女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

ホテルジュラク「あけびの実」ランチビュッフェ口コミ

f:id:satomi77:20170630160455j:plain
ホテルジュラクのあけびの実のランチビュッフェで和洋のスイーツをたっぷり食べてきましたのでレポートします。 

スポンサードリンク
 

 

JR中央線・総武線の御茶ノ水駅、聖橋口から徒歩2分の距離にあるのがホテルジュラクです。ロビーを抜け階段を上がり、ホテルの2階にある「あけびの実」でビュッフェは行われています。

f:id:satomi77:20170630160517j:plain

f:id:satomi77:20170630160527j:plain

f:id:satomi77:20170630160543j:plain

あけびの実は席数が多く、大勢の方で賑わっています。

f:id:satomi77:20170630160555j:plain

f:id:satomi77:20170630160604j:plain

f:id:satomi77:20170630160615j:plain

f:id:satomi77:20170630160626j:plain

窓は大きく、店内は非常に明るく、周りの景色やJRの電車が通過する様を見ることができます。

f:id:satomi77:20170630160642j:plain

ビュッフェでは食事メニューだけでなく、和洋のスイーツが豊富にあります。

f:id:satomi77:20170630160711j:plain

f:id:satomi77:20170630160718j:plain

f:id:satomi77:20170630160725j:plain

f:id:satomi77:20170630160753j:plain

 

白玉は見ただけでもつるつるで、柔らかさがわかる。釜から好きなだけ取ることができるのが、甘さひかえめぜんざいです。

f:id:satomi77:20170630160808j:plain

白玉は予想以上に柔らかく、噛むごとに素朴な甘さが口の中に広がっていきます。汁はあんこのまろやかな甘さがたまりません。しっかり甘さを感じられながらも、スッキリとした味わいになっています。

 

口の中に程よくあんこの味が残ってくれるのが、実に嬉しいです。白玉と一緒に食べる瞬間は、まさに至福のひと時。優しい甘さで何杯でも食べられそうなのが、あけびの実の甘さひかえめぜんざいです。

 

表面のつるつる具合と、中に詰まった小豆が食欲をそそる「小倉羊羹」です。

f:id:satomi77:20170630160831j:plain

見ただけで弾力感がわかり、思わずテンションが上がる一品です。


小倉羊羹はフォークがじっくりと入っていきます。弾力感が良く食べ応えがあり、噛むたびに羊羹の甘さを堪能できます。

 

味はほんのり塩が利いており、小豆の甘みを引き立たせています。塩のお陰でより甘みを味わえるのがたまりません。

 

口に含むと最初はほんのり塩の味、その後に小豆の甘さが楽しめる。甘さが心地良く、どこか癖になる味の羊羹です。


かりっと揚がっていて、見ているとどこか懐かしい気持ちにもなれる揚げパンです。

f:id:satomi77:20170630160845j:plain

子供の頃を思い出す一品で、こういったラインナップもあるのが嬉しくなります。

揚げパンは非常にサクサク。小気味良く食べられます。香ばしさと素朴な甘さがたまりません。子供の頃に食べたことのある、懐かしい味です。

 

砂糖がたっぷりまぶしてあり、舌に触れると非常に嬉しくなります。強過ぎず丁度いい甘さなので、食べやすくなっています。

 

一つ一つは小さいけれど、決して手抜きはしていない。懐かしいだけでなく、味や出来栄えに感心する一品です。

 

四角で取りやすく、厚みがあって嬉しいのがトマトクッキーです。

f:id:satomi77:20170630160906j:plain

外も中も非常にサクサクなのが特長。食感も良いのが嬉しくなります。味はシンプルで素朴な甘さ。噛むたびに程よい甘さと一緒に、ほんのりトマトのコクも楽しめます。

癖のない味なので、食後のお喋りのお供にもぴったりなクッキーです。

 

プルプルしていて、見ただけでも食欲を刺激するのがすりおろし白桃ゼリーです。

f:id:satomi77:20170630160922j:plain

上品な見た目に心が躍ります。

ゼリーは食感があり、しゃくしゃくしています。独特の食感が、クセになります。

また、桃のはっきりした甘さやフルーティさをたっぷり味わえます。後味は非常にスッキリしているので食べやすい。口の中に含むと、じゅわ~っと桃の味が広がっていくのに感激します。

 

ゼリーのクオリティが高く、舌に触れた瞬間がまさに幸せです。
すりおろし白桃ゼリーは好きなだけ取れるので、たくさん食べられて贅沢。食感が良く、桃の味を存分に楽しめるゼリーとなっています。

 

見た目からもふわふわさがわかるのが、パプリカシフォンです。

f:id:satomi77:20170630160943j:plain

生クリームと合わせて食べます。ほんのり赤みがかっているのが可愛らしく、ぱっと見ただけでも嬉しくなるスイーツです。

 

パプリカシフォンは口に含むと、非常にふわふわな食感が楽しめます。あっという間に口の中で溶けていくのが素晴らしいです。ふわふわなな生地は優しい甘さを満喫できます。


生クリームはキメが細かく強めの甘さ。けれど後味がすっきりしているのが良いです。
ふわふわな生地と生クリームの相性は抜群で、しつこくなく甘さを存分に味わえます。
小さいながらもレベルが高いのが、あけびの実のパプリカシフォンです。

 

ムースがぷるぷるしていて、表面に散りばめられたパウダーに思わずゴクリ。
カフェショコラムースです。

f:id:satomi77:20170630160959j:plain

ムースは弾力があり、ずずっとフォークが入っていきます。非常に滑らかで密度が濃いのが特長です。口に含んだ時に、濃厚なチョコレートの味わいが広がっていくのがたまりません。チョコレートの味は口当たりがよく、しっかりとした甘さが楽しめます。

 

パウダーは程よい苦みがあり、いいアクセントに。チョコレートの甘さをより引き立たせています。パウダーのお陰で味が変化し、最後まで飽きずに食べられます。
小さいけれど満足度の高いスイーツです。

 

たっぷりかかった粉と、見ただけでもわかるほどモチモチなのがたまらない「豆乳塩大福」です。

f:id:satomi77:20170630161015j:plain

大福の部分は弾力があり、非常にモチモチです。中には甘みの強いあんこがたっぷり詰まっています。濃厚な甘さのあんこが実に心をくすぐる味です。

 

ほんのりと塩が利いているので甘過ぎず、食べやすい味に仕上がっています。
食べ応えがあり、噛むたびにあんこの甘さを口いっぱいに楽しめる。豆乳塩大福は、甘いものが好きな方も納得の味です。

 

チョコレート色の表面、中に詰まったナッツが食欲をそそる。見ただけでもワクワクさせてくれるのが、ブラウニーショコラです。

f:id:satomi77:20170630161031j:plain

このスイーツは途中からビュッフェ台に追加されました。

f:id:satomi77:20170630161043j:plain

ブラウニーショコラは口に含むと非常に滑らか。生地が口の中でほどけていきます。
チョコレート味の生地は密度が濃く、ぎっしり詰まった感じがたまりません。舌に触れた瞬間、思わず嬉しくなります。

 

そこに大き目のナッツの食感と香ばしさが加わり、食べ応えもあります。
後味としてチョコレートの味が口の中に残る。長い間チョコレートの味を噛み締められ、ご機嫌になれます。

 

程よい固さで食べ応えがあり、チョコレートの味は優しい甘さで丁度いい。ブラウニーショコラは誰もが楽しめるスイーツです。

 

柔らかな黄色と、ラインのような生クリームが目立つのがとうもろこしロールです。

f:id:satomi77:20170630161114j:plain

生地は非常にしっとり。ソフトな甘さなので食べやすいです。
真ん中の生クリームは甘さが強め。生地と相性が良く、併せて食べることでより甘さを味わえます。強めの甘さだけど優しい味なので、ぺろっと食べられる。それがとうもろこしロールです。

 

長方形で、上には花のような生クリームが添えてある、ちょっとした作品のような「グレープフルーツとはちみつのムース」です。

f:id:satomi77:20170630161124j:plain

ムースはぷるんとした弾力があります。口に含むとグレープフルーツのフルーティさ、濃厚でミルキーな味わい、ほんのりはちみつのコクが楽しめます。食べると徐々にムースが口の中で溶けていくのがたまりません。

 

上にある生クリームが加わることで、強めの甘さに変化。最後まで飽きずに食べられます。1つのムースで複数の甘さが味わえる。お得なスイーツとなっています。

 

あけびの実では、パンが4種類、ジャムが3種類あります。好きなパンを選び、ジャムを好きなだけ付けて食べる事ができます。

 

最初にぶどうパンとミルクパン、ブルーベリージャムとイチゴジャムをチョイス。

f:id:satomi77:20170630161141j:plain

ミルクパンとブルーベリージャムは、素朴な甘さとブルーベリーの甘酸っぱさを楽しめます。イチゴのジャムは、他では真似できない味。本来のイチゴよりも心地良い甘酸っぱさと強めの甘さが楽しめ、粒感まで味わえるのがたまりません。素朴な味のミルクパンと相性抜群です。

 

ぶどうパンはぶどうの甘さと食感が良いです。ブルーベリージャムと食べることで、コクのある甘さとフルーツの味わいが楽しめます。

 

イチゴのジャムを付けて食べると、方向性の違う果物の甘さとフルーティさ、味わいを一度に楽しめるのが良いです。最初はイチゴジャムの強めの甘酸っぱさと粒感、その後にぶどうのコクのある甘さが楽しめます。

 

トマトパンには金時人参マーマレードを付けて食べました。

f:id:satomi77:20170630161211j:plain

金時人参マーマレードは程よく甘酸っぱく、優しい甘さ。さらにコクもあり、舌触りの良いジャムです。トマトのパンはほのかなトマトの味が楽しめます。

 

パンにジャムを付けて食べることで、野菜の旨味をたっぷり味わえます。甘いので食べやすく、子供から大人まで楽しめる味です。あけびの実では素朴な味のパンと格別な味のジャムを、心行くまで食べられます。

 

全体が柔らかな黄色で目を惹くのが、ピニャコラーダムースです。

f:id:satomi77:20170630161224j:plain

ムースは弾力があり、フォークがじっくりと入っていきます。生地は密度が濃くなめらかで、食べ応えもあり。味は程よい甘さで、噛むたびにほのかなパイナップルの味わいが口の中に広がります。

 

生クリームと合わさることではっきりした甘さに変化します。フルーティな味わいと、甘さの変化を一度に楽しめるスイーツとなっています。

 

あけびの実のスイーツは和洋種類が豊富でサイズも小さく、どのスイーツも優しい甘さなので、たくさん食べられるのが嬉しいです。

 

スタッフの方も多くお皿を頻繁に下げてくれるので、ホテルジュラク「あけびの実」は常に快適な状態でビュッフェを楽しめます。

 

ホテルジュラク「あけびの実」
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-9
http://www.hotel-juraku.co.jp/ocha/category02/

 

スポンサードリンク