女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

沖縄「瀬長島ウミカジテラス」カフェ・レストラン5選

f:id:satomi77:20170811113112j:plain

那覇空港からほど近い、豊見城市にある瀬長島は、以前から気軽に立ち寄れる釣りやスポーツ、バーベキューなどのスポットとして地元民に人気でしたが、2015年夏に沖縄の新しい観光スポットとして、瀬長島ウミカジテラスがオープンしました。

 

海沿いには、異国のリゾートを思わせる白い建物が並び、飛行機の離発着を眺めながら食事やショッピングが楽しめる絶好のロケーション。

 

f:id:satomi77:20170811114019j:plain

今回は、そんな瀬長島ウミカジテラスで人気のカフェ・レストラン5店でおいしいドリンク・スイーツ・食事をいただいてきたのでレポートします。

スポンサードリンク
 

 

1.POSILLIPO cucina meridionale (ポジリポ クッチーナメリディオナーレ)

f:id:satomi77:20170811113225j:plain

ウミカジテラスの上、瀬長島ホテルの隣に建つイタリアン。六本木ヒルズのRigolettoなどの名だたる有名店を経営する株式会社HUGEの系列です。(そのため、正確に言うと、ウミカジテラスのレストランではないのですが、隣接しているということで含めました)

 

“ポジリポ”とはイタリア・ナポリにある「世界三大夜景」が見られるという“ポジリポの丘”のことだそう。店内の大きな窓はオーシャンビューになっていて、テラス席もあります。

 

f:id:satomi77:20170811113251j:plain

店内はかなり広いですが、人気店のため、予約をしていないと待つことがありますので、ランチタイムなど混み合う時間帯は予約した方がよいでしょう。
ちなみに、お店の駐車場は瀬長島ホテルをこえたところにあります。ポジリポまでは200メートルほど歩くので注意。

 

f:id:satomi77:20170811113308j:plain

ランチメニュー。
メインはパスタ・ピッツア・魚・肉から選ぶことができます。
メニューによっては追加料金も。
沖縄らしいものにしようかなと「やんばる地鶏と焼きネギの カチョ エ ぺぺ」にすることに。


「カチョ エ ぺぺ」の意味は「チーズと胡椒」です。

f:id:satomi77:20170811113331j:plain

手前はウェルカムドリンクで、シークワーサーとクランベリーのミックスジュースでした。

 

f:id:satomi77:20170811113346j:plain

パンが登場。
バターではなく、ホイップクリームと蜂蜜をつけて食べる方式。
これは美味しい!パンはアツアツです。

 

f:id:satomi77:20170811113428j:plain

25品目のポジリポサラダ。
ランチの前菜にしては量が多いです。クスクスなども入っていて、確かにバラエティ豊かな彩り。

 

f:id:satomi77:20170811113449j:plain

そして、メイン・やんばる地鶏と焼きネギのカチョ エ ペぺ。
地鶏のラグーに、たっぷりの黒胡椒とチーズがきいていて、スパイシーで美味しいです。やんばる地鶏はやはり美味しいのですね。
沖縄は豚肉と鶏肉がとても美味しく、スーパーでは県産のものばかり選んで買ってしまいます。

 

今度自分でも再現を試してみたい組合わせです。
パスタは太めで生麺ぽい。味と具材が絡みやすいです。

f:id:satomi77:20170811113508j:plain

デザートは400円足してトライフルをオーダー

f:id:satomi77:20170811113523j:plain

他にも追加料金で、ティラミス・パンナコッタ・タルト・ショコラ・ジェラートを選ぶことができます。
そのままの料金だとミニデザートになるとか。

f:id:satomi77:20170811113536j:plain

フルーツとスポンジそして生クリームが層になっています。スポンジご濃厚でカステラみたい。パッションフルーツなど南国ならではのフルーツも入っていましたよー。

 

f:id:satomi77:20170811113551j:plain

コーヒー。普通かな。わりと濃いめ。

 

f:id:satomi77:20170811113606j:plain

添えてあるシュガーが、オーガニックのココナツシュガーなので、これを入れるとフレーバーコーヒーみたいになってオススメです。

ところで、このお店はなんというか…窓の外の風景とメニューの素材以外にはあまり沖縄らしさがなくて東京みたいです。


店員さんもやたらとテキパキしすぎていて、沖縄のテンポに慣れていると、そのスピーディーさに違和感が(笑)
も少しフレンドリーさが欲しいかも?


☆POSILLIPO cucina meridionale (ポジリポ クッチーナメリディオナーレ)
沖縄県豊見城市瀬長174-5
HP: http://www.posillipo-cucina.jp/
食べログ: https://tabelog.com/okinawa/A4704/A470401/47014630/

 

 

2.BLUE WING(ブルーウィング)

f:id:satomi77:20170811113723j:plain

こちらは、ハワイアン料理が楽しめるカフェ「ブルーウィング」です。

 

f:id:satomi77:20170811113737j:plain

店内の奥はゆったりソファー席。
フラダンスの映像と音楽で、気分はすっかりハワイアンな感じに。
お酒がたくさんありますが、夜は、ショットバー&ラウンジになるそう。

 

f:id:satomi77:20170811113751j:plain

ランチメニュー。
やっぱりハワイといえば…ガーリックシュリンプですよね?
スペイン料理で有名なアヒージョもそうですが、ガーリックと海老という鉄板の組み合わせ。
コンボ(プレート+ドリンクセット)を頼みましたよ~

 

f:id:satomi77:20170811113806j:plain

まずはプレートのご紹介。
大きめの海老のガーリックシュリンプ4尾と、おにぎりサイズのご飯2山、サラダとえびせんとマカロニサラダがワンプレート。
結構ボリュームのあるお皿。

 

f:id:satomi77:20170811113821j:plain

ボイルされたエビがぷりぷり!
柔らかくなっているので殻ごといけます。もちろんむいて食べてもOK。
やはりワイルドに手で食べるのが美味しい!濃い目の味付けとガーリック風味でライスも進みます。

 

添えてあるレモン。実はレモンは最初にかけてしまうのではなく、途中で味に変化を付けるために使うと、口の中がさっぱりするほか、2つの味わいが楽しめてお得なのだとか。


4匹はあっという間に完食。
途中で思ったのは…「いっそ、オリオンビールセットにしたかった」(笑)

 

f:id:satomi77:20170811113842j:plain

こちらは友人がオーダーした「もち粉チキン」
鶏のから揚げにみえるかもしれませんが、れっきとしたハワイアングルメ。
醤油・にんにく・ショウガなどのスパイスにチキンを漬け込み、もち米から作った「モチ粉」を付けて揚げています。(レシピをどう見ても鶏から揚げなんですが、スパイスともち粉というところがハワイアンなのかも)

 

ガーリックシュリンプの次のブームはモチコチキンとも言われており、ハワイの有名ハンバーガー店「クア・アイナ」では、「モチコチキンバーガー」が発売されたことがあるんですよ。

 

表面の衣はサクサクのカリカリで、中はジューシー。美味しいから揚げは、確かに日本人に馴染みやすそうです。
鶏のから揚げが好きな人はぜひ。

 

f:id:satomi77:20170811113909j:plain

ドリンクに可愛い「Mahalo♡」のメッセージ。
(「「Mahalo」はハワイの言葉で「ありがとう」という意味です)

ハワイアンな軽食を楽しみたい時にはおすすめのブルーウィングでした。
夜に夜景を楽しみながらお酒を飲むのも良さそうですね~

 

☆BLUE WING(ブルーウィング)
沖縄県豊見城市瀬長174-6 瀬長島ウミカジテラス
食べログ: https://tabelog.com/okinawa/A4704/A470401/47019160/

 

 

3.HAMMOCK CAFÉ LA ISLA (ハンモックカフェ ラ・イスラ)

f:id:satomi77:20170811113942j:plain

ハンモックカフェ…その名の通り、ハンモックに揺られながら飲食が楽しめるお店です。ちなみに、「ラ・イスラ」とはスペイン語で「島」のことだとか。

 

そういえば、昔のマドンナの曲で「ラ・イスラ・ボニータ」ってありましたね、これは「美しい島」という意味だそうです。つまり沖縄のことを意味しているのかな?

ラ・イスラでは、店内でもテラスでもハンモックに揺られることができますが…

 

f:id:satomi77:20170811114002j:plain

店内は靴を脱いで上がるシステム。
こちらは主にハンモックに座ってくつろぐタイプが多いですね。
確かに店内涼しいのですが…ちょっと…こう…なんというか、ハンモックのイメージが違う(笑) 人口密度が高いような。

 

f:id:satomi77:20170811114019j:plain

外の風景が素敵すぎますよね。
スタッフさんに聞いてみたら、おすすめはサンセットの時間帯だそう。

f:id:satomi77:20170811114048j:plain

屋外で飲むために、ノンアルコールの冷たいドリンクを注文してみました。
ノンアルコールモヒート。

 

ラ・イスラのハンモックはメキシコ産の高級ハンモックで、すべてハンドメイド。
ハンモックには2種類あって、白いハンモックは腰掛ける用、カラーのハンモックは寝っ転がれるようになっているのです。

最初は「ここに寝ても大丈夫かな?」と思うのですが、見た目より丈夫でしっかり支えてくれます。

 

f:id:satomi77:20170811114104j:plain

黄色のハンモックに寝転がって写真を撮ってみたのですが、まったくわからないですね……

 

屋外のハンモックは海が見えて景色は素敵なんですが、特に夏は相当暑いのを覚悟してください。しかし、日よけを降ろしてもらい、海を眺めながら、つめたーいジュースやカクテル(ビールなども)飲むのは格別です!

 

ハンモックにまったり揺られながら、お昼寝なんてしたらとっても癒されそう!
90分制で入替えになります。

 

☆HAMMOCK CAFÉ LA ISLA (ハンモックカフェ ラ・イスラ)
沖縄県豊見城市字瀬長174-6 瀬長島ウミカジテラス
食べログ: https://tabelog.com/okinawa/A4704/A470401/47019159/
HP: https://www.cafe-isla.com/
facebook: https://www.facebook.com/hammockcafelaisla/

 

 

4. Sunroom sweets Senagajima(サンルームスイーツ瀬長島)

f:id:satomi77:20170811114216j:plain

トロピカルフルーツを使用したスイーツとドリンクの宜野湾市にあるカフェ「サンルームスイーツ」が瀬長島に登場。

 

国産の小麦粉をはじめとして、EM牛乳や沖縄産の卵などこだわりの素材をたっぷり使ったスイーツが人気のお店なのです。

 

サンルームスイーツの沖縄スイーツは、全国の物産展にもよく出品されているので、見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

ウミカジテラスでは、開店時間が11時からのテナントも多い中、9時半から開店しているのも嬉しい。

 

f:id:satomi77:20170811114235j:plain

店内で焼いているというスコーンが欲しかったのですが、朝早かったのでまだ準備中でした。ただいま仕込み中とのこと。

 

f:id:satomi77:20170811114251j:plain

他に自慢のスイーツがたくさん。
そこで、今回は、“全国おやつランキング1位”(!)という
「完熟マンゴークリームシフォンケーキ」とコーヒーのセットをオーダー。
マツコも絶賛!という宣伝にも心惹かれますね。

 

f:id:satomi77:20170811114308j:plain

海辺のテラス席にていただきます!
サンルームスイーツは1階なので、道路を隔てたすぐそこが海という立地。

 

f:id:satomi77:20170811114320j:plain

ふわふわしっとりのシフォンに、マンゴークリームが詰められています。
ポイントはシフォンとクリームが控えめの甘さというところでしょうか。優しい味わいのスイーツです。

 

ケーキの上には完熟マンゴーが三切れ。実は、シフォンやマンゴークリームよりも、むしろ上に載っているフレッシュマンゴーの方が甘くて濃厚なので、ちょうど良いアクセントになっています。

 

サンルームスイーツには、他にもマンゴークリーム大福や、海風ロールケーキなど、気になるスイーツがたくさんあり、選ぶのに困ってしまうかもしれませんが。スイーツはセロファンで包装されているので、持ち帰りにもおすすめです。

こだわりスイーツのほかに、マンゴーやアセロラのフローズンをはじめとしたトロピカルドリンクも人気です。


宜野湾(ぎのわん)市の本店では、スイーツのほかにフードメニューやランチなどもあるそうで、そちらも併せて訪問してみたいと思いましたよ。

 

☆ Sunroom sweets Senagajima(サンルームスイーツ瀬長島)
沖縄県豊見城市字瀬長174-6 #11
・食べログ:https://s.tabelog.com/okinawa/A4704/A470401/47016410/
・食べログ(本店)https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470404/47007218/

 

 

5.幸せのパンケーキ 沖縄・瀬長島店

f:id:satomi77:20170811114418j:plain

最後にご紹介するのは、全国で大人気の「幸せのパンケーキ」
このたび瀬長島ウミカジテラスにも登場しました。

 

ウミカジテラスのカフェの中では、現在一番人気ということで、平日午後訪れたにも関わらず、満席で30分以上待つハメに…
(しかしスタッフの方には「少ない方です~」と言われました……)

 

f:id:satomi77:20170811114435j:plain

外には専用のテラス席も設けられていて、海を眺めながら美味しいパンケーキを食べられるのが、沖縄・瀬長島店の醍醐味。
せっかくなので眺めの良いテラス席にしました。
眺めはいいけど超暑い!(笑)

 

f:id:satomi77:20170811114455j:plain

メニュー。
確認しましたが、メニューは他店と基本的に一緒だそうです。
残念。沖縄オリジナルとかあればいいのに。
今後もしかしたらできるかもしれませんので期待ですね。

 

ちなみに、お店に入るまで30分以上、お店に入っても、焼き上がりまで30分以上待つハメになりました…
「幸せのパンケーキ」はかなり時間があるときじゃないとチャレンジできませんね。
おそらく海外のガイドブックに掲載されているのか、並んでいるのは外国人の方が目立ちましたよ。

 

f:id:satomi77:20170811114512j:plain

オーダーは、基本の”幸せのパンケーキ”にホイップクリームとバニラアイスをトッピングしてみました。パンケーキの上の丸いのはマヌカハニー入りのホイップバター。

 

マヌカハニーとは、ニュージーランドに自生しているマヌカから採れるハチミツで、抗酸化作用と殺菌作用に優れ、ニュージーランドの先住民であるマオリ族が古くからけがや病気を治すのに利用されていたそうです。
バターもハチミツも大好きなので、もっと量があるといいのになと思いましたよ。

厚手のパンケーキが3枚もあり、
「うわっ!ボリュームある!」って感じなのですが、ふわふわパンケーキはプディングみたいな軽さなのでぺろっと食べられますよー!

蛇足ですが、バターにすでにマヌカハニーが含まれているので、添付のカラメルソール(私はメイプルシロップと勘違い)はかけなくても良かったかも。


☆幸せのパンケーキ 沖縄瀬長島店
沖縄県豊見城市瀬長174-6 ウミカジテラス 32号棟
・食べログ: https://tabelog.com/okinawa/A4704/A470401/47019592/
・HP: http://magia.tokyo/shop

 


瀬長島ウミカジテラスには、ここでは紹介しきれなかったカフェやレストランが多数。

f:id:satomi77:20170811114607j:plain

さらに私が訪れた時に、まだまだ増築工事をしていたので、これからも新しいお店が続々登場の予感…

 

「瀬長島ウミカジテラス」は那覇空港からも近いですし、沖縄本島方面に旅行の際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

 

☆瀬長島ウミカジテラス アクセスガイド
http://www.umikajiterrace.com/accessguide/

☆瀬長島ウミカジテラス ショップ情報
http://www.umikajiterrace.com/shop-restaurants/

 

女子リキでは、瀬長島ウミカジテラスの女子におすすめのショップを厳選して紹介しています。

瀬長島ウミカジテラス【沖縄】“女子リキ”的おすすめショップ8選 - 女子リキ

宜しければご覧ください。

 

スポンサードリンク