女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

マヌカハニーを使ったスイーツレシピ3つ

f:id:satomi77:20170928113523j:plain

マヌカハニーは普通のハチミツと比べて希少性があり価格も高いのですが、ビタミンCやビタミンB1、B2、B6、ビタミンKなどが豊富でとっても体に良い食材です。

殺菌効果や風邪の予防、美肌効果も期待できます。

 

今回は、そんなマヌカハニーを使ったスイーツレシピを紹介します。「マヌカハニー入りのさっぱりヨーグルトムースをシャルロットで♪」「マヌカハニー入りのしっとり♪りんごはちみつケーキ」「カマンベール入り♪マヌカハニーの濃厚ベイクドチーズケーキ」の3つです。 

スポンサードリンク
 

 

マヌカハニー入りのさっぱりヨーグルトムースをシャルロットで♪

f:id:satomi77:20170928112640j:plain


さっぱりなめらかな味のヨーグルトムースにマヌカハニーを加えました。レモンも入っているのでキュンとした甘酸っぱさとマヌカハニーの風味を感じられます。
さっぱりしているのでいくらでも食べてしまいそうなムースです♪

 

今回はシャルロットにしてみました。しぼりだし袋に入れてしぼったビスキュイをムースの周りに貼り付けるとこんなにオシャレな見た目になりますよ!さくふわっとしたビスキュイの食感とムースが上手にマッチして美味しいです。

 

みずみずしいネクタリンとオレンジをたっぷり乗せて仕上げました。上に乗せるものはお好みのフルーツでも美味しくできますよ。ビスキュイの周りにくるんとリボンを巻いても素敵です!

 

<材料>(15センチの丸型1台分)
▼ビスキュイ生地
・卵2個
・砂糖 60グラム
・薄力粉 60グラム
・粉砂糖 適量

▼マヌカハニー入りムース
・生クリーム 130cc
・砂糖 40グラム
・プレーンヨーグルト 300cc
・マヌカハニー 大さじ2
・レモン汁 大さじ1
・粉ゼラチン 8グラム

▼仕上げ
・ネクタリン、オレンジ 適量

 

<作り方>

1.ビスキュイ生地を作ります。基本はスポンジケーキと同じ作り方です。
まずメレンゲを作ります。ボウルに卵白を入れます。

f:id:satomi77:20170928112232j:plain

2.ハンドミキサーで卵白を泡立てます。ピンとツノが立つくらい泡立てましょう。

f:id:satomi77:20170928112241j:plain

3.卵白に砂糖の半量(30グラム)を加えます。
砂糖が固まっている場合はスプーンなどでつぶしておきましょう。

f:id:satomi77:20170928112251j:plain

4.ハンドミキサーを弱にしてゆっくりと卵白と砂糖を混ぜていきます。砂糖が卵白にしっかりと混ざると、ツヤが出てきてしっかりとしたメレンゲになります。
砂糖を入れると少しゆるくなりますが、また泡立てることで固いメレンゲになります。
ピンとツノが立ったら泡立て終了です。

f:id:satomi77:20170928112300j:plain

5.卵黄に砂糖の半量(30グラム)を加えてハンドミキサーで泡立てます。メレンゲを泡立てた直後の洗っていないハンドミキサーをそのまま使っても大丈夫です。

f:id:satomi77:20170928112309j:plain

6.卵黄がもったりして白っぽくなってきたら泡立て終了です。
卵黄は下に沈みやすいのでこうしてゴムベラなどで時々しっかりと全体を混ぜながら泡立てましょう。

f:id:satomi77:20170928112318j:plain

7.卵黄が入ったボウルにメレンゲを加えていきます。メレンゲは2~3回に分けて加えましょう。ゴムベラでサックリと切るように混ぜて泡をつぶさないようにします。

f:id:satomi77:20170928112326j:plain

8.卵黄とメレンゲが混ざったところです。
少しくらいキレイに混ざっていなくても大丈夫です。(粉類を入れていく段階で混ざっていきます)

f:id:satomi77:20170928112335j:plain

9.薄力粉をふるって8のボウルに加えます。薄力粉は2~3回に分けて加えると生地に混ざりやすいです。

f:id:satomi77:20170928112343j:plain

10.ゴムベラで下からすくうようにして生地を混ぜていきます。粉と卵はすぐには混ざりませんが何度か混ぜているうちにしっとりとした生地にまとまっていきます。
しっかりと卵を泡立てていればすぐに泡が消えてしまうことはありませんので大丈夫です。
このようにぽってりとした生地ができればOKです。

f:id:satomi77:20170928112352j:plain

11.オーブンシートに生地をしぼりだす大体の目安の線を引いておきます。マジックで線を引いたら生地が直接あたってしまわないようにクッキングシートは裏返しておきましょう。

f:id:satomi77:20170928112403j:plain

12.しぼりだし袋にビスキュイの生地を入れたら、オーブンシートにしぼりだしていきます。丸い形の部分の場所は(ビスキュイの底の部分)中央から円を描くようにしてしぼりだしていきます。隙間があかないようにしぼりだしていきます。
側面の生地もしぼりだします。

f:id:satomi77:20170928112419j:plain

13.すべてしぼりだしたら茶こしなどに粉砂糖を入れてビスキュイの生地全体にたっぷりとかけます。数分としないうちに粉砂糖が溶けていきますので、そしたら再度粉砂糖を表面にたっぷりとかけます。
180度で余熱したオーブンで15分程焼きます。焼きあがったらそのまま冷まします。熱いうちにはがそうとすると崩れてしまうので気をつけましょう。

f:id:satomi77:20170928112431j:plain

14.シャルロットを型にしきこんでいきます。
まずは丸型のビスキュイ生地をしきこみます。

f:id:satomi77:20170928112441j:plain

15.次に側面のビスキュイ生地をしきこんでいきます。隙間ができないようにピッチリとつめてしきこみましょう。はみ出た部分などはカットして微調整してください。

f:id:satomi77:20170928112452j:plain

16.マヌカハニー入りムースを作ります。
ボウルに生クリームと砂糖を入れます。

f:id:satomi77:20170928112501j:plain

17.泡だて器でピンとツノがたつまで泡立てます。
暑い季節は泡立てている間に生クリームが温まってしまいダレてしまいがちです。そうなると泡立たなくなってしまうので底に氷水が入ったボウルをつけるなどして温まらないようにしてください。

f:id:satomi77:20170928112510j:plain

18.泡立てた生クリームにプレーンヨーグルトを加えてなめらかになるまで混ぜます。

f:id:satomi77:20170928112521j:plain

19.「18」にレモンをしぼって加えます。

f:id:satomi77:20170928112532j:plain

20.「19」にマヌカハニーを加えて混ぜます。

f:id:satomi77:20170928112543j:plain

21.粉ゼラチンを大さじ3の水でふやかしてから、湯せんにかけて溶かします。電子レンジで溶かすときは沸騰しないように気を付けてください。沸騰してしまったら固まる力が弱くなってしまいます。

f:id:satomi77:20170928112553j:plain

22.「20」に溶かしたゼラチン液を加えて混ぜます。泡だて器で混ぜながら一気に入れましょう。ゼラチン液を入れてから時間がたつとゼラチン液が生地に混ざらずにダマになってしまうので気を付けましょう。

f:id:satomi77:20170928112601j:plain

23.ビスキュイをしきこんだ丸型に「22」を静かに注ぎこんで、冷蔵庫で冷やし固めます。

f:id:satomi77:20170928112612j:plain

24.しっかりと冷えて固まったらそっと型から外します。

f:id:satomi77:20170928112620j:plain

25.ネクタリンとオレンジをカットして水気を拭いてからマヌカハニー入りのムースの上に飾ります。

f:id:satomi77:20170928112630j:plain

26.マヌカハニーシャルロット完成です!

f:id:satomi77:20170928112640j:plain

 

<このレシピのポイント>
マヌカハニーはお好みで大さじ3程度加えても大丈夫です。マヌカハニーによっては入れすぎてしまうと薬のような味がしてしまうことがあるので加減しておこなってみてください。

 

ビスキュイ生地はしぼりだし袋でしぼることにより可愛く仕上がります。でも時間がないときはしぼりだし袋を使わずにそのまま鉄板に薄く伸ばして焼いてもいいですよ。焼き上がってから底の部分と側面の部分をナイフで切り取って丸型にしきこんで使います。

 

ビスキュイ生地を作らずにマヌカハニー入りのムースのみ作ることもできます。今回は型抜きしてカットして盛り付けるのでゼラチンが8グラム入っていますがカップなどにムーズを流し込んで固めてスプーンですくって食べるのなら5グラムでも大丈夫です。
ムースの上に飾るフルーツでバナナを使うときはレモン汁を表面にかけておきましょう。(黒く変色してしまうのを防ぐことができます)

 

 

マヌカハニー入りのしっとり♪りんごはちみつケーキ

f:id:satomi77:20170928113139j:plain

しっとりとした食感が美味しいはちみつケーキです。りんご煮とパウンドケーキの生地の両方にマヌカハニーが入っています。

生地にはマヌカハニーと普通のはちみつを混ぜたものがたっぷり入っています♪マヌカハニーと普通のはちみつが混ざると濃厚な味わいに仕上がって美味しいですよ!

焼き立てよりも数日経ってからのほうが味が馴染むのでおすすめです。保存もきくのでプレゼントにも向いていますよ。しっとりとしていますがメレンゲが入っているので重くなりすぎずふわっとやわらかです。

紅茶やホットミルクとゆっくり味わいたいスイーツになりました!


<材料>(ミニパウンド型2個分)

▼パウンドケーキ生地
・バター 70グラム
・砂糖 50グラム
・はちみつ 40グラム
・マヌカハニー 大さじ2
・卵 2個
・薄力粉 110グラム
・ベーキングパウダー 小さじ半分

▼りんご煮
・りんご 1個
・レーズン 大さじ2
・マヌカハニー 大さじ1
・レモン汁 小さじ2

 

<作り方>
1.りんご煮を作ります。
耐熱容器にりんごをイチョウ切りにしたもの、マヌカハニーを入れて軽く混ぜます。
ふんわりとラップをしてから電子レンジで5分程加熱をします。
ラップをはずすときは蒸気でやけどをしないように気を付けてください。

f:id:satomi77:20170928112758j:plain

2.熱いうちにりんご煮をスプーンでかき混ぜてレーズンとレモン汁を加えます。水分が多いように感じますが冷ましている間にまたりんごに煮汁が戻っていきます。

f:id:satomi77:20170928112812j:plain

3.パウンドケーキ生地を作ります。はちみつとマヌカハニーはあらかじめよく混ぜておきます。はちみつは気温が低いと結晶化して固まる性質があります。固まっていたら湯せんでゆっくりと溶かして液状にしてください。

f:id:satomi77:20170928112821j:plain

4.室温に出しておいたバターをやわらかく練ってクリーム状にします。時間がないときは湯せんや電子レンジに少しかけてやわらかくしてください。電子レンジにかけるときはすぐに溶けてしまうので注意しましょう。このときにバターの粒が残らないようになめらかに混ぜておくと後が混ざりやすくスムーズになります。

f:id:satomi77:20170928112830j:plain

5.「4」のボウルに砂糖を40グラム入れてよく混ぜます。
残りの10グラムは卵白を泡立てる時に使います。

f:id:satomi77:20170928112845j:plain

6.このように空気を入れるようにして混ぜていると白っぽくフワフワの状態になります。ここで空気をたっぷり含ませることでふわっとした食感のパウンドケーキになります。

f:id:satomi77:20170928112854j:plain

7.「6」のボウルに「3」のはちみつを入れて混ぜます。空気を含ませるように混ぜていくとふわっとしたクリーム状になります。

f:id:satomi77:20170928112905j:plain

8.「7」のボウルに卵黄を入れて混ぜます。

f:id:satomi77:20170928112917j:plain

9.このようにキレイな黄色のクリーム状になります。
ムラなく混ぜるようにしましょう。

f:id:satomi77:20170928112937j:plain

10.水気や油気のない清潔なボウルに卵白を入れてハンドミキサーで泡立てます。ピンとツノがたつようになったら、残しておいた砂糖10グラムを入れてハンドミキサーの弱でゆっくりと泡立てます。砂糖を入れるとツヤが出てきてしっかりとしたメレンゲになります。

f:id:satomi77:20170928112951j:plain

11.このようにしっかりとしたメレンゲができたらOKです。

f:id:satomi77:20170928113001j:plain

12.「9」のボウルにメレンゲを半分入れてよく混ぜます。捨てメレンゲといって後から入れるメレンゲの泡をつぶれにくくしてくれます。

f:id:satomi77:20170928113011j:plain

13.薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるいにかけて「12」に加えます。ゴムベラで下からすくいあげるようにサックリと混ぜ合わせます。練らないように気を付けましょう。

f:id:satomi77:20170928113021j:plain

14.このように少し粉気が残るくらいで粉類を混ぜるのをストップします。

f:id:satomi77:20170928113030j:plain

15.軽く水気を切ったりんご煮を加えてサッと混ぜます。このときも練らないように気を付けましょう。

f:id:satomi77:20170928113041j:plain

16.残しておいた半分のメレンゲを加えてゴムベラで泡をつぶさないようにサックリと混ぜ合わせます。

f:id:satomi77:20170928113052j:plain

17.このように混ぜ合わせていくとツヤのあるぽってりとした生地に仕上がります。
メレンゲの白い筋や粉の白い部分が残っているようなら混ぜ不足です。しっかりと均一になるまで底からすくい上げるようにして混ぜ合わせましょう。

f:id:satomi77:20170928113103j:plain

18.パウンドケーキ型にクッキングシートをしいてから生地を2等分して流し込みます。
表面を平らにしてから180度に余熱したオーブンで30分~40分ほど焼きます。
はちみつが入っているので焦げやすいです。焦げそうなら途中アルミホイルをかぶせて調節してください。つまようじを生地の中央に刺してみてどろっとした生地がついてこなければ焼き上がりです。

f:id:satomi77:20170928113114j:plain

19.焼き上がって冷めたらラップにピッチリと包んで食べるまで保存します。こうすることでパサつかずにしっとりとした食感になります。

f:id:satomi77:20170928113125j:plain

20.お好みの厚みに切り分けて完成です!

f:id:satomi77:20170928113139j:plain

 

<このレシピのポイント>
りんごの種類は紅玉がおすすめです。酸味が強くりんご煮にしても味がぼけずにしっかりとしているのでお菓子作りに向いています。紅玉を使うときはレモン汁は少量かなくても大丈夫です。

 

今回は紅玉が手に入らなかったのでふじを使いレモン汁を入れて作りました。パウンドケーキ型のほか、カップケーキの型に入れて焼いても可愛いです。あまり小さな型だと焼いている間に乾燥しがちになるのである程度の大きさの型がおすすめです。

 

マヌカハニーの量はお好みによって増やしても大丈夫です。生地に入れて増やす際は、その分はちみつの量を減らして作ってください。

 

 

カマンベール入り♪マヌカハニーの濃厚ベイクドチーズケーキ

f:id:satomi77:20170928113523j:plain

クリームチーズのほかにカマンベールチーズもたっぷりと入った贅沢なチーズケーキです。マヌカハニーがしっかりとした濃厚な味なのでチーズケーキもそれに負けないような風味にしてあります。

 

マヌカハニーとチーズが混ざり合って一口食べるごとに幸せな気持ちになれます。ボトムのサクサクビスケットと上にトッピングした香ばしいスライスアーモンドとの相性もいいですよ♪

 

マヌカハニーとチーズのコクを味わいながら素敵なティータイムを過ごして下さい。カマンベールに入っている少しの塩気が後を引く美味しさです。

 

<材料>(14センチの丸型2個分)
▼ボトム
・ビスケット(マリービスケットなど脂肪分の少ないもの 120グラム
・サラダ油 大さじ4

▼チーズケーキ生地
・クリームチーズ 120グラム
・カマンベールチーズ(中のやわらかいところのみ) 80グラム
・砂糖 45グラム
・マヌカハニー 大さじ2
・卵 1個
・薄力粉 25グラム
・生クリーム 140cc
・レモン汁 大さじ1
・スライスアーモンド 20グラム

 

<作り方>
1.ボトムを作ります。厚手のビニール袋を2重にしてビスケットを入れます。麺棒でビスケットを叩いて粉々にします。

f:id:satomi77:20170928113238j:plain

2.ある程度ビスケットが細かくなったらボウルに入れて麺棒で叩くようにするとスムーズに粉々にできます。
もしビニール袋が破けてしまってもこのやり方なら安心です。

f:id:satomi77:20170928113249j:plain

3.ボウルに砕いたビスケット、サラダ油を入れます。

f:id:satomi77:20170928113259j:plain

4.スプーンで混ぜてしばらくおくとビスケットにサラダ油が染み込んでしっとりとしてきます。

f:id:satomi77:20170928113311j:plain

5.型に「4」を2等分して入れて上からラップなどをしいて手でギュッとつぶすようにして押し固めます。
これでボトムのできあがりです。

f:id:satomi77:20170928113322j:plain

6.チーズケーキ生地を作ります。カマンベールチーズは包丁で6等分に切って中のやわらかいチーズをスプーンなどでくりぬきます。
このチーズケーキには中のやわらかい部分のみ使用して表面の皮の部分は使いません。

f:id:satomi77:20170928113332j:plain

7.容器に室温に出してやわらかくしておいたクリームチーズとカマンベールチーズを入れて泡だて器でなめらかになるまでよく混ぜます。
もし混ざりにくいときは湯せんにかけるか少し電子レンジにかけて温めてください。

f:id:satomi77:20170928113343j:plain

8.「7」に砂糖を加えてよく混ぜます。砂糖を加えると生地が少し緩くなって混ぜやすくなります。
容器の外側についているチーズ生地もゴムベラで取りながら全体がなめらかになるように混ぜましょう。

f:id:satomi77:20170928113353j:plain

9.「8」にマヌカハニーを加えてよく混ぜます。

f:id:satomi77:20170928113404j:plain

10.「9」に卵を加えて混ぜます。

f:id:satomi77:20170928113413j:plain

11.「10」にふるいにかけた薄力粉を加えて混ぜます。このとき粉のダマが残らないように混ぜましょう。

f:id:satomi77:20170928113428j:plain

12.「11」に生クリームを加えて混ぜます。

f:id:satomi77:20170928113443j:plain

13.「12」にレモン汁を加えて混ぜます。

f:id:satomi77:20170928113453j:plain

14.チーズケーキ生地をボトムをしいた型に2等分して静かに流し込みます。勢いよく流し込んでしまうと固めたボトムが崩れてしまうので気を付けましょう。

f:id:satomi77:20170928113503j:plain

15.チーズケーキの表面にスライスアーモンドをトッピングします。
180度に余熱したオーブンで20~30分表面がこんがりするまで焼きます。

f:id:satomi77:20170928113513j:plain

16.しっかりチーズケーキが冷めたら切り分けて完成です!

f:id:satomi77:20170928113523j:plain

 

<このレシピのポイント>
焼きたては崩れやすく味も安定していないのでしっかり冷めてから包丁を入れるようにしましょう。冷めてから1晩冷蔵庫に入れておくと味がしっくりと馴染んでチーズのコクもより感じられるようになります。

 

チーズケーキの砂糖の量は控えめにしてあります。甘めがお好みの型は砂糖の量を60グラム~70グラムにして作ってください。今回は丸型で焼きましたが、四角の型で焼いて細長く切るとスティックチーズケーキにもなります。誰かにプレゼントする際は可愛いクッキングシートなどにくるんとキャンディーのようにねじってラッ>ピングすると素敵ですよ♪

 

チーズのコクが深く感じられるのでワインなどとの相性もいいですよ。薄くスライスして盛り付ければオシャレなおつまみとしても楽しめます。マヌカハニーはお好みにより増やしても大丈夫です。あまり増やしすぎると独特な風味が前面に出てしまうので加減して入れてください。

 

ボトムはお好みでなしにしても大丈夫です。その際は少し取り出しにくくなるのでスプーンですくって盛り付けるなど工夫をしてみてください。出来上がりの表面にツヤを出したいときは軽く煮つめたあんずジャムやマヌカハニーを薄く塗ってください。キラキラして見栄えが良くなりますよ♪

 

女子リキではマヌカハニーの効果や効能の解説や、マヌカハニーに含まれている栄養成分、UMFとMGOの解説、マヌカハニーの食べ方、1日の摂取量の目安など詳しく紹介しています。

マヌカハニーの効果・効能を体験した!味は?使い方は? - 女子リキ

マヌカハニーを食べるだけでなく、マヌカハニーを使ったスキンケア方法や歯磨き方法なども紹介しています。

 

その他、マヌカハニー関連の記事をシェアします。

www.hanabiagaru.net

 

qleo-media.com

 

www.gamezinsei.com

 

www.morekenko.com

 

matome.naver.jp

スポンサードリンク