」品種のオリジナル紅茶。しかもこの「やんばる紅茶」は宿のオーナーが生産しています。


実は紫外線の強い沖縄の気候は、紅茶のカテキン含有量を増やし、1年間で複数回の茶葉の収穫を可能にするなど、紅茶生産に向いているのですね。

ryukyushimpo.jp

 

f:id:satomi77:20171009105030j:plain

また、レギュラーティーはティーオーレやチャイなどアレンジも楽しめます。
レモンティーでなくシークワーサーをミックスしているのがいかにも沖縄らしいですね。

f:id:satomi77:20171009105045j:plain

ティーオーレを頼みました。
お茶請けにドライマンゴー。とっても肉厚で濃厚な風味のマンゴーでしたよ~

f:id:satomi77:20171009105103j:plain

紅茶と海。素晴らしい景観です。
絶景カフェですね~

f:id:satomi77:20171009105135j:plain

実は外にはテラス席もあります。
この日は暑かったので室内にしましたが、テラス席だとより海を近くに感じられるはず……この写真でもわかる位の透明度が素晴らしい!
今帰仁村の海は沖縄本島の中でもずば抜けた美しさです。

f:id:satomi77:20171009105150j:plain

看板猫ちゃん(オス)もいます。
f:id:satomi77:20171009105206j:plain
こちらの看板猫ちゃんはとっても人なつっこくて、私がいる間ずっと膝の上に乗っていましたよ。
猫好きな人にはたまらないカフェかも。(私も猫を飼っているせいかもしれませんが……)

f:id:satomi77:20171009105229j:plain

目の前の海を眺めながら、のんびりと山原紅茶を飲むくつろぎのひと時をぜひ味わってみてくださいね。

 

☆アトリエ+カフェHuali(フアリ)
沖縄県国頭郡今帰仁村今泊3398
<HP>

www.huali-holiday-home.jp


<FACEBOOK>
https://www.facebook.com/hualiokinawa/

・海辺の宿「あまみく」

www.huali-holiday-home.jp

 

 

4.やんばるHot Café

f:id:satomi77:20171009105456j:plain

今帰仁城からやや離れ、屋我地島(やがじしま)の手前にかかる観光スポット“ワルミ大橋”の近くの高台に新しくOPENしたのがこちらの一軒家カフェ“やんばるHot Café”です。細い道を看板を頼りに登る、まさに隠れ家カフェ。

f:id:satomi77:20171009105514j:plain

一軒家のテラス部分が入り口になっています。
靴を脱いで上がるシステム。

f:id:satomi77:20171009105529j:plain

中は開放感あふれる木のお家。
2階部分まで吹き抜けになっています。

f:id:satomi77:20171009105545j:plain

壁には店主さんの趣味(セミプロ?)のギターが飾られています。
イベント時にも活躍するそうです。
実はこの向かい側にはピアノもあります。

f:id:satomi77:20171009105558j:plain

窓が多く、気持ちの良い風が吹き抜けます。
f:id:satomi77:20171009105610j:plain
ドリンクメニュー

f:id:satomi77:20171009105626j:plain

ティータイムのフードメニューも充実しています。
こちらのカフェでは、地産地消をベースとした、安心食材で調理法にもヘルシーで低カロリーなこだわりを持ったメニューを提供されていて、毎日の日替わりランチもおすすめなのだとか。
予約したらモーニングサービスもやってくれる(朝9時~)そうですよ。

 

ともあれ、この時は喉がとても乾いていたので……

f:id:satomi77:20171009105647j:plain

アセロラジュースを頼みました。
こちらは隣の本部町(もとぶちょう)産のアセロラから作られるシロップを使ったジュースです。


沖縄は紫外線が強いので、育つ作物はシークワーサーしかり、アセロラしかり、ビタミンCが豊富な栄養たっぷりのものが多いのですよね~


アセロラのビタミンC含有量はなんとレモンの約34倍!アセロラ1粒でレモン5個分のビタミンCを摂ることができるなど、アセロラは沖縄を訪れる女子には、美肌・美白のためにぜび摂取しておきたい果物なのですね。
ちなみに、本部町には有名な美ら海水族館があり、アセロラのお店はその近くにあります。

acerola-fresh.jp


ぜひ立ち寄ってみてくださいね~

f:id:satomi77:20171009105726j:plain

お店の棚には、地元の職人さんが作成したアートや、ジャムや泡盛などの生産品も並べられ、買うことも可能です。

f:id:satomi77:20171009105743j:plain

この日は、クーラーが入っていなかったのですが、団扇代わりにクバの葉の扇もありました。クバの葉は隙間のない構造になっているため、団扇のほかにもひしゃくなどにも加工されて用いられてきた歴史があります。
沖縄のお土産物屋さんでも見かけたことがあるかもしれませんね。

 

木のぬくもりのある隠れ家カフェでまったりしたい一人女子旅の方も多く訪れるのだとか、納得です。

また、この素敵なカフェの2階では民宿も営まれていて、バーベキューなど楽しめるそうです。美味しいお食事もついていますし、今帰仁への旅行の際には検討されてみてはいかがでしょうか?

 

次回はぜひランチにも訪れたいなと思いました~

☆やんばるHot Café
沖縄県国頭郡今帰仁村上運天848-4
<HP>
http://www.at-ml.jp/73808/
<FACEBOOK>}https://www.facebook.com/%E3%82%84%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%8B-HotCafe-1901514756786393/

 

 

5.キッチンテラスCoco Neel(ココニール)

f:id:satomi77:20171009110012j:plain

最後に紹介するには、先ほどの“やんばるHot Café”の店主から「美味しい」と紹介してもらったレストラン、キッチンテラスCoco Neel(ココニール)です。
一軒家の洋食レストランで、付近は別荘地。看板に従って狭い道をどんどんと進んでいくとたどり着くことができます。

f:id:satomi77:20171009110029j:plain

こちらが入り口。
駐車場は建物沿いと、向かいの道路側にあります。絶景ポイントでもあるので、あちこちでコテージ建設が進められています。

f:id:satomi77:20171009110043j:plain

海が見える高台に立っているので、景色は抜群。

f:id:satomi77:20171009110056j:plain

もちろんお店の中からも海が見えますし、もう少し涼しくなったらテラス席も気持ちよさそう。

f:id:satomi77:20171009110107j:plain

懐かしい手書きメニュー。
しかしその内容の充実ぶりにびっくり。パスタやステーキハンバーグやコロッケなど定番の洋食メニューがずらりと並びます。
“人気の「洋食屋定食メニュー」“は、メニューの中から一品もしくは二品選ぶ二種盛りもあります。どのメニューを選んでも価格は一緒。組み合わせは自由です

f:id:satomi77:20171009110125j:plain

それだけでなく、イタリアンレストラン?というくらい、パスタやピッツアの種類も豊富。

f:id:satomi77:20171009110144j:plain

ドリンクや軽めのデザートもあるので「ちょっとお茶でも」もOK(お酒もあります)
しかし、ここでまずは洋食メニューを食べてほしい!

f:id:satomi77:20171009110159j:plain

洋食メニューの二品盛りから、
“Coco Neel(ココニール)の代名詞”とあるメンチカツと、
大粒カキのカキフライをセレクト。


大きいメンチカツの隣には、大粒のカキフライが3つ。
それから副菜でマカロニサラダとブロッコリーそしてお漬物が付いてきました。
メンチカツのソースは別についています。


カキフライは盛り合されたタルタルソースとレモンをかけて食べるようになっていますね。メンチカツはぎっしりとつまったお肉がジューシーで、薄く着いた衣がサクッとして歯触りも抜群!


とっても丁寧に作られているのがわかります。
カキフライも大粒でプリプリして、自家製タルタルソースが良く合います。

f:id:satomi77:20171009110252j:plain

ご飯が多いかなと思ったのですが、充実したおかずのおかげであっという間に完食。
豚汁も具だくさんで満足いくボリュームでした。
ご飯と豚汁はお代わり自由なのですが、2杯目は無理でしたね(笑)

f:id:satomi77:20171009110304j:plain

メインが揚げ物油ものばかりなので、ドリンクは少し気にして黒ウーロン茶を頼んでみました。

f:id:satomi77:20171009110318j:plain

最初のサラダもシャキシャキで美味しかったですよ~

f:id:satomi77:20171009110329j:plain

この日は平日ランチだったのですが、お客様が入れ代わり立ち代わり訪れており、人気のお店であることがうかがえました。
定休日以外でも、メニューが売り切れ次第終了と言うことがありますので、もしここに行きたいと思ったら、事前に空いているかどうかを確認するお電話をした方がいいかもしれません。(メールやネットの対応はされていないそうです)
今帰仁村にドライブの際はぜひ訪れてみてくださいね。

 

☆キッチンテラスCoco Neel(ココニール)
沖縄県国頭郡今帰仁村運天408-9
<食べログ>
https://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47006915/

 

 今回は、沖縄「今帰仁城」に行ったら訪れたいカフェを5つレポートしましたが、女子リキでは世界遺産「今帰仁城跡」をレポートしています。

joshi-riki.jp


女子旅におすすめですよ♪


その他、今帰仁城関連の記事をご紹介します。

blog.hisway306.jp

retrip.jp

 

スポンサードリンク