読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

沖縄県那覇市で美味しいコーヒーが飲める素敵カフェBest5

f:id:satomi77:20170128095226j:plain

みなさまハイタイ!(沖縄の方言で女性が言う「こんにちは」の意)今回は沖縄県那覇市で美味しいコーヒーやスイーツが堪能できる素敵なカフェを独断と偏見で5店、ランキング形式で紹介させていただきます!

 

どちらも素晴らしいコーヒーを出してくれるので、コーヒーが好きなあなたは那覇にいらした際はぜひお立ち寄りください。素敵な思い出が増えること請け合いです。もちろんコーヒーだけでなくフードやスイーツメニューにも注目ですよ!

 

 

スポンサードリンク
 

 

第1位 食堂黒猫(首里赤平町)

f:id:satomi77:20170128095701j:plain

モノレールの「儀保(ぎぼ)」駅から急な坂を上り、やや入り込んだ先にあります。徒歩10~15分程度でしょうか。道路が狭くて駐車場が少ないので車で来る場合は注意です。

 

f:id:satomi77:20170128095716j:plain

メルボルンから移住してきた国際結婚カップルが営むお店。オーストラリア人のご主人が自家焙煎したコーヒーを淹れてくれて、日本人の奥様が趣向を凝らした料理を作るシェフ。美食の街メルボルンで修行を積まれた一流の料理とコーヒーが味わえる、日本でも貴重な、本当の意味の“カフェ”です。

f:id:satomi77:20170128095735j:plain

店内はレトロな感じですが、スッキリまとめられたインテリアです。場所が首里の高台なので、窓からは那覇市内が一望できる見晴らしの良さもポイント。

f:id:satomi77:20170128095751j:plain


フードメニューはスイーツ1種類、ご飯もの3種類で、1ヶ月を目安に入れ替わるとか。モーニングやランチはなく終日同じメニューとのこと。結構強気なお値段です。
ビーフランプステーキとコーヒーを注文。コーヒー豆は、今回は個人的に好きなグアテマラをチョイス(フードと別料金)、先に持ってきてもらいました。

f:id:satomi77:20170128095806j:plain

うん、ちゃんと旨味が引き出された淹れ方をしています。へんな雑味がなくてクリアな味わいで美味しい。ごくごく飲めます。

f:id:satomi77:20170128095822j:plain


待つことしばし、ステーキサンドのプレートが来ました!すごいボリューム・・・オージービーフのランプステーキは和牛とは違って赤身の美味しさが味わえる感じです。チラっと見えているハルミチーズも自家制。そしてこのパンももちろん自家製なのですが、めちゃくちゃ密度が高くてずっしり来ます。

 

付け合わせのポテトも大きいのにちゃんとほくほくしており、どうやってこの状態にしているのか知りたいところ。ステーキにもポテトにもスパイシーなメキシカン風味のトマトソースをお好みで足せるスタンスです。ワンプレートですが、とても手が込んだ作りであることがわかります。

 

あえて言えばこのメニューの困ったところは、カフェメニューにありがちな、見た目は素敵だけど食べづらいということです。

 

そのまま持って食べようと試みるも、肉も野菜もパンも噛み切るのに不具合ありすぎの素材。中身がボリュームありすぎて零れ落ちてしまいますし、悔しいことに咬み切れません。

 

フォークとナイフで食べることにしましたが、それにしてもパンが切りづらい・・・!これの正式な食べ方はどうなのだろう。それともオージーの皆さんは手の力が強くてこれを難なく切れるのか??疑問が残りつつ完食。


そして残っていたコーヒーをごくりと飲んだら・・・!冷めているのにコクがすごい!とても後に引く心地よさで、温かい時とはまた一味違って風味が強まっています。

 

ご夫婦二人で他にスタッフはおらず、この日は平日にもかかわらずランチ時には満席でお忙しく立ち働いているため、フレンドリーな接客という感じではありませんでしたが、このコーヒーを飲んだ瞬間、食堂黒猫が1位で決定。今のところ人生の中でも暫定一位のグアテマラです。 今度はスイーツとも合わせて食べてみたいですね。

 

【食堂黒猫 店舗情報】
沖縄県那覇市首里赤平町2-40-1 3F
ゆいレール儀保駅」より徒歩10分
050-1300-3853
HP:http://kuroneko.okinawa/

食べログhttps://tabelog.com/okinawa/A4701/A470102/47015244/

Facebookhttps://www.facebook.com/ShokudouKuroNeko/

 

 

第2位 T&M COFFEE(牧志

f:id:satomi77:20170128095851j:plain

国際通りの真ん中あたりから小道を入ったところにある古民家を改装したカフェ。ゆいレールでは「県庁前」「美栄橋(みえばし)」「牧志(まきし)」からだいたい徒歩10分程度と同じくらいの距離にあります。

f:id:satomi77:20170128095905j:plain

ここの特徴は、選りすぐったスペシャリティコーヒーを出すと言うことだけではなく、抽出方法がフレンチプレス・ネルドリップ・サイフォン・ペーパードリップの4種類から選べると言うところ。これは全国的に見てもなかなかないサービスで、沖縄では初めて見ました。


だいたいコーヒー豆にこだわるお店は淹れ方にも店主の方のポリシーとかがあることが多いですから・・・

 

今日はおススメコーヒーがブラジルのペーパードリップだったのですが、そのほかに4種類用意されている豆の中からホンジュラスの豆をサイフォンで入れていただくことにしました。

f:id:satomi77:20170128095928j:plain

メニューを見ると、豆と淹れ方が指定されている本日のホットコーヒーは100円安いので特にこだわりがない人はこちらが良いかもしれません。
サイドメニューは軽食のみだったのですが、沖縄っぽく、あぐー(沖縄の豚の有名品種)のミートソースホットサンドをセレクトしました。

f:id:satomi77:20170128095942j:plain

「お好きな席にかけてお待ちください」とのことでどうしようかなと思っていると、「2階もありますよ」ということで靴を脱いで階段を登ってみました。すると・・・

f:id:satomi77:20170128100001j:plain

こんな素敵な空間が2間!1階とはまた雰囲気が違います。

 

f:id:satomi77:20170128100016j:plain

天井の梁や壁がいい味を出しています。このカフェに来るなら絶対2階席がおススメです。こちらにはいい感じのソファ席があってくつろげます。

f:id:satomi77:20170128100032j:plain

あぐーのミートソースは手作りの甘くて優しい味わいでした。しかし食べているとどうしてもミートソースが零れ落ちますので食べる時には注意してください。ナイフとフォークで切って食べた方がいいのかもしれません。


コーヒーはさすがにそれなりに美味しいけど、サイフォンじゃない方が良かったかもと思いました?複数人いたら、同じ豆で4種類の淹れ方をしてもらって味の出方の違いを見ると言う通な楽しみ方もできそうです。


店員さんもフレンドリーでいろいろコーヒー談義をして楽しめます。
ちなみに、食べログの開店時間が異なる日があるので、お出かけ前にはGoogleで確認することをおススメします。

 

【T&M COFFEE 店舗情報】

沖縄県那覇市牧志1-2-6
HP:http://www.tmcoffee.jp/

食べログhttps://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47017926/

Facebookhttps://www.facebook.com/tmcoffee.jp/

 

 

第3位 オハコルテベーカリー(泉崎)

f:id:satomi77:20170128100058j:plain

オハコルテと言えば、沖縄のフルーツタルトの超有名店。そう、沖縄におけるキルフェボン的な存在です。そんなオハコルテが沖縄県庁・那覇市役所近くにベーカリーをオープンしたのがこちらの「オハコルテベーカリー」。最寄り駅はゆいレールの「旭橋(あさひばし)」か「県庁前」。ベーカリーとカフェとパントリーが併設されています。

 

f:id:satomi77:20170128100309j:plain

 

入ってみると、中はかなり広くなっています。

f:id:satomi77:20170128100448j:plain

ヨーロッパのマルシェみたいなパントリー。野菜や雑貨も扱っています。ちなみにベーカリーではタルトは置いていませんが、2階にタルト店があってそちらで買えるとのこと。

f:id:satomi77:20170128100508j:plain


カフェ専用のメニューもありますが、

f:id:satomi77:20170128100530j:plain

このような感じで、ベーカリーのパンやデリを買ってドリンクを頼み、カフェで楽しむことも可能です。(ワンドリンクは必須でパンだけでは持ち込み不可)

 

一押しは左側の「パン屋さんの卵サンド」ブリオシュにたっぷりのオリジナル卵フィリング(ピクルス入り)が入ってとてもボリュームがあります。

f:id:satomi77:20170128100548j:plain


この卵サンドはほおばり切れない大きさですが、ブリオシュなのでカットが簡単です。パンのほのかな甘みと卵の塩気がいい感じでマッチしています。

f:id:satomi77:20170128100606j:plain

次に、カフェメニューで一押しのハンバーグをオーダー。スタンダードとスモークがあります。個人的に燻製が苦手なのでスタンダードをチョイス。ソースは3種類から選べるのですが、定番の3日煮込んだというデミグラスをオーダーしました。サラダもサイドにしては量がちゃんとボリュームがあります。

 

しかし肝心のハンバーグが・・・うーん、焼き立ての感じがなく、温め直した感があるのが残念でした。期待が大きすぎたのかもしれません。この日だけだと思いたいですが・・・


メニューを頼みすぎてしまっても、ここは残ったものを包んでもらって持ち帰り可能なので安心です。

f:id:satomi77:20170128100621j:plain

コーヒーは美味しいと評価の高い沖縄セラードコーヒーのもの。今回はエスプレッソをお湯で割るアメリカーノをチョイスしました。さすがに外しがありません。すっきりとして飲みやすく、最後までエグミが全くありません。

 

オハコルテも沖縄セラードコーヒーも那覇市のおとなり浦添市の港川外人住宅に本店があるのでそちらもおススメです。

f:id:satomi77:20170128100637j:plain

ドリンクメニューで特筆すべきはロングステイコーヒーというアメリカンコーヒーアメリカーノと違ってドリップコーヒーです)。何杯でもお代わり可能で500円というコスパの良さにはビックリです。こんな良いコーヒーが飲み放題でいいの?と思ってしまいます。


ただ、立地が那覇でもビジネス街の中心近くなので、そこまで長居する人はあまりいない模様です。

 

ちなみに駐車場はありませんが、次回に使える300円のメニュー割引券がもらえますので車で来た人はその旨をレジで伝えてくださいね。


【オハコルテベーカリー 店舗情報
那覇市泉崎1-4-10 喜納ビル1F
098-869-1830
HP:http://ohacorte-bakery.com/

食べログhttps://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47014158/

 

 

第4位 珈琲専科にーちぇ南店(古波蔵)

f:id:satomi77:20170128100656j:plain

 

少し那覇の中心地から離れたところにあるのがこちらのカフェ“NIETSCHE”。
最寄り駅で言えばゆいレールの「安里(あさと)」駅からタクシーで15分ほどでしょうか。住宅街の中にあるカフェですが、蔦の絡まる外観からしてただものではありません・・・!もちろん店名はあの哲学のニーチェ先生から頂いたもの。南店とありますが、現在はこちらの古波蔵のお店のみとのことです。

 

f:id:satomi77:20170128100711j:plain

店内は重厚でシックなインテリアでまとめられ、クラシックが流れ、まるでヨーロッパのコーヒーサロンという風情です。

f:id:satomi77:20170128100732j:plain

 

席は1階と2階があり、

 

f:id:satomi77:20170128100806j:plain

随所に飾られたコーヒーのアンティークグッズも素敵の一言。ここが沖縄であることを忘れてしまいそうな空気が漂っています。古き良き喫茶室とでもいいましょうか。

f:id:satomi77:20170128100827j:plain

スタッフは全員女性の素敵なマダムたちです。

f:id:satomi77:20170128100849j:plain

オススメを聞くと“ニーチェブレンド”ということだったので、ニーチェブレンドと、ホットサンド(ツナ・オニオン・チーズ)をオーダーしました。

ここのフードは軽食のみで、ケーキとトーストとホットサンドです。あくまでコーヒーが主役のお店なのです。

f:id:satomi77:20170128100908j:plain

ニーチェブレンドが到着。カップやミルクの入った器もこだわりを感じます。ブレンドの味はダークローストなのに苦味がそんなになくまろやかなテイスト。昔の美味しい喫茶店のコーヒーという風情で、スペシャリティコーヒーにはないブレンドの良さが詰まった感じの味わいです。

f:id:satomi77:20170128100923j:plain

ツナとオニオンとチーズのホットサンド。こうしたレースのナプキンを敷いて出してくれるところがまた丁寧な演出で嬉しい。
これからもこのエレガントな路線を貫いてほしいカフェです。
2017年3月より月火が連休となりますのでご注意ください。

 

【珈琲専科にーちぇ南店 店舗情報

沖縄県那覇市古波蔵390-4
098-854-4568
食べログhttps://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47004031/

 

 

第5位 MAHOU COFFEE(壺屋)

f:id:satomi77:20170128100939j:plain

宜野湾にあった人気店「魔法珈琲」が那覇市壺屋に移転してきました。
最寄り駅はゆいレールの「安里(あさと)」駅か「牧志(まきし)」駅。桜坂劇場の程近く、壺屋通りからちょっと小道を入り込んだところにあります。

 

このお店は実は基本的に写真NGだった(HPには必要最小限でとありますが、会計時に店内の写真を撮っても良いか確認した時にそう言われました・・・)ので、やや写真枚数が少ないことをご容赦ください。

f:id:satomi77:20170128100955j:plain

店内の奥の席から見たところです。外は真っ昼間なのに、店内は薄暗く、レトロなインテリアを照らし出す間接照明がムーディ・・・まるで夜カフェに来たみたいです。

この逆サイドには文庫からお洒落アート雑誌まで蔵書がたくさんある本棚が壁一面に広がり、ブックカフェと言ったテイストも醸し出しています。

 

オリジナルのタンブラーなどのグッズも販売しており、私がいる間も買いに来るお客様がいました。

f:id:satomi77:20170128101010j:plain

メニューはこちら。宜野湾で記憶のあったモーニングを頼んでみようと思ったのですが、現在は食事メニューはやっていないとのことで、コーヒーと自家製スイーツ4種だけという潔さです。

 

それではと、看板のマホウブレンドとチョコレートチーズケーキをオーダーしました。

f:id:satomi77:20170128101028j:plain

マホウブレンドはメニューにある通り、ビターチョコのような味わいのあるブレンド。
ダークローストで濃い口なのですが、まろやかな風味で苦みも感じずに飲めるコーヒーです。

 

これもスペシャリティコーヒーにはないブレンドの良さを感じます。いろいろな豆が互いに補完しあって複合的な味わいを出しているのでしょう。

 

既成概念にとらわれず、店主の創造力やパーソナリティを落とし込んだシグニチャー珈琲を謳うだけあり、はじめて飲むテイストで、おそらくここでしか出せない味なのでしょう。


そして、チョコレートチーズケーキ。カカオが濃くて確かにブレンドと合います!基本的にここのスイーツは濃いコーヒーに合わせる前提なので濃厚らしいのですが、このチーズケーキの濃厚さはまるで生チョコのケーキみたいです!

 

座席はカウンターがメインなのとBGMがないお店なので、お客様一人か少人数でふらりと訪れる常連さんが多いのでしょうか?

 

大人向けの珈琲店なので、12歳未満のお子様は入れないとのことです。確かに、大人でもちょっと好みが分かれるかも?というくらい全般的に店主の方のこだわりが強く感じられるお店とコーヒーなので、このアーティスティックなこだわりテイストにすごくハマる人はヘビーユーザーになるのだろうなと思いました。

 

駐車場はなく近所のコインパーキングのみになりますが、特に割引等はありませんのでご注意ください。

 

【MAHOU COFFEE 店舗情報
沖縄県那覇市壺屋1-6-5
098-863-6866

HP:https://www.mahoucoffee.com/

食べログhttps://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47016771/

Facebookhttps://www.facebook.com/mahoucoffee2011/

 

 

 

 

 

<おまけ>那覇にせっかく来たので脱毛してきました☆

私は、沖縄に住んでいますけど、那覇市ではありません。那覇に来るときは買い物や友達とお茶するときくらいです。滅多に来ないんですね。

 

今回はカフェめぐりをするために那覇に来たのですが、依然、このブログの本家「女子リキ」さんで、私と同じく寄稿しているライターさんが、那覇の脱毛ラボで脱毛を体験している記事を拝見しました。

⇒脱毛ラボ【那覇店】全身脱毛6回パックコース体験談

 

その脱毛ラボの記事を見て、ずっと気になっていたので、那覇に来るついでに脱毛を体験しようとカウンセリングの予約を入れてたのです。

 

はじめての脱毛サロンでしたが、勧誘もなくとても良い対応でしたよ。
思っているよりも痛くなかったし。

 

私は、最初月額の全身脱毛プランにしようと思いましたが、彼女と同じく、6回パックの契約をしてきました。

これから夏に向けでムダ毛を撃退したいと思います!

 

 

 

 

スポンサードリンク