読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

ザ・リッツ・カールトン大阪 アフタヌーンブッフェ 口コミ「ストロベリー・コレクション」レビュー

f:id:satomi77:20170418091016j:plain

ザ・リッツ・カールトン大阪「Splendidスプレンディード」にて、アフタヌーンブッフェ「ストロベリー・コレクション」に行って来ましたので、その内容をレビューいたします!

スポンサードリンク
 

 

f:id:satomi77:20170418091108j:plain


ザ・リッツ・カールトン大阪で、毎年大人気の春のストロベリーブッフェ。2017年春はデザイナーの経歴がある料理長の監修の元、「ファッション」というテーマで開催されます。


どんな美しいデザートに出会えるか楽しみです!わくわく。

f:id:satomi77:20170418091123j:plain


時間は1時間半の時間制限があります。私は10日ほど前に予約しましたが、かろうじて最後の1席を確保できたという人気ぶりです(予約必須ですよ!)

 

「Splendidスプレンディード」はかなり客席数が多いレストランなので、開始時間前にはレストラン前に行列ができていました。(リッツの高級感に似つかわしくない光景・・・)


しかし、スタッフの方たちは慣れた風情で、予約の名前を確認するとどんどん席に案内されていきます。

f:id:satomi77:20170418091134j:plain

さて、スプレンディードの中はこのような感じになっています。

f:id:satomi77:20170418091150j:plain

飲み物はブッフェ上にある他、ホットドリンクは席までサーブしてくれます。一杯目はリッツ・カールトン大阪オリジナルブレンドティーという決まりですが、2杯目以降はこちらのメニューから選べます。コーヒーもラテやカプチーノがあるだけでなく、紅茶の茶葉も選べるのはさすがリッツならではですね。

 

リッツ大阪のオリジナルブレンドティーの茶葉はやや和風な味わい。国産の紅茶みたいですね。後でショップにて確認したら、紅茶の茶葉のほかにヤグルマギクがブレンドされていました。

f:id:satomi77:20170418091202j:plain

ピアノの生演奏が始まり、大変に良い雰囲気の中でのブッフェが始まりました。欲をいえば人口密度がもっと低ければ良かったのですが、混むのは最初だけで中盤からはわりと空いていきます。

 

食べる時間が少なくなりますが、ゆったりと味わいたい方は、最初はオリジナルブレンドティーを味わいながら30分ほど過ごすと良いかも知れません。

 

レポートする側としてはそう言ってもいられないのでブッフェに突入します(笑)
ストロベリーをメインに据えたブッフェということで、とにかくすべてがイチゴ尽くし。


ブッフェは大きく分けて3つのパートから成り立っていました。

f:id:satomi77:20170418091301j:plain

オードブルが主に乗っているテーブルはこちらの羽根飾りのついた帽子をかぶった貴婦人を模したケーキが目印。

f:id:satomi77:20170418091313j:plain

このように苺を大胆に寿司にアレンジしたもの(これは後程お土産でレシピカードがもらえます)をはじめとした、スイーツオードブルが並んでいます。(混んでいたので、引きで写真が取れていません・・・)

 

f:id:satomi77:20170418091343j:plain

写真の真ん中のテーブルは、テーマの「ファッション」をモチーフとしたテーブルアレンジのもとに色とりどりのスイーツたちが並びます。ここがメインテーブルです。テーブルの真ん中に高台をしつらえ、ストロベリーカラーで作成されたお菓子のドレスがどれも可愛くて(食べられません)、カラフルなケーキやババロアやマカロンが並びます。

f:id:satomi77:20170418091356j:plain

そしてフードのテーブルでは真ん中にイチゴ取り放題!コーナーが。
イチゴをピザやフォカッチャ、スープなどに加えたフードもいただけます。何にでもとりあえずイチゴをアレンジしていくスタイルです。

 

最初はどの台もすごい行列でした。やはり皆さまスタートダッシュがすごい。

 

まずはオードブルのテーブルから攻めてみました。

f:id:satomi77:20170418091416j:plain

左から
・ストロベリーショートブレッドバスケット
上にミックスグリーンサラダが載っています。りんごのドレッシングがかかっており、甘さと酸味と塩味がうまく調和しています。


・ストロベリーとバジルのロールケーキ
中にはミントとストロベリーのクリームが。イタリアンでフルーツパスタを食べる時にフルーツとバジルの組み合わせはよく見かけますが、ロールケーキというのは初めて。さらにバジルとミントもありなんだ・・・と思いました。自分では思いつかないアレンジが繰り出されるのが楽しいです。

 

・苺寿司
ピスタチオと抹茶のサラダロール的なマヨネーズの味付けの上にイチゴという寿司。見た目も斬新なアイディアですね。周りは海苔ではなく抹茶がまぶされています。…おそるおそる口に入れてみました(笑)

なんと意外にも好きかも!イチゴの酸味が甘めの寿司酢に酸っぱさをあたえていて食べやすい。もしかするとこれはイチゴをつぶして混ぜたらなおいいかも?

 

・ストロベリーサンドイッチ
黒いのはなんとイカスミです。中には海老とイチゴのサワークリームが。なんとも不思議なお味です。イチゴが入っていると思うから??

 

・ストロベリークラッカー
リッツパーティ・・・?上にはイチゴと共にリコッタチーズとチェリーコンポートが載せられています。思いのほかマイルドなお味。甘くもしょっぱくもないというのがなんとなく物足りないです。

 

・ストロベリーババロア
真ん中に載せたこちらはババロア。ピスタチオ入りです。ミルキーな甘さです。隣に生クリームのとり放題があったので大胆に載せてみました。(笑)

 

オードブルは全体的にもう少し塩味が欲しいですが、単品ずつで食べた場合、これはこれで充分オードブルとして満足いくお味。なによりアレンジがすごいですね。食材の組み合わせの妙に感心するばかりです。

 

次に、スイーツメインのテーブルでどんどん取ってきました。
スイーツは元から品数が多いのと、後からどんどん補充されたり、なくなったりしたものもあり、さすがに制覇できませんでした。残念。でもできる限り食べてきましたよ!

まずはこちら。

f:id:satomi77:20170418091523j:plain

左から時計回りに
・ストロベリースコーン
生地にストロベリーが練り込んであります。かなりイチゴ風味が強いです。逆パターンでプレーンにストロベリークリームでも良かったかも?

 

・ストロベリーケーキ
ミルクチョコレートクリームがかかったケーキ。結構チョコが濃厚でびっくりします。やはりイチゴとチョコの組み合わせは鉄板ですね。

 

・ストロベリープリン
こちらは先ほどのババロアととても味が似ているのですが(ミルキーなイチゴ味)、違うのが食感。ゼラチン多めな感じで、なめらかというよりやや硬めに仕上げられたプリンです。

 

・ストロベリートライフル
こちらは上がブルーベリー、下にはイチゴピューレが入っています。ここのブッフェは基本的にまったりと甘いものが多いので、酸味が嬉しく感じますね。リピートしちゃいました。

 

・ストロベリーマカロンタルト
リップチョコの乗ったマカロン。キャラメルみたいなチョコの甘みが後に来ます。リップチョコが正面向いてなかったので、後でもう一度取りに行きました。(笑)

 

・ファッションストロベリー
メレンゲを焼いたパブロバ。ニュージーランドの伝統的なスイーツだそう。軽くてサクサク!メレンゲ自体は甘くなくて、周りのクリームで甘さをプラスするというのが特徴。

次のお皿。

f:id:satomi77:20170418091613j:plain

今度はストロベリーマカロンタルトのリップ型チョコを正面向いて撮影できましたよ。

・青いクリームのストロベリーマフィン
このケーキ、インパクトがありすぎて取ってきました。
アメリカのケーキみたいな青いクリームに「どこがイチゴ?」ビビりますが、

f:id:satomi77:20170418091648j:plain

下のスポンジがイチゴ味なのと、カットすると中にイチゴが丸ごと1個!「どれだけ甘いんだろう・・・」とドキドキしながらほおばると、甘さは控えめ(見た目の想像よりは)で至って美味しい!意外でした。


他は先ほどのお皿とほぼ重複しているので省略。


ちょっと盛り付けが下手すぎますが、さらにケーキ4種。

f:id:satomi77:20170418091704j:plain

・ストロベリーとマロンのモンブラン

f:id:satomi77:20170418091738j:plain

こちらは、全体の写真が取れました。とってもかわいいですね~
いちごのモンブラン。普通のモンブランとちがって、周りの紐状のクリームにいちごが使われていて、真ん中のババロア部分がマロンクリームという組み合わせでした。

 

・ストロベリーバナナクグロフ
全部イチゴではなく、下のバナナフレーバーがまろやかでいい感じです。イチゴの味ばかりだと他のフルーツの味がうれしいですね。

 

・ストロベリークリームケーキ

f:id:satomi77:20170418091751j:plain

こちらも全体像はとってもかわいい!
カラフルなクリームが添えられたケーキ。クリームとケーキだけという組み合わせなので、イチゴをもっと乗せた方が良いなとおもいました。クリームの色による味の違いはありません。

 

・ストロベリータルト
クリームはココナッツ風味のカスタード。タルトの皮がとってもしっかりしていて、丁寧な作りです。

しょっぱい系の味を求めてイチゴのピザを取ってきました。

f:id:satomi77:20170418091813j:plain

これはサンドイッチと同じテイストですね。ハムが一緒だ。イチゴを載せなくてもいいのに・・・(笑)

ピザは普通のマルゲリータもあります。

f:id:satomi77:20170418091826j:plain

甘味に疲れたらぜひ。しかしピザなのでお腹が膨れるというおまけつきです。パスタがあると良かったなあ。



クレープ。

f:id:satomi77:20170418091837j:plain

イチゴばかり食べているので、最後の方にはなんだか味がわからなくなってきます。美味しいんだけど、なんだかもったいないような気がしてくる不思議。

コーンスープにイチゴを入れるという斬新なトッピングです。

f:id:satomi77:20170418091850j:plain

でも入れない方が美味しいかもしれません・・・とシェフにささやきたくなりました(笑)


トッピングの海苔とイチゴのハーモニー?でイチゴのプチプチ具合が魚卵のように感じるのが不思議です。アレンジ魂は素晴らしいですが、そこまでイチゴにこだわらなくても良いのでは・・・


<総評>
イチゴは大好き!ですが、イチゴをすべてにアレンジしたものとなるとそこまで食べられませんでしたね。また、このブッフェは味がフワッとした感じのミルキーなものが多く、系統が似ているのでスイーツだけだとさすがにそんなに食べられませんでした。結構頑張りましたけど。もし、フードコーナーがもう少し充実していたらもっと行けたかもしれないですね~

f:id:satomi77:20170418091912j:plain

お土産のリップスティックチョコレート(中のルージュはもちろんイチゴチョコ!)と、インパクトのあった「イチゴ寿司」のレシピカード。これでアナタも苺寿司が作れます!(笑)

 

今度はリッツカールトンに宿泊してみたいな~
リッツカールトン大阪に宿泊した方のブログを見つけたのでシェアしますね。

www.nagurigaki.com

 

エステに行った方のレビューも見つけましたよ。

ameblo.jp



☆ザ・リッツ・カールトン大阪
アフタヌーンブッフェ
ストロベリーコレクションは
2017年1月5日(木)~5月31日(水)まで
時間は14:30~ 18:00(90分制)

<料金>
・大人 4,900円
・お子様(小学生、6~12歳) 2,450円 
私は2週間前に連絡しましたが、なんとか一席空いていたという状況だったので予約必須ですよ。
https://www.ritz-carlton.co.jp/information/547/

スポンサードリンク