女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

吉祥寺第一ホテル「パークストリート」ランチビュッフェ口コミ

f:id:satomi77:20180105134848j:plain

今回は東京都にある吉祥寺第一ホテルのレストラン「パークストリート」のランチビュッフェでスイーツをたくさん食べて来たのでレポートします。 

スポンサードリンク
 

 

f:id:satomi77:20180105134859j:plain

JR・京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩5分の距離にあるのが、吉祥寺第一ホテルです。

f:id:satomi77:20180105134910j:plain

クリスマスの後・お正月の前に訪れたので、玄関には門松の飾りがありました。

f:id:satomi77:20180105134922j:plain

玄関から入り、目の前にあるエスカレーターで2階へ。

f:id:satomi77:20180105134934j:plain

2階に上がると目を引くのが、5フロア吹き抜けの空間です。ホテル内は天井が高く、非常に開放感があります。

f:id:satomi77:20180105134950j:plain

f:id:satomi77:20180105134958j:plain

f:id:satomi77:20180105135008j:plain

エスカレーターを降りて左手へ。道なりに進むとあるレストランが、パークストリートです。こちらのレストランで、ランチビュッフェが行われています。

 

▽パークストリートのランチビュッフェについて

f:id:satomi77:20180105135036j:plain

パークストリートのランチビュッフェは90分制。ライブキッチンもあり、出来立ての料理が味わえます。またビュッフェでは3か月おきに様々なフェアを開催しており、今回訪れた際は「冬のグルメバイキング」が行われていました。


▽パークストリートの店内について
天井が吹き抜けになっているので、パークストリート内も開放感があるのが嬉しいです。吹き抜けが気持ち良く、ゆったりとした空間でのびのびと食事ができます。

f:id:satomi77:20180105135056j:plain

f:id:satomi77:20180105135106j:plain

 

f:id:satomi77:20180105135114j:plain

f:id:satomi77:20180105135123j:plain

パークストリートの座席は、全部で120席。真ん中にビュッフェ台があり、奥にはライブキッチンがあります

f:id:satomi77:20180105135135j:plain

f:id:satomi77:20180105135142j:plain

f:id:satomi77:20180105135154j:plain

こちらは食事メニューのビュッフェ台です。

f:id:satomi77:20180105135208j:plain

奥にも席があります。

f:id:satomi77:20180105135220j:plain

店内の奥にあるライブキッチンでは、出来立ての料理を食べることが可能。

f:id:satomi77:20180105135255j:plain

スイーツの台は、入り口側の一角にあります。

f:id:satomi77:20180105135310j:plain

ソフトドリンクは飲み放題で、コーヒーや紅茶はスイーツの台の横にあります。

f:id:satomi77:20180105135327j:plain

f:id:satomi77:20180105135338j:plain

ジュース類やウーロン茶などは、ライブキッチン横にあります。

パークストリートでは、コーヒー・紅茶類とその他のソフトドリンクの場所が離れているため、少々使いづらかったです。料理を取るついでに、ドリンクを取るようにするのがおすすめです。

 

▽パークストリートの窓からの風景

f:id:satomi77:20180105135355j:plain

f:id:satomi77:20180105135404j:plain

パークストリートの窓は大きく、晴れの日は太陽の光がたっぷり差し込みます。
レストランは2階なので、窓から吉祥寺の街並みを見ることができます。

 

▽パークストリートのテーブル

f:id:satomi77:20180105135426j:plain

テーブルにはランチョンマットとカトラリー類がセットしてあります。ランチョンマットのお陰で、ちょっぴり贅沢な気分が味わえます。
今回は1人にもかかわらず、4人席に座ることができました。

f:id:satomi77:20180105135438j:plain

そのお陰で、お皿をたくさん置いても快適に食事が可能でした。

 

▽パークストリートのスイーツのビュッフェ台について

f:id:satomi77:20180105135456j:plain

f:id:satomi77:20180105135504j:plain

パークストリートのビュッフェのスイーツは、今回訪れた際は11種類ありました。
さらにフルーツと、ライブキッチン横のソフトクリームも食べ放題です。90分間、思いっきりスイーツを楽しむことができます。

 

次の項目からいよいよ、パークストリートのランチビュッフェのスイーツをレポートしていきます!

 

▽パークストリートのビュッフェのスイーツ

1.苺のヴェリーヌ

f:id:satomi77:20180105135531j:plain

マーブル模様が写真映えするのが、苺のヴェリーヌ。苺の甘酸っぱさを、余すところなく堪能できるスイーツです。

 

苺のムースは優しい甘酸っぱさが楽しめ、口どけ感が抜群。絶妙な甘酸っぱさに、スプーンが止まりません。

 

なんといっても絶品なのが、苺のソース。苺の強めの甘酸っぱさが、病みつきになります。生クリームの甘さが加わるとマイルドな味に変化し、二度楽しめます。
一番下のスポンジ生地は素朴な甘さがあり、全体の味を引き締めています。

苺のヴェリーヌは苺好きなら外せない一品です。

 

2.クリームチーズのムース

f:id:satomi77:20180105135554j:plain

クリームチーズのムースは、食感が最高なスイーツ。
ムースはふわっとしていながらも、食べればしゅわ~っと溶けていく。口どけの良さがたまりません。

 

クリームチーズの味はミルキーで甘さが強く、ほんのり感じるレアチーズの酸味がクセになります。レアチーズの加減が強過ぎず弱過ぎず、絶妙です。


上にかかったオレンジソースと一緒に食べれば、フルーティさも加わり、美味しさがさらにアップ。クリームチーズのムースは、お代わりしたくなる一品です。

 

3.キャラメルプリン

f:id:satomi77:20180105135618j:plain

ツヤツヤな表面を見て、思わず喉が「ゴクリ」となるのが、キャラメルプリン。台からプリンや生クリームを好きなだけ取ることができる、夢のようなスイーツです。

f:id:satomi77:20180105135634j:plain

キャラメルプリンは、卵の旨味と甘さが素晴らしい!の一言。雑味が一切ない、上質なプリンが味わえます。しかもキャラメルならではのコクも味わえ、普通のプリンとは比べ物にならない美味しさ。

 

歯が要らないくらいやわらかい食感のお陰で、食べやすくなっています。

生クリームと食べれば甘さがアップするだけでなく、キャラメルのコクが引き立ち、奥深い甘さが堪能できます。

 

ホテルメイドならではの上質なプリンを、ご自身の舌で味わってみませんか!?

 

4.ソフトクリーム

f:id:satomi77:20180105135653j:plain

ソフトクリームはライブキッチンにて、シェフに頼んで機械から出してもらいます。

f:id:satomi77:20180105135706j:plain

トッピングは3種類のソースとチョコスプレーがあります。
今回はキャラメルソースとチョコスプレーをチョイス。

f:id:satomi77:20180105135721j:plain

ミルクの味が濃厚なソフトクリームは、非常になめらかな食感。「とりあえず置いてます」というレベルではなく、ソフトクリーム専門店の味が楽しめます。

 

キャラメルソースが加わることで、コクと奥行きのある甘さが味わえます。
クオリティの高いソフトクリームも食べ放題なので、テンションが上がること間違いなしです。

 

5.和栗のモンブラン

f:id:satomi77:20180105135746j:plain

和栗のモンブランは栗本来の味を楽しみつつ、栗のスイーツならではの甘さも楽しめる、欲張りな一品です。

 

麺上の部分は食感がありながらも、噛むとすぐに解けていく。栗本来に近い食感がありながら、モンブランならではの甘さが味わえます。

 

真ん中にある栗のクリームは奥行きのある甘さで、口の中ですっと溶けていきます。
一番下にある生地が二つの栗の味を支え、全体の味を引き締めています。、

一度に二種類の栗の甘さが味わえ、どの年代でも楽しめるスイーツに仕上がっています。

 

6.パリブレスト

f:id:satomi77:20180105135807j:plain

f:id:satomi77:20180105135816j:plain

パークストリートのパリブレストは、
・カスタードクリーム
・木苺
・ピスタチオ
三種類のクリームがたっぷり味わえるスイーツです。

 

木苺のクリームは食べた後から、ほのかな甘酸っぱさが楽しめます。
ピスタチオのクリームは、口当たりの良い甘さと、ピスタチオならではのコクが味わえます。特にピスタチオのコクが、実にいい仕事をしています。

 

生地は全体的にしっとりめで、たっぷり詰まったクリームを食べるのにぴったり。
三種類のクリームを口いっぱいに楽しめる、贅沢な一品です。

 

7.チョコレートショートケーキ

f:id:satomi77:20180105135840j:plain

濃いチョコレート色が食欲をそそるのが、チョコレートショートケーキ。チョコレートクリームが特長的なスイーツです。

 

もったりとしたチョコレートクリームは、最初は口当たりの良い甘さが楽しめ、後からほんのりビターな味わいが感じられます。この味の変化が後を引きます。
スポンジ生地は硬めで食感があるので、小さいながらも食べ応えアリ。

 

チョコレート好きにはたまらない一品で、コーヒーや紅茶のお供にもぴったりです。

 

8.リュバーブタルト

f:id:satomi77:20180105135902j:plain

ヨーロッパでポピュラーな野菜、リュバーブを使ったのがリュバーブタルト。甘酸っぱい味が楽しめます。

f:id:satomi77:20180105135923j:plain

やわらかくしっとりめの生地は、優しい甘さ。一番外側はサクサクなので、二つの食感が楽しめます。

 

真ん中にあるリュバーブは甘酸っぱさが強く、いいアクセントに。強いけれどスッキリした甘酸っぱさがクセになります。
1カットが細いので、ぺろっと食べられるタルトです。

 

9.パッションフルーツのケーキ

f:id:satomi77:20180105135943j:plain

パッションフルーツのケーキは、生地がサクサクでホロホロとほどけていきます。
甘酸っぱさはほんのり感じられるくらいなので食べやすく、お茶請けや食後にもぴったりです。

 

10.フルーツ

f:id:satomi77:20180105140001j:plain

f:id:satomi77:20180105140010j:plain

パークストリートのランチビュッフェでは、様々なフルーツも食べ放題。訪れた日は、
・酸っぱさが抑え目で食べやすい、グレープフルーツ
・シャリシャリ食感が心地良い、ラ・フランス
・酸味がやや強めでみずみずしい、パイナップル
・果肉たっぷりでジューシーな、オレンジ
4種類の、新鮮で品質の良いフルーツが楽しめました。

 

11.パングラタン

f:id:satomi77:20180105140030j:plain

しっとりしていてプリプリ食感が味わえるパングラタンは、優しい甘さが味わえます。甘過ぎないので食べやすく、いくつでも食べられるスイーツです。

 

12.オレンジゼリー

f:id:satomi77:20180105140051j:plain

パークストリートのオレンジゼリーは、見ただけでもプルプル感がわかります。見た目通り、ちゅるちゅると口の中に入っていくゼリーです。

 

非常に香りが良いオレンジの味は苦みやえぐみがなく、ほんのり甘酸っぱい。優しい甘酸っぱさなので、お子さんでも食べられる一品です。

 

13.赤ピーマンとココナッツのムース

f:id:satomi77:20180105140111j:plain

他では食べられないユニークなスイーツが、赤ピーマンとココナッツのムース。てっぺんにはフルーツではなく、カットされた赤ピーマンが乗っています。

 

真ん中のココナッツムースは、クセがないスッキリ爽やかな味。
ピンクの部分にはなんと、小さくカットされたピーマンが入っています。食べた際に、甘さの後にピーマンの苦みが感じられます。

 

ユニークな味わいのスイーツも、パークストリートのビュッフェでは食べ放題です。

 

▽パークストリートのビュッフェの食事メニュー
ここからは、パークストリートのビュッフェの食事メニューも一部ご紹介していきます。

 

・チーズラクレット

f:id:satomi77:20180105140138j:plain

パークストリートの冬のグルメバイキングでは、ライブキッチンにて出来立て熱々のチーズラクレットが食べられます。


チーズは少し粉っぽさが感じられるものの、具材にたっぷりかかっているのが嬉しいです。特にブロッコリーと相性が良く、素材の味を活かしながらチーズの旨味が堪能できます。

 

・合鴨パストラミとカマンベールチーズのピンチョス

f:id:satomi77:20180105140203j:plain

合鴨パストラミとカマンベールチーズのピンチョスはどの具材も噛み応えがあり、前菜にぴったり。口当たりのよいカマンベールチーズ、ジューシーな合鴨パストラミ、濃い目の味付けのオリーブが一度に味わえてたまりません。

 

・スモークサーモンのタルタル風

f:id:satomi77:20180105140220j:plain

スモークサーモンのタルタル風は、バゲットと一緒に食べます。
スモークならではの芳醇な香りと、塩気の強いサーモンが後を引きます。バゲットに乗っけて食べれば、至福のひと時を味わえます。

 

・国産・USローストビーフの食べ比べ

f:id:satomi77:20180105140239j:plain

冬のグルメバイキングでは、ローストビーフも食べ放題。しかも滅多にない、国産・USビーフの食べ比べができます。

f:id:satomi77:20180105140727j:plain

画像右側の国産のローストビーフはお肉の厚みがあり、ジューシー。お肉の味がガツンと楽しめ、食べ応え抜群です。


USローストビーフは打って変わって、赤身のお肉ならではの口当たりの軽さが味わえます。お肉でありながら、さっぱり食べられるのが特長。

好きな方だけ食べるもよし、食べ比べするもよし。お肉好きなら外せないローストビーフです。

 

・フカヒレスープメン

f:id:satomi77:20180105140801j:plain

パークストリートのランチビュッフェではなんと、フカヒレが入ったラーメンも食べ放題。驚きと興奮が隠せませんでした。

f:id:satomi77:20180105140816j:plain

トロトロあんかけとダシが効いたスープは、体によ~く染みます。喉ごしが良い麺と一緒に、フカヒレも味わえて言うことなし。丼のサイズが小さいので、お代わりもいけちゃいます。

 

▽吉祥寺第一ホテル、パークストリートのランチビュッフェのまとめ

f:id:satomi77:20180105140839j:plain

パークストリートのランチビュッフェのスイーツは、どれも外れなし。ホテルメイドならではの、手の込んだスイーツがたっぷり楽しめます。


中には赤ピーマンとココナッツのムースのような、ユニークなスイーツも食べられるのが面白いです。ユニークなスイーツも、ビュッフェなら気兼ねなく食べられます。

食事メニューは和洋万遍なく取り揃えているので、三世代の家族が訪れても楽しめるビュッフェとなっています。

 

◇パークストリートの客層について
今回訪れたのはクリスマス後の平日だったため、年齢層は若干高め。家族で来ている方も見受けられました。落ち着いた雰囲気で、みなさんビュッフェを楽しんでいました。

 

◇ゆったりとしたアトリウム空間でスイーツが味わえる「パークストリート」
吉祥寺第一ホテルのパークストリートでは、5フロア吹き抜けのゆったりとしたアトリウム空間でビュッフェが楽しめ、毎日の疲れを癒してくれます。

ビュッフェにはホテルメイドならではのスイーツが並び、お腹だけでなく心も満たしてくれます。

 

食事メニューは種類が豊富なので、幅広い年代が楽しめます。駅からホテルまでのアクセスも良く、家族で利用するのにもぴったり。

 

パークストリートのビュッフェに訪れて、たまには人が作ってくれたスイーツやご飯をお腹いっぱい食べてみませんか!?

 

吉祥寺第一ホテル パークストリート
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-14 2F

www.hankyu-hotel.com

 

スポンサードリンク