女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

港川外人住宅街【沖縄】カフェ5選 インスタ映えする可愛いお店がたくさん!

f:id:satomi77:20171003093001j:plain

沖縄では、米軍基地の人たちがかつて住んでいた住宅(外人住宅)を改装して、実際に住むだけでなくお洒落なカフェや雑貨店へと生まれ変わっています。

なかでもここ浦添(うらそえ)市の港川(みなとがわ)はそんな外人住宅のお店が集まっている場所で、“港川外人住宅街”と呼ばれ、観光客や女性に大人気なんです。

今回は、そんな港川外人住宅街からカフェを5つ選んで行ってきました~!

スポンサードリンク
 

 

美味しいピッツアならここ!“Secondo Casa”(セコンドカーサ)

f:id:satomi77:20171003091349j:plain

今では那覇に移転した人気ピッツェリア“PIZZELIA ONDA”(ピッツェリア・オンダ)の後継店となったのがこの” Secondo Casa”(セコンドカーサ)です。
店内に窯があり、出来立ての本格ナポリピッツアを味わうことができます。

f:id:satomi77:20171003091420j:plain

入口は奥の方です。

f:id:satomi77:20171003091429j:plain

木のぬくもり溢れる店内。窓の外の緑がまぶしいです。

f:id:satomi77:20171003091444j:plain

この日はちょうどランチタイムのせいもあってか満席。
右奥には個室も2つ用意されています。

f:id:satomi77:20171003091505j:plain

ランチメニューは
・パスタ
・ラザニア
・ピザ
・お肉
のいずれかから選び、
それぞれに
・無農薬野菜の生ハムサラダ
・ドリンク
がセットになるプラン。(ピッツア以外は自家製のパンも)
やはりここはピッツアを頼みたく、代表的なマルゲリータに。また、+200円でチーズをモッツアレラに変更できるとのことで、チェンジしてみました。

 

さらに、ちょっとピリ辛風味も欲しかったので、パスタランチのA.ナスとアンチョビのペペロンチーノスパゲティを頼み、友人とシェアすることに。
これは、複数人で来て、それぞれのプランでシェアしあえればたくさんの種類が食べられますね~

 

右ページの“いろいろ食べたいッ取り分けコース”も気になります……
(しかもこのコースの“やわらか牛ホホ肉のトマト煮込み”はランチメニューには入っていないメニューだし・・・・・・)

f:id:satomi77:20171003091523j:plain

セットのサラダです。
無農薬野菜のベビーリーフの上に載ってる生ハムが本当に美味しい!
夜はおつまみになるのかな~
味付けもベーシックにオリーブオイルと塩コショウ。オリーブオイルが美味しいからできる技ですね。

f:id:satomi77:20171003091538j:plain

ナスとアンチョビのペペロンチーノが先に来ました。
取り分けしていただきます。
パスタの茹で具合も、麺がぷりぷりでつるんと入ってしまいます。
アンチョビの塩加減とにんにくの効き具合ががちょうど良い!これは1人できたらパスタかピザか迷いそう……(でも他にラザニアもお肉もありましたね。うーん)

f:id:satomi77:20171003091552j:plain

使用しているパスタやオイルはお店で販売もしています。
f:id:satomi77:20171003091605j:plain
ピッツアが来ました~!
ここのピッツアは生地まで美味しく食べられます。
モッツアレラチーズに変えてもらって大正解です。濃厚なトマトソースとバジル、シンプルなピザは素材の良さがあってこそですね。
ランチだけでなく、カフェやディナー利用もおすすめのお店です。

 

☆Secondo Casa(セコンドカーサ)
沖縄県浦添市港川2-13-7 カンザスストリート41
・食べログ:https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470103/47017636/
・FACEBOOK:https://www.facebook.com/SecondoCasa1128/

 

 

美しくてかわいい大人気タルト“oHacorte”(オハコルテ)

f:id:satomi77:20171003091655j:plain

さて次に訪れたのはこちらの“oHacorte”(オハコルテ)。
国際通りの近くや那覇空港にも出店している、沖縄では大人気のフルーツタルトのお店の本店です。
入口からして可愛らしい佇まいですね。

f:id:satomi77:20171003091719j:plain

屋外のカフェスペースもあります。夏の季節は辛いかもしれませんが……

f:id:satomi77:20171003091733j:plain

店内も白と青でまとめられています。

f:id:satomi77:20171003091748j:plain

店内にはオハコルテのオリジナルグッズのほか、セレクトされた雑貨も並べられています。中央に据えられた焼き菓子はお土産に大人気。白と青のパッケージは思わず目を引きます。

f:id:satomi77:20171003091801j:plain

棚に並べられたフレッシュフルーツのタルトたち。
旬の厳選された材料を使って、美しく仕上げられたタルトは、「全部で」といいたくなるくらいどれも美しくて美味しそうです。

f:id:satomi77:20171003091814j:plain

カフェスペースは右奥に。
注文を済ませてから向かいます。

f:id:satomi77:20171003091829j:plain

今回のオーダーは“国産レモンのチーズタルト”
レアチーズケーキの気分でした。
f:id:satomi77:20171003091844j:plain
そしてホットの紅茶(オレンジペコー)
こちら、食器とお手拭き、トレー、そして砂糖の包み紙に至るまで、全部“オハコルテ”のオリジナルデザインです。
ブルーに白地。可愛い鳥さんのモチーフ。
こだわりが感じられます~

f:id:satomi77:20171003091904j:plain

紅茶は抽出してから茶葉を取り除いてポットに入れてくれているので、時間がたっても濃くなることなく飲めますよ~

f:id:satomi77:20171003091918j:plain

さらに、アイスティーの場合は、抽出した紅茶を別容器に入れておいてくれ、自分でコップに注ぐので、時間がたっても氷が溶けて薄くなることなく飲めます。
少しずつ調整して注げばいいのですものね。
細かいところかもしれませんが、気配りがうかがえますね。

 

オハコルテはこの港川店以外にも4店お店を出しています。
松尾店と那覇空港店は焼き菓子専門でイートインスペースはありませんが、お土産物を買うのにちょうど良い立地です。

 

☆oHacorte(オハコルテ)
沖縄県浦添市港川2丁目17-1 #18
http://www.ohacorte.com/shop/index.html
http://www.ohacorte.com/about/
https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470404/47005114/

 

デザートも美味しい人気のイタリアン、“La Vita”(ラ・ヴィータ)

f:id:satomi77:20171003092007j:plain

“La Vita”(ラ・ヴィータ)は、港川外人住宅街の中心近くに位置する人気のイタリアン。

f:id:satomi77:20171003092024j:plain

店内はほぼ白一色で統一された、爽やかなインテリア。
置いてあるグリーンが白一色の壁と天井のちょうど良いアクセントになっています。

f:id:satomi77:20171003092039j:plain

奥には個室が3つ。ラヴィータはこの外人住宅街のなかでも広めのレストランなので、パーティや女子会にも人気なのだとか。
手前の個室にあるのが見えていますが、ベビーチェアやお手洗いにはおむつ替え用のベッドもあったので、お子様連れの家族やママ友会にも良いかも。

f:id:satomi77:20171003092051j:plain

今回は手前の個室に案内されました。テーブル2つでキャパは8名ですが、独り占めできましたよ。
静かにランチを楽しめました。

f:id:satomi77:20171003092104j:plain

ランチメニュー。
ピッツアは20cmとミニサイズで食べやすそうですね~
スープとサラダは別セットになっています。
まずはパスタ+パンにすることに。
沖縄のもとぶ牛を使ったというボロネーゼを注文。

f:id:satomi77:20171003092119j:plain

それから、珍しい巨峰のティラミスをオーダー。
ケーキセットにすれば、ドリンクが100円引きになるとのことで、レモングラスのハーブティーも頼みましたよ。

f:id:satomi77:20171003092135j:plain

お水のピッチャーがあるのは嬉しいサービスですね。
こうした個室だと、なかなかお水のために店員さんを呼ぶのがはばかられるので……

f:id:satomi77:20171003092150j:plain

さて来ました。ボロネーゼ。
もとぶ牛を使っているだけあって、牛肉の旨みが感じられるソースでした。上にはパルメザンチーズがたっぷり。
見た目少なそうなのですが、実は量が結構あります。

f:id:satomi77:20171003092205j:plain

アップ写真だと伝わるでしょうか……
ボロネーゼのソースはたっぷりで、実は中にもちゃんとボロネーゼが仕込まれているので最後までアツアツで食べられますよ~余っちゃうくらいです。

f:id:satomi77:20171003092219j:plain

そこで自家製パンの登場です。本日のパンはゴマ入り。
表面だけカリッとなるように焼いてあります。中は柔らかい。
余ったソースをこちらのパンと一緒にいただきました。

f:id:satomi77:20171003092233j:plain

ケーキセットのポットサービスのレモングラスティー
沖縄では、ドリンクとしてレモングラスティーを見る機会が多いか思いますが、実は沖縄ではレモングラスは一年中収穫できるハーブの一つなのです。

f:id:satomi77:20171003092248j:plain

そして、巨峰のティラミス!
一見普通のティラミスなのですが……
f:id:satomi77:20171003092256j:plain
ベースの部分に、巨峰が練りこまれていました。
意外にも、巨峰のみずみずしさが、マスカルポーネチーズとココアに絶妙に合っている!
これは新しい発見かもしれません。

一杯食べて大満足!のランチ&デザートでした。

 

☆La Vita(ラ・ヴィータ)
沖縄県浦添市港川2-15-3 No.31
https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470404/47007499/

 

 

ミルクをかき氷にしたふわふわスノウ!“Iemanja”(イマンジャ)

f:id:satomi77:20171003092438j:plain

さて、続いてご紹介するのは、こちらのお店.
2016年11月にOPENした“Iemaja”(イマンジャ)です。
まだ食べログにも未掲載のお店。

f:id:satomi77:20171003092456j:plain

看板にもある通り、カフェとセレクトショップが併設されています。
中に入るとふわっとアロマの香りが。
毎日その日の気候に合わせて店内のアロマを変えているのだそう。
この日はユーカリでした。

f:id:satomi77:20171003092509j:plain

奥にはカウンターも。

f:id:satomi77:20171003092523j:plain

こちらがメニュー。
手前がスイーツの“イマンジャ特製ふわっふわスノウ”(かき氷だそうです)
そしてお食事メニューはおかゆがメインとのこと。

どちらも気になりますが、やはりスイーツ部としてはスノウなのかなと。
さらに、下の美容抹茶スノウ、美容きな粉スノウも気になりますが……
(効能がたくさん書いてある“コラーゲンたっぷり美容亀ゼリー入り”とか……)

 

f:id:satomi77:20171003092539j:plain

やっぱりここはマンゴースノウ!(笑)
マンゴーの誘惑には逆らえません。

f:id:satomi77:20171003092551j:plain

氷というより、牛乳を削った“スノウ”は、口に含んでも水っぽさが全くなく、甘みのあるミルク味が広がります。
これは他で食べたことのない味と食感です。
また、マンゴーがたっくさん!載っているので、デザートやスイーツと侮るなかれ、それなりにお腹を空かせていかないと食べきれない代物です。
よく考えたら、水ではなくて牛乳。牛乳ってお腹にたまりますよね……。

f:id:satomi77:20171003092606j:plain

そんなに食べきれない……!というアナタにはこちらのドリンクメニューも。
スノウは二人以上でシェアして、ドリンクを頼んでみるのはいかがでしょうか。
こちらにも”美容”の文字があります。“美容”と付くドリンクには全てカメゼリーが入っているのだそう。

f:id:satomi77:20171003092619j:plain

そしてカメゼリーとはこちら。
清王朝時代には宮廷のデザートとしても重宝された珍味で、亀のお腹の腹甲を干して粉末にしたものと数十種類の仙草やコラーゲンを含んだ薬膳のゼリーです。
ゼリーといっても、ゼラチンや寒天を入れて固めるのではなく、加熱されて固まったたんぱく質がゼリー状になっています。

 

見た目が黒いのがちょっと食べるのをためらわせますが、”お肌ぷるぷる“のカードが気になりますね。味は推して知るべしだそうです。
香港には亀ゼリー屋さんがたくさんあり、健康に意識の高い香港人に人気。実はあの叶姉妹も食べているとか、
実際、私がマンゴースノウを食べている最中、女子二名が美容ドリンクをテイクアウトしていかれました。
私も次回にはチャレンジしたいと思いましたよ。

 

実は“Iemaja”(イマンジャ)とはポルトガル語で“女神”の意味だそうです。
名前の通り、美に通じる食事が提供されている“Iemaja”(イマンジャ)。
なかなかないメニューなのでぜひ訪れてほしいですね。

 

☆Iemaja(イマンジャ)
沖縄県 浦添市2-17-2
https://www.facebook.com/iemanja.jp/

 

 

2017年8月OPEN! 京麩と沖縄黒糖の出会“COKOFU”(ココフ)

f:id:satomi77:20171003092715j:plain
最後にご紹介するのは、まだOPENしたばかりのお店、ヘルシーなお麩をメインとしたカフェ“COKOFU”(ココフ)です。
明るい黄緑の窓枠やドアがアクセントになっているこちらの建物。

f:id:satomi77:20171003092738j:plain

お店に入ると、まずはスイーツの売り場があります。

f:id:satomi77:20171003092752j:plain

京都の有名なお麩屋さん「半兵衛麩」にほれ込んだ店主が作ったスイーツは、甘みに沖縄の黒糖、そしてヴァージンココナッツオイルを使い、とってもヘルシーで軽い味わい。

味は
・黒糖
・ココナッツシュガー
・コーヒー
・ココナッツ
・シークァーサー
・パイナップル
と6つあり、いずれも試食が可能。

f:id:satomi77:20171003092904j:plain

カフェスペースは奥の部屋です。

f:id:satomi77:20171003092926j:plain

f:id:satomi77:20171003092935j:plain

こじんまりとした落ち着ける空間になっています。

メニューはコチラ。
沖縄らしさを活かしたドリンクと、右側は京麩を使った和のスイーツ。
ドリンクは
・シークワーサーソーダ
・梅ソーダ
・黒糖梅ソーダ
・さんぴん茶(ジャスミンティー)
・コーヒー(HOT/ICE)
原材料にこだわるだけあって、白砂糖やミルクは使っていません。
コーヒーに入れる砂糖はオリゴ糖か黒糖、ミルクは豆乳のみという徹底ぶりです。

また、スイーツは
・小豆冷製おしるこ
・焼き立て麩菓子(表にあったCOKOFUのココナッツシュガー味)
・桑の葉豆乳アイス
・生麩田楽
・生麩(よもぎ)山吹きな粉
(すべてお茶付き)
です。

ドリンクメニューにシークワーサーソーダやさんぴん茶、そしてスイーツのおしるこが冷たいところなどに沖縄風を感じます。
(沖縄にはおしるこはありませんが、ぜんざいがあります。沖縄ぜんざいはかき氷が入っていて冷たいのが一般的なのです)

f:id:satomi77:20171003093001j:plain

今回は、沖縄では珍しい、生麩田楽を頼みました。
添えられた紅葉のお麩は、暦の上では秋である9月にあわせて。
(とはいえ、沖縄では、10月くらいまでは余裕で30℃とかなりますが)
このお麩も季節に合わせて変えているそうです。

 

メインの生麩は、左から白に白みそ、胡麻にゴマ味噌、ヨモギにゆず味噌だそうです。
どれもスイーツということで、甘みを付けてあるのがポイント。
お茶は緑茶でホットとアイスと選べます。
実は、このお茶に浮かんでいる氷、ハート型なんです!可愛い~!

f:id:satomi77:20171003093018j:plain

さすがに京都の老舗店。
どのお麩もなめらかで、繊細なお味でしたよ。
あっというまに3本完食。それぞれ違った味が楽しめて良かったです。
また食べに行きたいお店ができました。
これから大注目のカフェですよ~

 

☆COKOFU
沖縄県浦添市港川2-12-7 港川外人住宅50号
HP:https://www.cokofu.com/cokofu
FACEBOOK:https://www.facebook.com/cokofuokinawa82/?ref=page_internal


港川外人住宅街には、ここで取り上げたカフェ以外にも素敵なお店がたくさんあって、5店選ぶのに難儀してしまいました。
那覇から近いので、沖縄観光の際にはぜひ行ってみてくださいね!

港川外人住宅街【沖縄】可愛いフォトジェニックな街並みへ女子旅 - 女子リキ

今回は、沖縄「港川外人住宅街」のカフェを紹介しましたが、女子リキでは港川外人住宅街にある女子向けのショップやアクセス方法などを紹介しています。

 

港川外人住宅街に訪れる際のコツなども紹介していますので是非、ご覧ください。

その他、港川外人住宅街関連の記事を2つシェアしますね。

entermeus.com

www.nhk.or.jp

 

スポンサードリンク