女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

横浜国際ホテルのバイキングレストランオーク 口コミ

 

f:id:satomi77:20171018131600j:plain

今回は神奈川県にある、横浜国際ホテルのバイキングレストランオークに行って来ました!今回訪れたのは、平日のランチビュッフェです。

こちらのビュッフェでスイーツをたくさん食べて来たので、レポートします。

スポンサードリンク
 

 

f:id:satomi77:20171018131609j:plain

横浜国際ホテルは、JR各線や東急東横線などの横浜駅を下車、徒歩5分の距離にあるホテルです。ホテルは2017年10月に訪れた際は、改装中となっていました。

f:id:satomi77:20171018131620j:plain

f:id:satomi77:20171018131628j:plain

f:id:satomi77:20171018131635j:plain

f:id:satomi77:20171018131642j:plain

 

入り口から入り、エレベーターで10階まで上がります。エレベーターを降りてすぐのところにあるのが、バイキングレストランオークです。

 

▽オークについて

f:id:satomi77:20171018131716j:plain

f:id:satomi77:20171018131726j:plain

f:id:satomi77:20171018131733j:plain

f:id:satomi77:20171018131740j:plain

横浜国際ホテルのオークは、11時からランチビュッフェを行っています。
平日は100分制、土日は90分制で開催しています。

 

オークの店内はコンパクトです。内装はシックでお洒落ながら、肩ひじを張らない雰囲気。大変居心地の良いお店です。掃除も行き届いていて、非常に綺麗です。

f:id:satomi77:20171018131754j:plain

ランチタイムはバーカウンターでもビュッフェを楽しむことができます。

f:id:satomi77:20171018131808j:plain

テーブルはランチョンマットも敷いてあり、お洒落です。お皿を広げるには十分な広さがあります。席によっては他のお客さんとの距離が近くなりますが、ほどよく離れているので気になりません。

f:id:satomi77:20171018131820j:plain

f:id:satomi77:20171018131828j:plain

訪れた日はあいにくの雨でしたが、晴れの日なら窓から横浜の風景を見ることができます。

f:id:satomi77:20171018131844j:plain

ドリンクは入り口付近にあります。コーヒーや紅茶をはじめ、様々なドリンクが飲めます。お水はスタッフの方が随時注いでくれます。

 

▽オークのスイーツのビュッフェ台

f:id:satomi77:20171018131905j:plain

f:id:satomi77:20171018131922j:plain

スイーツは入り口付近の一角にあります。月替わりメニューや日替わりメニューもあるのが特長です。

 

▽オークのビュッフェのスイーツ


1.紫芋のミルフィーユ

f:id:satomi77:20171018131953j:plain

オークのスイーツメニューには、月替わりの自家製ミルフィーユがあります。10月は紫芋のミルフィーユ。ビュッフェ台から好きなだけ取ることができます。

f:id:satomi77:20171018132004j:plain

紫芋のミルフィーユは、紫芋がたっぷり味わえるのが特長。カットされた紫芋と、ペースト状の紫芋の2種類が味わえます。


味はいくつでも食べられそうな上品な甘さ。生地はしっとり感が強く、ほどよくサクサク。生クリームはなめらかで、スッキリした甘さです。たくさん食べても、もたれない味です。

 

紫芋のミルフィーユは、甘さを口いっぱい堪能できるスイーツです。

 

2. カフェコンジェラート

f:id:satomi77:20171018132034j:plain

カフェコンジェラートは、スタッフの方に声を掛けて注文するスイーツです。
冷たいバニラアイスクリームに、熱々のエスプレッソをかけます。

f:id:satomi77:20171018132046j:plain

カフェコンジェラートは熱々のエスプレッソがかかることで、アイスはとろっとして、ちゅるんとします。独特の食感がクセになります。

 

容器の下にあるエスプレッソは、アイスの甘さが溶けることで格別な味わいに。エスプレッソの苦みとコクは、バニラアイスクリームの甘さとベストマッチです。独特の食感と、熱冷たい不思議な感覚を是非体験してみてください。


3.メープルのパウンドケーキ

f:id:satomi77:20171018132110j:plain

メープルのパウンドケーキは、食べやすい一口サイズです。
生地はしっとりしていて固め。食べ応えがあります。


噛むごとにメープルの優しい甘さが、どんどん味わえます。
またメープルの良い香りもたまりません。


生クリームと食べれば、より旨味が増します。メープルのパウンドケーキはしっかり甘さが味わえながらも、しつこくない。メープルの絶品な味を楽しめるスイーツです。

 

4.自家製紅茶ジャムとパン

f:id:satomi77:20171018132140j:plain

オークのパンコーナーには、口コミでも好評な自家製紅茶ジャムがありました。こちらのジャムをクロワッサンと一緒に頂くことに。

f:id:satomi77:20171018132155j:plain

自家製紅茶ジャムは他では真似できない、口当たりの良い味わいです。甘さが強く、上品な紅茶の香りが鼻に抜けていきます。その瞬間がたまりません。
またジャムは弾力が強めで、食べ応えもあります。

 

クロワッサンはサクサクで、バターの味わいをしっかり楽しめます。
自家製紅茶ジャムをクロワッサンに付ければ、至福のひと時を味わえます。

f:id:satomi77:20171018132211j:plain

自家製紅茶ジャムはバゲットにも乗っけて食べました。バゲットだと非常に乗せやすいです。バゲットは小麦の香りが心地良く、サクサクとした食感が味わえます。


一緒に食べることで、紅茶ジャムの味わいは小麦の味に乗って、口いっぱいに広がります。自家製紅茶ジャムは口コミで好評なのもわかる、絶品ジャムです。家用にも欲しいくらいです。


オークのビュッフェなら、この自家製紅茶ジャムも食べ放題。気兼ねなく、たっぷりパンに乗っけることができます。

 

5.パンナコッタ

f:id:satomi77:20171018132232j:plain

パンナコッタは好きなだけ取ることができます。フルーツいっぱいなのが嬉しい一品。
小さくカットされているので、子どもも食べられます。

f:id:satomi77:20171018132243j:plain

フルーツはシロップに浸かることで、新鮮さはそのままで味がさらにアップ。甘過ぎないので食べやすいです。


中にはナタデココや、ミルク感の強いパンナコッタも入っています。味と食感の変化も楽しめます。

 

オークのパンナコッタはすっきりとした味わいで食べやすく、最後まで飽きさせない。味を変えたい時にもぴったりな一品です。

 

6.イチゴのスフレ

f:id:satomi77:20171018132303j:plain

イチゴのスフレは色鮮やかで、見た目が可愛らしいスイーツです。食べると、イチゴの優しい甘さがガツンと味わえます。イチゴ感が素晴らしく、食べると思わず笑みがこぼれます。

 

生地はしっとりしていて、素朴な甘さ。全体の味を支え、引き締めています。生クリームと食べれば甘味が増すだけでなく、イチゴの味と香りが引き立ちます。

 

イチゴのスフレは見た目が良いだけでなく、味も良い。ついついお代わりしたくなるスイーツです。

 

7.ソフトクリーム

f:id:satomi77:20171018132326j:plain

f:id:satomi77:20171018132333j:plain


ソフトクリームは機械から出します。トッピングとして各種ソースをかけられるので、アレンジが自在です。

f:id:satomi77:20171018132403j:plain

最初は焦がしキャラメルのソースをかけました。このソースは、かけてからしばらく経つと固まるのが面白いです。時間が経つと、パリっとします。

 

キャラメルソースは香ばしく、コクのある甘さ。ソフトクリームと相性はよく、甘みが増すのでどんどん食べられます。ソフトクリームはミルク感が濃いのに、スッキリした甘さ。シャリっとした食感も楽しめます。

f:id:satomi77:20171018132418j:plain

ソフトクリームの2回目は、オリーブオイルをかけました。「アンチエイジングにいい」というフレーズがポップにあったので、かけずにはいられません。

 

ソフトクリームとオリーブオイルは、意外にもマッチしてます。オリーブオイルをかけることで甘さが引き立ち、コクも増えて濃厚な味わいに。味が良くアンチエイジングにも良いと言われれば、ついついスプーンが進みます。

 

8.日替わりデザート(マンゴープリン)

f:id:satomi77:20171018132443j:plain

オークのスイーツメニューでは、日替わりデザートがあります。訪れた日の日替わりデザートは、マンゴープリンでした。パイナップルも乗っていて、思わず嬉しくなる一品です。

 

f:id:satomi77:20171018132458j:plain

マンゴープリンは弾力があり、甘みが強め。ほのかなマンゴーのフルーティさを味わえます。パイナップルは甘みが強く、マンゴープリンと一緒に食べれば甘さを存分に楽しめます。マンゴープリンは甘みが強く、クセになる弾力を堪能できる一品です。

 

9.フルーツ

f:id:satomi77:20171018132517j:plain

旬のフルーツとして、パイナップルがビュッフェにありました。パイナップルは食べやすいサイズで、甘酸っぱくてどんどん食べられます。


料理の合間や、味を変えたい時にもぴったりです。フルーツを好きなだけ食べられるのも、ビュッフェの醍醐味です。

 

10. 黒ゴマの葛饅頭

f:id:satomi77:20171018132540j:plain

オークのビュッフェでは、和菓子もあります。黒ゴマの葛饅頭は一口サイズで、涼しげなビジュアルが特長です。

 

外はもっちり、中からはあんこが溢れてきます。あんこがぎっしり詰まっているのが、嬉しくなります。

 

またあんこにはゴマも入っているので、非常に香ばしいです。ゴマの豊かな香りが鼻に抜けていくのが、実に心地良いです。黒ゴマの葛饅頭は和菓子好きにおすすめの一品です。

 

▽オークのビュッフェ、食事メニュー

f:id:satomi77:20171018132604j:plain

オークのビュッフェではスイーツ以外にも、食事メニューがあります。今回はライブキッチンで作られた、一部のメニューをご紹介します。

 

・ローストビーフ

f:id:satomi77:20171018132624j:plain

ローストビーフは厚みがあり、食べ応えがある一品。マッシュポテトもあり、贅沢です。席に着くと、一皿目はスタッフの方が持ってきてくれます。

 

・五穀米のリゾット

f:id:satomi77:20171018132646j:plain

五穀米のリゾットは、チーズの豊潤な香りがたまりません。熱々で、チーズの旨味がギュッと詰まっています。各種穀物が入っていて、食感が良いのも特長です。

 

・しめじとベーコンのバジルパスタ

f:id:satomi77:20171018132704j:plain

しめじとベーコンのバジルパスタは、バジルの香りが鼻をくすぐります。食べれば口いっぱいにバジルの味を楽しめます。


麺はもちもちで、しめじの食感やベーコンの塩気がいいアクセントになっています。

その他にも様々な食事メニューが、オークにはあります。


▽まとめ

f:id:satomi77:20171018132727j:plain

オークはフロアがコンパクトサイズですが、居心地がよいです。どこかほっとする雰囲気の中で、気軽にビュッフェを楽しめます。お昼時になると、多くのお客さんで賑わっています。スムーズに入るために、予約をしてから行くのがおすすめです。

 

スタッフの方のサービスは、非常にきめ細やか。頻繁にお皿を下げてくれるので、常に快適な状態で食事ができます。立ち振る舞いも良く、気持ち良く食事ができます。

 

スイーツの数は種類が少ないですが、粒ぞろいです。月替わりや日替わりのメニュー、自家製紅茶ジャム、熱冷たいカフェコンジェラート。飽きさせないラインナップがあります。

 

スイーツをいっぱい食べたい、ママ友とランチをしたい、家族で心置きなくグルメを楽しみたい。横浜国際ホテルのオークは様々なシーンで利用できる、使い勝手のいいビュッフェです。


味は良くコストパフォーマンスが抜群で、お腹も心も満足できます。

 

そんな横浜国際ホテルのオークは大変残念ながら、2017年11月15日(水)に閉店してしまいます。閉店前に、早めに訪れてみてはいかがでしょうか!?


横浜国際ホテル
〒220-0005
横浜市西区南幸 2-16-28
http://kokusai-hotels.com/yokohamakokusai/index.html

 

スポンサードリンク