女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

日本橋「浜町」駅周辺 おすすめカフェ5選

f:id:satomi77:20171108144541j:plain

 

日本橋「浜町」って?

 

江戸の中心日本橋。「浜町」は日本橋「浜町」と呼ばれる東京の中心部にあたる地域です。古くは多くの武家屋敷が広がり、老舗の個人商店が立ち並んだ商いの街でした。今でもその面影が残るお店が並び、時が止まったかのように穏やかなエリアとなっています。


都営新宿線「浜町」の駅から地上に出ると、

f:id:satomi77:20171108143912j:plain

改装が終ったばかりの明治座界隈!美しい銀杏の並木が素敵に出迎えてくれます。

f:id:satomi77:20171108143923j:plain

そして、憩いの場「浜町公園」も!


このようにのんびりした趣のある街「浜町」は実は都内屈指のカフェ充実エリアとしても知られています。「浜町」そして「人形町」「水天宮」とそぞろ歩きにはもってこいのおしゃれカフェが目白押し!今回はそのなかでも「浜町駅」に近いおすすめカフェを紹介します!

スポンサードリンク
 

 

千日カフェ

浜町A2の出口を上がって浜町の銀杏並木を明治座方面へ進みます。左手にあるカレー屋さんの2階が「千日カフェ」さんです。

f:id:satomi77:20171108143939j:plain

通りに面した雑居ビル、上り階段の辺りには看板が・・・

f:id:satomi77:20171108143953j:plain

こんな感じの設えなので正直このカフェの凄さはこの時点では全くわかりません。いやぁ残念です。本当に残念!ビル右手の階段を上がるとこちらが入り口です。

f:id:satomi77:20171108144001j:plain

そして扉を開けるとなんとそこは・・・呉服屋さん!そう呉服屋×カフェの究極のコラボレートを実現しているのがこちら「千日カフェ」さんです。水天宮の改装・移設に伴いその期間約1000日限定で設置されたと聞いて、「なるほど~」と納得。本物の老舗のきもの屋さんがカフェなのだから他では味わえない雰囲気に触れられますね。

f:id:satomi77:20171108144013j:plain

扉を開けると上品な老婦人が「いらっしゃいませ」と迎えてくれました。写真は扉を入って右手を見たところです。こちらには畳張りの旧接客スペースが広がります。

f:id:satomi77:20171108144031j:plain

いかがですか?風格ある和の家具としっぽりとした低いチェア。その横には漆の衣桁に古典柄の反物が掛かっています。

f:id:satomi77:20171108144044j:plain

こちらは販売されている籐のバック。その他にも和小物はもちろんストールやファッション小物まで幅広く取り扱われていて楽しめます。

f:id:satomi77:20171108144052j:plain

こちらは入り口左側。大テーブル席にはファッション系のムック本が置かれています。ここでものんびりできる空間作り。そしてガラス窓の向こうには道を挟んで明治座が見えます。

f:id:satomi77:20171108144103j:plain

テーブルごとおかれているメニューは手作り。フォルムは同じですが文字やディテールが全て違っています。このこだわりには驚きです!そんなこだわりのカフェでのオーダーはやはり和のスイーツ!すっかり秋の気配、ちょっと肌寒い昼下がりにはこちらの「くり善哉」をおすすめします。

f:id:satomi77:20171108144114j:plain

先ずはアツアツ。そしてしっかりとした甘みのある善哉です。白玉はとっても柔らかく歯ごたえのある栗との相性もぴったり!あずきの粒感もちょうど良く、食感のバランスがとれた逸品だと思います。

 

そして塩昆布がもの凄くパンチがあります。この善哉の甘さに絶妙にマッチ。全くもってクセになる組み合わせですよ。最後まで美味しくいただきました。期間限定のカフェです。ぜひ早めに足を運んで下さい。

 

<カフェ情報>

名称:千日カフェ
住所:東京都中央区日本橋浜町2-30-6 2F
電話:03-5640-8568
交通:都営新宿線「浜町駅」徒歩2分。浜町駅から125m
営業時間:9:00~18:00
定休日:年中無休
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13164673/

 

喫茶 花やぐら

f:id:satomi77:20171108144244j:plain

「千日カフェ」さんと道を挟んで向かい側ある明治座。明治6年の開場以来、「銀座歌舞伎座」「新橋演舞場」などと同じく日本を代表する劇場として長年親しまれてきました。特に昨今では大衆性の高い座長公演やミュージカルと幅広いラインナップで賑わっています。

 

この明治座の1階ロビーにあるのが「喫茶 花やぐら」。入り口は劇場ロビー側と道路からの2箇所があります。

f:id:satomi77:20171108144259j:plain

f:id:satomi77:20171108144311j:plain

写真は明治座ロビーからの入り口です。可愛らしくメニューがディスプレイされています。

f:id:satomi77:20171108144324j:plain

うかがった時間帯が丁度幕間だったので、店内には多くのお客様がいらっしゃいました。そして入場の案内とともにサッと皆さん会場内へと移動です。

f:id:satomi77:20171108144342j:plain

やはり劇場への入場直後はお客さんも少なくなります。すると落ち着いたくつろげるカフェへと早変わり!のんびりとした雰囲気の中で注文したのはこちらの「明治座コーヒーフロート」。

f:id:satomi77:20171108144351j:plain

アイスコーヒーの上に名物「明治座ソフトクリーム」とあずきをトッピング!オリジナルのソフトクリームは濃厚で芳醇。ミルクの味わいがダイレクトに伝わってきます。

量感も質感も兼ね備えていてなかなかの食べごたえ!まろやかで美味しいですよ。あずきは甘すぎずソフトクリームとの相性がばっちり。

 

コーヒーにクセが無く、トッピングを際立たせてくれます。明治座での観劇も合わせて楽しむのもいいですね。

 

<カフェ情報>

名称:喫茶 花やぐら
住所:東京都中央区日本橋浜町2-31-1 明治座アネックスビル 1F
電話:03-3660-3967
交通:都営新宿線「浜町駅」徒歩2分。浜町駅から128m
営業時間:9:30~16:30
定休日:不定休(明治座に準じる)
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13161871/

 

 

おやつのこぼく

f:id:satomi77:20171108144420j:plain

どうですか?かわいいフラッグですよね?浜町のA2口を出て振り返ると「浜町公園」。ほのぼのとしたアットホームなカフェとして注目の「おやつのこぼく」さんは公園の裏手の路地裏にあります。朝オープンと同時に訪ねると、店内3席6人のイートインスペースは満席で、既に数名の行列!人気の程がうかがえます。

f:id:satomi77:20171108144435j:plain

外で少し待っているとテイクアウトのお客様もたくさん訪れてきます。皆さん店員さんと世間話をしながら楽しそう。微笑みながら見ているとその店員さんが出てきてくれました。「空いたらお電話お掛けしますよ。」・・・とても親切!これが人気の一端なのでしょう。遠慮なくお願いして辺りを散策です。

f:id:satomi77:20171108144455j:plain

浜町公園に隣接する「清正公寺」。加藤清正を祭るこの神社、江戸時代武家屋敷が立ち並んでいた浜町ならではの史跡ですね。この界隈は趣も深く、歩いていて飽きません。10分ほどで「今席が空きました。」の電話を頂き入店。

f:id:satomi77:20171108144516j:plain

f:id:satomi77:20171108144525j:plain

店内はナチュラルな木目の小さなテーブルが3つ。壁には真っ直ぐにベンチシートが置かれていてかわいらしくシンプルな作りです。女子率が高いのもうなずけますね。ケーキ用の小さなショーケースの他には丸テーブルにオリジナルの焼き菓子が数種類。

 

こちらも大人気!たくさんのお客さんが引っ切り無しに訪れて買ってゆきます。ショーケースの前で悩んでいると・・・「一番人気はチーズケーキです!」と教えてくれました。目配り・気配り・心配りが揃った居心地の良いお店!そんな印象が深まります。

f:id:satomi77:20171108144541j:plain

こちらがおすすめの「チーズケーキ」!とにかくふっくらとして軽い口当たりです。ベイクド系・レア系共にヘヴィーなトレンドが続くチーズケーキですが、こちらのケーキはあっさりとしてとても食べやすい印象。チーズが強すぎず上品なスフレを食べているような感じです。

f:id:satomi77:20171108144551j:plain

添え付けの洋梨のコンポートがとてもフルーティーで素敵なアクセントとなっています。大きさもちょうど良し!もう女子大好き満載のケーキ屋さんです。営業日が変則なのでぜひ確認して訪ねてみて下さい!

 

<カフェ情報>
名称:おやつのこぼく
住所:東京都中央区日本橋浜町2-52-5 矢ケ崎ビル1F
電話:050-5277-5702
交通:都営新宿線「浜町駅」から徒歩3分程。浜町駅から224m
営業時間:火・水・金・土 / 11:00~18:00
定休日:日曜日・月曜日・木曜日 夏季休業あり
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13195078/

 

東京洋菓子倶楽部

清洲橋通り久松町交差点近くにある老舗の洋菓子店「東京洋菓子倶楽部」。市川にある「ドルチア」を本流に持つ地元の方々から絶大の支持を得ている人気店です。

f:id:satomi77:20171108144617j:plain

この日も店内のショーケース前には引っ切り無しに来店がある盛況ぶり!驚くのは結構男性のお客さんが多いこと。ウィークデーに普段着で午前中に来店なのは浜町近くに住んでいる人なのだろうと思います。しっかりとファンが付いているのですね。

f:id:satomi77:20171108144631j:plain

先にオーダーをしてから席に着くスタイル。このショーケースの中で2大人気商品は「ショートケーキ」と「モンブラン」です。マロンクリームをそのままヘラで塗るタイプの「モンブラン」はフォルムも可愛らしいと評判です。そしてもう一方の主役は「ショートケーキ」!本日はこちらをチョイスしました。

f:id:satomi77:20171108144711j:plain

店内は昔懐かしい町のケーキ屋さん。そんなホッとするような暖かみがこのお店の持ち味です。

f:id:satomi77:20171108144723j:plain

天井にはゴージャスなシャンデリア。広い窓からは光が差し込み気持ち良いです。外には大きな通りが見えてとても開放的。こういう立地の良いケーキ屋さんってあんまりないですよ。外の景色を見ながら待つこと10分、お目当ての「ショートケーキ」が届きました。

f:id:satomi77:20171108144737j:plain

オーソドックスを絵にかいたようなショートケーキの登場です。真ん中の生クリームの層にはスライスされたいちごが敷き詰められています。これってどこから切っても均一に行き渡りますね。などと感心しながら一口・・・軽い!フワっとして口どけの良い生クリームに気持ちを持っていかれます(笑)。

 

美味しい!上品で香りの高いクリームの間から甘みを抑えたいちごが絶妙な食感で現れます。スライスのいちごを使う意味がこんなところにもあったのですね。全体的なボリューム感も丁度良く老舗の実力に納得した午後でした。


<カフェ情報>

名称:東京洋菓子倶楽部
住所:東京都中央区日本橋浜町1-1-12 プラザマーム 1F
電話:03-3865-4649
交通:都営新宿線「浜町駅」から徒歩2分程
メトロ日比谷線「人形町駅」から徒歩5分程。浜町駅から190m
営業時間:月~金 / 10:00~19:00(喫茶L.O.18:00)
土・日・祝 / 10:00~18:00(喫茶L.O.17:00)
定休日:12/31~1/3
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13003734/

 

 

ブック シェルフ カフェ

f:id:satomi77:20171108144803j:plain

「東京洋菓子倶楽部」さんと道を挟んで向かい合わせにあるのが「ブック シェルフ カフェ」さんです。「常陸野ネストビール」のオブジェが可愛いらしいですね。

 

こちらのカフェの運営はITの会社。無料で店内にある11台のタブレットが使えてしまいます。またフリーWi-Fiや無料電源などPCを使う人なら知っていて損はありませんね。

f:id:satomi77:20171108144919j:plain

その他にもノマドワーカーの方々を特集したブックが置かれ、今時のおしゃれなカルチャーリーダーが集まりそうな素敵な雰囲気。最近では大手企業も新しくオフィスを構えるようになり変貌していく「浜町」を象徴するようなお店ですね。

f:id:satomi77:20171108144937j:plain

ランチタイムは14:00まで。ティータイムはそれ以降となります。夜はダイニングバーとしても賑わう人気店。そのような理由もありメニューもかなり幅広いのです。その代表格がこちら!

f:id:satomi77:20171108144953j:plain

かわいいふくろうのマーク!このデザインが世界を席巻している「常陸野ネストビール」のロゴです。目を引きますよね。

 

現在では世界約40か国以上で販売され、日本の地ビールの中でも特にアメリカでもっとも知名度が高いと言われています。1997年以来世界で実に45以上の賞の受賞歴がある「常陸野ネストビール」、お酒好きならおすすめですよ!

 

さて、女子リキスイーツ部としてはアルコールの話ばかりではいけません。豊富なメニューの「ブック シェルフ カフェ」のティータイム、ぜひオーダーしたいのがカフェ・ラテ。

f:id:satomi77:20171108145011j:plain

見事なコントラストです。デフォルトでこの美しさ!お願いすれば好みのラテアートも30円増しで作ってもらえます。ドリンクはぜひこちらをどうぞ。そしてスイーツのおすすめは・・・

f:id:satomi77:20171108145021j:plain

こちらの「ベイクドチーズケーキ」です。しっかりとした濃厚なチーズの味わいとホロホロと崩れるような口当たりの良いタルト生地。ホイップクリームやベリーなどが付いていますが、このチーズケーキはそのままで美味しくいただける優れもの!また先ほどのカフェ・ラテとの相性も抜群です。

 

ケーキ好きのあなたにはチーズケーキの他「シフォン」「チョコレート」の計3種類を豪快に盛り合わせたケーキセットはいかがでしょう?女子二人なら3種類を効率よく食べ比べることも出来ますね。

 

伝統の息づく街「浜町」にある”今時”のコンセプトカフェ「ブック シェルフ カフェ」さん。ぜひ訪ねてみて下さいね。

 

<カフェ情報>

名称:ブック シェルフ カフェ
住所:東京都中央区日本橋浜町2-35-4 日本橋浜町パークビル1F
電話:050-5592-9355
交通:都営新宿線「浜町駅」から徒歩2分。東京メトロ人形町駅から徒歩5分
営業時間:月~金 / 8:30~22:00 土 / 10:00~18:00
定休日:日曜日
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13129886/

 

 

「浜町」のおすすめカフェ5選いかがでしたか?「和カフェ」から「老舗洋菓子店」、また特徴的なコンセプトカフェまでとても幅広くて驚きます。

 

公園と銀杏並木を中心とした街並みもこれから秋が深まりより素敵に様変わりしてゆきます。路地にある個性的なお店を散策しながら過ごすのもとても楽しいと思いますよ!

スポンサードリンク