女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

サンルートプラザ東京「カリフォルニア」ビュッフェ 口コミ

f:id:satomi77:20180330090510j:plain


今回は千葉県浦安市舞浜のホテル「サンルートプラザ東京」にあるレストラン「カリフォルニア」に行ってきました!


こちらのレストランのランチビュッフェでたくさんスイーツを食べてきたので、レポートします!

スポンサードリンク
 

f:id:satomi77:20180330090522j:plain

サンルートプラザ東京は、JR京葉線・武蔵野線舞浜駅を下車。舞浜駅南口のロータリーから無料シャトルバスで訪れることが出来るホテルです。

f:id:satomi77:20180330090538j:plain

f:id:satomi77:20180330090546j:plain

シャトルバスは20分間隔で運行しており、およそ5分でホテルに到着します。

f:id:satomi77:20180330090602j:plain

ホテルの入り口近くにバスが停まるので、移動はスムーズです。正面玄関から入り、

f:id:satomi77:20180330090615j:plain

f:id:satomi77:20180330090623j:plain

f:id:satomi77:20180330090631j:plain

ホテルのロビーへ。

f:id:satomi77:20180330090646j:plain

左側へ少し進んだところにあるのが、

f:id:satomi77:20180330090657j:plain

レストラン「オールデイダイニング カリフォルニア」です。こちらのレストランでビュッフェが行われています。

 

▽カリフォルニアについて

f:id:satomi77:20180330090753j:plain

f:id:satomi77:20180330090801j:plain

カリフォルニアのビュッフェはランチ・ディナーともに開催。また夜のビュッフェも行われています。


今回訪れたランチビュッフェでは、オープンの11時30分から料理が下がる14時まで、時間無制限でスイーツや食事メニューが楽しめます。

 

またカリフォルニアでは様々なテーマのビュッフェが行われているのが特長です。
訪れた日は、2018年2月19日(月)から4月15日(日)まで開催している「リニューアルオープン3周年記念!春のファミリーバイキング」の真っ只中でした。

 

様々な食事メニューに加え、3種類の苺の食べ比べやパティシエ特製のケーキが食べられます。

f:id:satomi77:20180330090817j:plain

カリフォルニアでは毎週火曜日と水曜日に特別なイベントを開催。ビュッフェに訪れた火曜日は「Fruit Tuesday!」が行われていて、通常3種類のフルーツが10種類になり、存分に楽しめます。


▽カリフォルニアの店内について

全面禁煙のカリフォルニアの店内は総座席数172席で、広くゆとりのある空間です。

f:id:satomi77:20180330090943j:plain

f:id:satomi77:20180330090952j:plain

f:id:satomi77:20180330090959j:plain

こちらが入り口から入り、左側のエリアです。

f:id:satomi77:20180330091014j:plain

f:id:satomi77:20180330091235j:plain

f:id:satomi77:20180330091244j:plain

上記の3枚は、入り口から入って真ん中のエリア。ライブキッチンや各種ビュッフェ台が並んでいます。

f:id:satomi77:20180330091304j:plain

f:id:satomi77:20180330091314j:plain

店内の真ん中にあるライブキッチンでは、ハンバーグやステーキなど出来たて熱々のメニューが食べられます。

f:id:satomi77:20180330091449j:plain

f:id:satomi77:20180330091458j:plain

こちらは入り口から入って右側、奥にあるエリアです。

カリフォルニアの店内は広く、余裕のある作り。そのため居心地が良く、ゆっくり食事ができます。

 

▽カリフォルニアのドリンクについて

カリフォルニアのビュッフェでは、ソフトドリンクも飲み放題です。
入り口から入った左側の一角に、

f:id:satomi77:20180330091518j:plain

f:id:satomi77:20180330091527j:plain

f:id:satomi77:20180330091537j:plain

ソフトドリンクのコーナーがあります。

f:id:satomi77:20180330091550j:plain

ドリンクのコーナーにはルピシアの紅茶もあり、こちらも飲み放題です。

 

▽カリフォルニアのテーブルについて

f:id:satomi77:20180330091609j:plain

充分な広さがあるテーブルは、お皿をたくさん置いても快適に食事ができます。席と席も適度に離れているので、隣を気にしなくて済むのもありがたいです。

テーブルの上には、
・ライブキッチンで注文する時に必要な注文カード
・蟹と交換するためのチップ
・おしぼり
などがセットしてあります。ただしナイフやフォークなどがセットされていないのが、残念です。

 

ナイフやフォークは、

f:id:satomi77:20180330091628j:plain

ビュッフェ台の脇にある、カトラリー類の置き場から取る必要があります。ただ紙ナプキン類が見当たらず、わかり易い場所に置いてあると良かったです。

 

今回はロビー横の席に座っていました。窓からの風景の代わりに、

f:id:satomi77:20180330091647j:plain

ロビーや見晴らしのいい中庭を見ることが出来ました。

 

▽カリフォルニアのスイーツの台について

f:id:satomi77:20180330091709j:plain

f:id:satomi77:20180330091717j:plain

スイーツの台は店内の真ん中、ライブキッチンの横にあります。スイーツの台の隣にあるフルーツの台には、新鮮なフルーツがズラリ勢揃いです。

f:id:satomi77:20180330091731j:plain

フルーツの台の横にあるのが、火曜日限定のオレンジディスペンサー。機械を使ってオレンジを丸ごと絞り、その場で新鮮なオレンジジュースが作れます。

f:id:satomi77:20180330091743j:plain

アイスのケースはソフトドリンクのコーナーの近くにあり、アイスも食べ放題です。

それでは次の項目から、カリフォルニアのビュッフェのスイーツをレポートしていきます!

 

▽カリフォルニアのランチビュッフェのスイーツ

1.イチゴデニッシュ

f:id:satomi77:20180330091822j:plain

f:id:satomi77:20180330091832j:plain

イチゴデニッシュは、生地の中までカスタードクリームがみっちり詰まった一品です。
濃密で品の良い甘さのカスタードクリームは、甘酸っぱい苺のフルーティさが加わることで、贅沢な味わいに変化。


しっかり甘いのに後味がスッキリしていて食べやすく、思わずお代りしたくなるスイーツです。

 

2.あまおうロール

f:id:satomi77:20180330091855j:plain

f:id:satomi77:20180330091903j:plain


あまおうロールは、苺の味わいを満喫できるスイーツです。
真ん中にある苺のクリームは上質な甘さで、ふわっとした生地とマッチしています。噛むたびにほんのり甘酸っぱい苺の味わいが、口の中で広がります。

 

上に乗った小さくカットされたあまおうは、苺の旨味と甘みが強いのがポイント。ロールケーキと一緒に食べることで、より苺の美味しさを堪能できます。
フォークが止まらない、ご褒美ロールケーキも食べ放題です。

 

3.クレームブリュレ

f:id:satomi77:20180330091923j:plain

f:id:satomi77:20180330091932j:plain

クレームブリュレは表面のカラメルと、トロトロのカスタードが病みつきになるスイーツ。


カラメルは甘いだけでなく、「カリっ」とした食感が小気味良いです。トロトロ食感のカスタードは、濃厚な甘さに夢中になれます。


カリフォルニアのクレームブリュレは、非常に手が込んでいる一品です。

 

4.ホワイトチョコとラズベリーのムース

f:id:satomi77:20180330091953j:plain

f:id:satomi77:20180330092002j:plain

ホワイトチョコとラズベリーのムースは、ラズベリーとホワイトチョコが混ざりあった味わいに、舌がとろける逸品です。

 

上のラズベリーの味は、後からじわじわ来るほのかな甘酸っぱさ。下のホワイトチョコは優しくもハッキリとした甘さです。


方向性の違う味わいが見事に混ざり合い、個々で食べるよりも美味しさを増しています。ムースの食感は儚く、口に含むとすーっと溶けていくのがたまりません。見事な甘さと儚い食感が素晴らしく、思わずもう一つ食べたくなるスイーツです。

 

5.フルーツ

f:id:satomi77:20180330092034j:plain

f:id:satomi77:20180330092042j:plain

カリフォルニアで毎週火曜日に開催されている「Fruit Tuesday!」では、当日入荷した新鮮なフルーツが10種類楽しめます。
全てのフルーツを食べたので、それぞれレポートしていきます。

 

◇苺3種類

カリフォルニアのビュッフェに訪れた日は、
・紅ほっぺ
・さがほのか
・とちおとめ
の3種類の苺がありました。

 

・紅ほっぺ

f:id:satomi77:20180330092116j:plain

f:id:satomi77:20180330092124j:plain

紅ほっぺは小粒な苺で酸味がやや強く、後から優しい甘さが味わえます。

 

・さがほのか

f:id:satomi77:20180330092148j:plain

f:id:satomi77:20180330092157j:plain

大粒なさがほのかは酸味がほどよく、爽やかな味。食べた際に、果汁がじゅわっと口の中に溢れる苺です。

 

・とちおとめ

f:id:satomi77:20180330092215j:plain

f:id:satomi77:20180330092223j:plain

とちおとめは苺ならではの、心地よい酸味が楽しめる品種です。酸味の中に甘味を感じられる苺が楽しめます。

 

◇パイナップルとキウイ、さんふじりんご

f:id:satomi77:20180330092241j:plain

パイナップルはみずみずしく、酸味が若干強いです。けれど酸味の強さのおかげで、口の中がさっぱりします。

 

キウイは強めの酸っぱさの中に、甘さが感じられます。新鮮なキウイは噛めば口の中で、果汁がたっぷり溢れるのがポイントです。

 

さんふじりんごは上質なリンゴならではの、シャクシャク食感。ほんのり感じる甘さが後を引きます。

 

◇日向夏と群馬県産藪塚こだま西瓜、愛知県産ハウスデコポン

f:id:satomi77:20180330092306j:plain

日向夏は酸味が強く、噛んだ瞬間に果肉から甘酸っぱい果汁がたっぷり溢れ出てきます。シャリシャリ食感の群馬県産藪塚こだま西瓜は、噛めば果汁が滴り落ちます。夏の気分を先取りするフルーツです。

 

愛知県産ハウスデコポンは酸味が控えめで、上品な甘さなので食べやすいです。

 

◇バナナ

f:id:satomi77:20180330092329j:plain

最後にバナナを頂きました。ちょうどよく熟したバナナはやわらかく、甘さを噛み締められます。

 

◇フルーツのまとめ

カリフォルニアのビュッフェで毎週火曜日に開催される「Fruit Tuesday!」は、上質で果汁溢れるフルーツが勢揃い。フルーツ好きの方にピッタリなイベントです。
フルーツ好きの方は、火曜日を狙って訪れてみてはいかがでしょうか!?

 

6.フレッシュオレンジジュース

フレッシュオレンジジュースは、火曜日限定のメニューです。オレンジをオレンジディスペンサーにセットし、その場で丸ごと絞ります。

f:id:satomi77:20180330092357j:plain

f:id:satomi77:20180330092405j:plain

f:id:satomi77:20180330092413j:plain

f:id:satomi77:20180330092427j:plain

オレンジが機械で絞られていくところを見るのは、非常にワクワクします。

f:id:satomi77:20180330092438j:plain

新鮮で果汁100%のオレンジジュースは、オレンジならではの甘みと優しい酸味が、ダイレクトに味わえる一品です。
その場で絞って頂けるジュースの味は段違いで、飲めば体に染み渡ります。

 

7.苺ティラミス

f:id:satomi77:20180330092503j:plain

f:id:satomi77:20180330092511j:plain

苺ティラミスはミルキーな生地と、甘さの強い苺ソースを一緒に堪能できる一品です。
生地は噛まなくても口の中で溶けるほど、やわらかいのが特長。苺のソースはほんのり酸味が効いていて、苺の果実感が生地の味に奥行きを加えています。
絶妙な甘酸っぱさの苺のソースを、たっぷり味わえるスイーツです。

 

8.ミルクレープ

f:id:satomi77:20180330092534j:plain

f:id:satomi77:20180330092547j:plain

ミルクレープはもっちりした生地と、口に含むとすーっと溶けていく甘みの強いクリームがたまらないスイーツです。
優しくもハッキリとした甘さが楽しめます。

 

9.フルーツカクテル

f:id:satomi77:20180330092610j:plain

フルーツカクテルは、具材がたっぷり入っているのが特長。
中には、
・黄桃
・パイナップル
・ナタデココ
・さくらんぼ
など様々なものが入っているので、食べ応え抜群です。

f:id:satomi77:20180330092624j:plain

ベースのシロップは甘みが感じられながら、非常にスッキリ爽やかな味なので、お口直しにもピッタリ。


さっぱりした味わいのフルーツだけでなく、噛み応えのあるナタデココの食感がクセになります。ついついスプーンが進むメニューです。

 

10.ミニ雪見だいふく2種類

f:id:satomi77:20180330092644j:plain

カリフォルニアのビュッフェでは、ミニサイズの雪見だいふくもありました。
赤と白の2種類の雪見だいふくは、どちらももっちりした皮とミルキーなアイスが味わえます。あの雪見だいふくも、好きなだけ食べられます。

 

11.バニラアイスクリーム

f:id:satomi77:20180330092703j:plain

バニラアイスクリームは優しくも、軽すぎず重すぎない甘さが楽しめます。食べた後はバニラの味や香りが、口の中で余韻として残るのが印象的なアイスです。

 

12.ガリガリ君

f:id:satomi77:20180330092720j:plain

カリフォルニアのビュッフェでは、ソーダ味のガリガリ君も食べられました。スッキリ爽やかな味わいなので、食事の締めにも最適です。
慌てて食べるとお馴染みの「キーン」が頭に来るので、ゆっくり食べるのがおすすめです。

 

13.ヨーグルト

f:id:satomi77:20180330092735j:plain

ヨーグルトはソースやドライフルーツなどのトッピングが自由自在で、自分だけの一品を作ることができます。
今回は、
・苺のソース
・緑のドライフルーツキウイ
・黄色のドライフルーツマンゴー
をかけて食べました。

f:id:satomi77:20180330092750j:plain

ヨーグルトは砂糖の入っていないプレーンな味なので、酸味の中に甘さを感じる苺のソースと相性が良いです。

 

またドライフルーツのキウイとマンゴーにより、食感や甘さ、別のフルーティさが加わり、美味しさが増します。


カリフォルニアのビュッフェで、自分だけのヨーグルトを作って食べてみてはいかがでしょうか?

 

14.パン2種類

カリフォルニアのビュッフェではパンもあります。スイーツ系のパンが2種類並んでいたので、それぞれレポートします。

 

◇桜餅あんぱん

f:id:satomi77:20180330092820j:plain

f:id:satomi77:20180330092828j:plain

桜餅あんぱんはもっちりしたパンの中に、桜餅がぎっしり詰まっています。
パンは優しい甘さのあんこと、ほのかな塩加減のおかげで、食べ出すと止まりません。
甘さと一緒に桜の香りも楽しめる、春を感じさせる逸品です。

 

◇ホワイトチョコ

f:id:satomi77:20180330092847j:plain

f:id:satomi77:20180330092856j:plain


ホワイトチョコはふわっと焼き上げられ、もちもちっとしたパン。噛んだ瞬間にオレンジの爽快な香りが、鼻に抜けていきます。

 

パンの上にまぶされているのはお砂糖で、甘みとカリっとした食感が良し。
またパンの中にはオレンジの果肉が入った、なめらかなホワイトチョコのクリームがあります。

 

ホワイトチョコのまろやかな甘さと、オレンジならではのスッキリとした味・華やかな香りが、一度に全部楽しめる。実にリッチなパンです。

 

▽カリフォルニアのビュッフェの食事メニュー

ここからはカリフォルニアのランチビュッフェで並んでいた、食事メニューも一部ご紹介します。

 

・山形牛と山形県産豚肉のハンバーグ

f:id:satomi77:20180330092922j:plain

カリフォルニア名物の山形牛と山形県産豚肉のハンバーグは、ライブキッチンにて注文カードを持っていって注文。


オーダーしてから焼き上げてくれるので、出来たて熱々のハンバーグが食べられます。

ハンバーグ用のソースは、

f:id:satomi77:20180330092935j:plain

4種類の中から選べます。最初はガーリックオニオンをチョイスしました。

f:id:satomi77:20180330092948j:plain

ハンバーグはジューシーで、噛むたびに肉の旨味をガツンと堪能できます。甘辛くパンチの効いたガーリックオニオンのソースと、相性が良いです。

f:id:satomi77:20180330093009j:plain

おかわりは塩で頂きました。ハンバーグ自体に味が付いているので塩とも相性が良く、肉汁や肉の旨味をダイレクトに味わえます。

 

ビュッフェのレベルを超えた名物ハンバーグを、カリフォルニアでは好きなだけ食べられます。

 

・海老と野菜のカマンベールチーズフォンデュ

f:id:satomi77:20180330093032j:plain

スキレット鍋で頂く海老と野菜のカマンベールチーズフォンデュも、ライブキッチンにて注文。出来たてを席まで運んでもらえます。

f:id:satomi77:20180330093045j:plain

2種類のトロトロ熱々チーズを、

f:id:satomi77:20180330093339j:plain

野菜や海老につけて食べられる、チーズ好きなら外せない一品です。

 

・カラフルなピンチョス

f:id:satomi77:20180330093400j:plain

f:id:satomi77:20180330093410j:plain

見た目もお洒落なピンチョスは2種類ありました。チーズは共通で、トマトと生ハム、リンゴとベーコンの組み合わせが食べられます。前菜に最適なメニューです。

 

・アメリカンサーロインステーキ

f:id:satomi77:20180330093431j:plain

アメリカンサーロインステーキもライブキッチンにて、注文カードを持っていって注文します。

f:id:satomi77:20180330093447j:plain

ステーキはお好みのソースやトッピングをかけて食べられます。

f:id:satomi77:20180330093459j:plain

ステーキはお肉を「喰らっている」感がたまらなく良く、和風ソースがお肉の味を引き立てています。噛み応え抜群な一品です。

 

・ボイルズワイ蟹

f:id:satomi77:20180330093519j:plain

f:id:satomi77:20180330093530j:plain

1人1皿食べられるボイルズワイ蟹は、ライブキッチンにてチップと交換します。

f:id:satomi77:20180330093545j:plain

蟹のソースは4種類の中から選べるので、香味わさびをチョイスしました。

f:id:satomi77:20180330093558j:plain

身がプリプリで脂の乗った蟹は、香りが良くわさびが効いた酸っぱめのソースと実に合います。

 

▽サンルートプラザ東京「カリフォルニア」のまとめ

f:id:satomi77:20180330093615j:plain

サンルートプラザ東京のカリフォルニアのビュッフェでは、パティシエが手がけたスイーツの数々を堪能できます。どのスイーツも手が込んでいるので、スイーツ好きなら満足すること間違いなしです。


またスイーツは一つ一つが小さいサイズなので、食べ比べにもピッタリです。

食事メニューはライブキッチンで提供されるメニューを始め、種類が非常に豊富。しかも時間無制限なので、思いっきり食べられてお得です。

 

◇カリフォルニアの客層について
訪れた日は平日ながらも、老若男女様々なお客さんがいました。小さなお子さんのいる家族連れや、女性同士・若い男性同士のグループ、シニア世代のご夫婦など、様々な方がビュッフェを楽しんでいます。

 

店内は賑やかながらもうるさすぎないので、食事をゆったり楽しむことが出来ます。小さなお子さんから大人まで、誰もが楽しめるビュッフェです。

 

◇カリフォルニアのスタッフについて
カリフォルニアのスタッフの方は、非常にテキパキお仕事をされていました。ライブキッチンで注文した料理を運んできてくれたり、お皿を片付けてくれたり、料理の補充などもスムーズに行ってくれます。


スタッフの方々の働きっぷりのおかげで、気持ちよく食事が出来ました。

 

◇スイーツとフルーツが大好きなあなた!「カリフォルニア」で食べ尽くしませんか?
カリフォルニアのビュッフェではパティシエ特製スイーツや、火曜日ならば新鮮なフルーツを思いっきり食べることができます。


その上、食事メニューも豊富で時間も無制限。お得なビュッフェといえます。

またサンルートプラザ東京では、ホテルの前に広がる大きな海や空、ゆったり広い空間のホテル内、整った中庭のおかげでリゾート気分も味わえます。リフレッシュにも最適な場所です。


非日常的なリゾート気分を味わえるのは、都心から離れた舞浜ならではです。

日常生活から離れて、サンルートプラザ東京のカリフォルニアのビュッフェで、スイーツやフルーツを食べ尽くしませんか?

 

ンルートプラザ東京「カリフォルニア」
〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-6

www.sunroute-plaza-tokyo.co.jp

 

スポンサードリンク