女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

吉祥寺駅周辺のカフェランキング

f:id:satomi77:20170406083201j:plain


住みたい街の代表といったら吉祥寺!今回は吉祥寺のほっこりできるカフェをランキングでまとめてみました♪

 

井の頭公園でテイクアウトしたカフェを持って散歩も素敵ですね。それでは吉祥寺駅周辺でおいしいドリンクやスイーツが食べれるオススメのお店を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
 

 

第5位 カフェ・ドゥ・リエーヴル うさぎ館

 f:id:satomi77:20170406082446j:plain

井の頭自然文化公園・水生物園(分園)弁天門口を左に曲がり、吉祥寺駅から徒歩15分ほど歩いたところにある「カフェ・ドゥ・リエーヴル うさぎ館」

 

駅からやや離れた所にありますが、井の頭恩賜公園の中を散歩気分でのんびり歩いていけば公園内の自然も楽しめるので、いつの間にか着いてしまったような感覚でした。

「カフェ・ドゥ・リエーヴル」は公園の中にあるお店で、白が基調の外観で入り口そばにはベンチが置いてありそこで順番を待ちます。

 

うさぎ館というだけあって、入り口右手にうさぎの置物が置いてあり、内装にもうさぎがモチーフの小物などが置かれています。

f:id:satomi77:20170406082500j:plain


中に入ると少し年季の入ったテーブル席で、お世辞にも綺麗とは言いがたいのですが、店内は光が差し込む明るい雰囲気のある店内でした。

 

お店で人気のブランシュガー塩バターとフレンチクラッシックのホットコーヒーを注文。

f:id:satomi77:20170406082512j:plain


先にコーヒーが到着し、混みあっていたためかそこから20分ほど待ってからクレープが到着しました。

f:id:satomi77:20170406082522j:plain

見た目はシンプルで、クレープの上にブラウンシュガー、バター、ミントの葉が添えられています。

 

クレープは外側までしっとりとしており、やや厚めの生地にバターがたっぷりしみ込んでいて、その上にブラウンシュガーがふんだんにかかっています。

 

粗めのブラウンシュガーの舌触りが口に入れるとシャクっとした食感と、溶けたバターの塩味の相性が非常に良く、最初はシュガーがたっぷりかかっているかな?と思えるほどでしたが、ブラウンシュガーの自然な甘さがほどよくシンプルな味ながらも飽きずに食べることができます。

 

コーヒーはフランス大使館でも使用されている10か月熟成されたエージング豆を使用しており、香りと味に苦みを感じる味わいのコーヒーでした。こちらのコーヒー豆は思ったよりも苦みが強いので、苦みが苦手な方は注意が必要です。

 

家族連れも多く、子供用の椅子が多く設けられており、子供がぐずってしまっても店の外へ一歩出れば公園なので気兼ねなく楽しめる環境がそろったお店でした。

 

クレープの他にもそば粉を使ったガレットもバリエーションが豊富ですので、井の頭公園に行った際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。※ガレットは11時以降ですので、ガレットを食べたい方は時間にご注意ください。

 

<評価>
☆★★★★【雰囲気】
☆☆☆★★【接客】
☆★★★★【価格】
☆☆★★★【味】
☆☆★★★【ボリューム】

 

<カフェ情報>
カフェ・ドゥ・リエーヴル うさぎ館
東京都武蔵野市御殿山1-19-43
JR・井の頭線「吉祥寺」駅より徒歩15分
・営業時間
土日、祝日8:30~20:00 (ラストオーダー19:00)
平日10:00~19:00(ラストオーダー18:00)
休業日:年中無休(年末年始を除く)
http://lievre.me/

 

 

 

第4位 ウッドベリーズ マルシェ

f:id:satomi77:20170406082613j:plain

吉祥寺の北口改札を出て大通りにあるヨドバシカメラの奥すぐに見える「ウッドベリーズ マルシェ」

 

ガラス張りの店内で、外にはプランターを飾っており、まさに店舗名でもあるマルシェを思わせるような外観となっています。

f:id:satomi77:20170406082627j:plain

店内に入ると左手すぐに農家さんから直送される果物が販売されており、季節にあった新鮮なな果物を購入することもできます。

f:id:satomi77:20170406082636j:plain


木目調のカウンターやテーブルが並んでいて外がガラス張りながらも、落ち着いた雰囲気を出しています。

f:id:satomi77:20170406082644j:plain

入口の注意書きにあるように席を確保してから注文をとあったので、入り口そばの席を取り、注文カウンターへ。

 

本日の旬パフェ関口農園「とちおとめ」完熟春いちごのパフェを注文。

f:id:satomi77:20170406082656j:plain

f:id:satomi77:20170406082702j:plain


5分ほど待つとパフェが到着!

上から見るとまるでお花のように苺が散りばめられています。

 

こちらは季節限定のパフェで、1月から4月~5月あたりまでの商品となっており、苺がこれでもか!というくらいたっぷりと乗っています。上にトッピングされているだけでもなんと6粒の苺が乗っています。

 

生クリームの下にはさらに長野の「北村農園」のとちおとめを使ったフローズンヨーグルト、苺のコンポート、ウッドベリーズオリジナルのグラノーラが重なり合い、さらに下の層にはカットされた苺が入っています。

 

生クリームはほとんど使用されていないため、通常のパフェのような甘さはなく、ヨーグルトのすっきりとした爽やかな酸味のある味わいとなっています。

 

ウッドベリーズさんの生フローズンヨーグルトは自家発酵の加熱殺菌をしていない「乳酸菌の生きたヨーグルト」を使用しているため、無添加・無着色の安心な素材でできているので、シンプルながらもフルーツとヨーグルトの本来の素材の味が楽しめます。

 

そしてこちらのパフェにはコーンフレークは入っておらず、ナッツ、クルミ、穀類などが入ったグラノーラとなっており、ナッツ類のツブツブ&サクサク感もオススメポイントの一つです。

 

少し意外だったのはミントとフローズンヨーグルトの組み合わせで、ミントの爽やかさがヨーグルトの味をさらにキリっと引き締めてくれました。

甘いパフェが苦手な方でもぺろりと食べられてしまいそうな爽やかなフローズンヨーグルトのパフェでした。

 

午前中に行けば比較的空いており、子供用の椅子も1脚置いてあるので、一人で座れないお子さん連れでも入ることができます♪

この季節限定の甘酸っぱいパフェやフローズンヨーグルトを味わってみてはいかがでしょうか。

 

<評価>
☆☆★★★【雰囲気】
☆★★★★【接客】
☆★★★★【価格】
☆★★★★【味】
☆★★★★【ボリューム】

 

<カフェ情報>
ウッドベリーズ マルシェ
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-4-1 井之頭ビル1階
JR・京王井の頭線「吉祥寺」駅北口より徒歩5分
・営業時間
11:00~21:00
休業日:無休
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13161095/

 

 

 

第3位 chai break(チャイブレイク)

f:id:satomi77:20170406082748j:plain

吉祥寺井の頭公園のほとりにあるチャイと紅茶が飲めるお店「チャイブレイク」
土日は常に列ができており、平均して6~7組ほど待っています。

f:id:satomi77:20170406082757j:plain

f:id:satomi77:20170406082804j:plain


入り口そばには紅茶の茶葉や雑貨が数多く販売されており、店内で飲んで気に入った紅茶などを購入することができます。
中に入るとカウンター席の奥にテーブル席があり、シックな雰囲気を出しています。


オリジナルメニューのスパイスチャイとチャイブレイクセットを注文。

f:id:satomi77:20170406082814j:plain


チャイブレイクセットにはバニラクッキー、生姜のミルクプリンにスパイスの入った黒蜜が添えられ、マフィンは好きなマフィンが選べるので、朝摘み苺とホワイトチョコレートのマフィンをチョイスしました。

 

マフィンは外側がカリカリした食感で、ふんわりとしたマフィンと思って食べるとカリッとした食感に意外性を感じるかもしれません。

 

中のスポンジ部分はふわふわで、ホワイトチョコが中で溶け、苺の酸っぱさが少し甘めのチョコレートをまろやかな味わいにしてくれます。

 

クッキーは口に入れるとサクッとほぐれ、優しいバニラの味がチャイのほろ苦さを引き立ててくれます。

f:id:satomi77:20170406082825j:plain


スパイスチャイにはシナモン、カルダモン、ブラックペッパー、ジンジャー等6種類のスパイスが入っており、スチームミルクの上にシナモンが掛かっています。

 

スパイスが組み合わされているのにも関わらず全く癖が無く、初めてスパイスの入ったチャイにチャレンジしてみたのですが、優しい味わいでスイーツとの相性抜群でした。

 

入り口の外ではテイクアウトも販売しているので、公園の中で自然を感じながらチャイを飲むのもいいかもしれません。


<評価>
★★★★★【雰囲気】
☆★★★★【接客】
☆★★★★【価格】
☆★★★★【味】
☆☆★★★【ボリューム】

 

<カフェ情報>
chai break(チャイブレイク)
東京都武蔵野市御殿山1-3-2
JR・京王井の頭線「吉祥寺」駅南口より徒歩5分
・営業時間
月曜~金曜9:00~19:00
土日、祝日8:00~19:00
・休業日
火曜(月曜が祝日の時は営業、その場合は翌日の水曜が休業日)
http://www.chai-break.com/

 

 

 

第2位 氷屋ぴぃす

f:id:satomi77:20170406082955j:plain

吉祥寺駅の南口から徒歩5分ほど歩いた地蔵ビル1階の奥にある「氷屋ぴぃす」

そこはまるで小料理屋さんに来ているような雰囲気を漂わせる入口に氷の看板がかかっています。

f:id:satomi77:20170406083006j:plain

店内に入ると、一列のカウンター席が並んでおり、スタッフの方2名が笑顔で迎えてくれます。

 

席に着くと暖かいお茶がだされ、ほっと一息ついたところでオススメの塩キャラメルのかき氷を注文。

 

目の前のかき氷機でスタッフさんが氷を削っている所が見られます。

f:id:satomi77:20170406083016j:plain


ほどなくして目の前に山盛りのかき氷が置かれると、お皿から積み上げられたかき氷のあまりのボリュームに初めて見る方は驚かされるのではないでしょうか。

 

かき氷に塩キャラメルがたっぷりと掛けられており、添えられたミルクはかき氷を少し食べてからかけることをおすすめしてくれました。

 

まず、一口食べてみると、きめ細かなかき氷がふわりと口の中で溶けてゆき、塩キャラメルのほろ苦い味が後から追いかけるように広がっていきます。

 

三分の一ほど食べてからミルクをかけると、塩キャラメルのほのかな苦みをミルクが包み、まるで違う味のかき氷を食べているようなまろやかな味わいに。

 

こちらは練乳ではなく自家製のミルクのシロップということで、通常の練乳とは違いさらりとしており、癖のない優しい味わいが塩キャラメルの味を引き立ててくれ、2種類の味わいが楽しめます。

 

店舗で使っているシロップは全てお店の手作りで、今の季節はさくらの味が味わえる「サクラサク」や変わり種の「ブラッドオレンジレアチーズ」や大人な味わいのアルコールが入った「ラムレーズン」など、様々なシロップを使ったかき氷を味わうことができます。

f:id:satomi77:20170406083032j:plain

スタッフの方も非常に気さくで、「裏メニュー」に「スマイル0円」を実施しているそうで、お願いしてみたところ、非常に素敵な笑顔でサービスをしてくれました。

カウンター席ですが、初めての方でもまるでいつものお店に来たような雰囲気のあるお店でした。

 

かき氷を想像すると定番のイチゴシロップを想像するかと思いますが、独創的で味わいのあるシロップが楽しめるので季節ごとに足を運んでみるのも楽しいかもしれません♪

 

<評価>
★★★★★【雰囲気】
★★★★★【接客】
☆★★★★【価格】
★★★★★【味】
★★★★★【ボリューム】

 

<カフェ情報>
氷屋ぴぃす
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-9-9 吉祥寺じぞうビル1F
JR・京王井の頭線「吉祥寺」駅南口より徒歩5分
・営業時間
火曜~金曜13:00~21:00 (ラストオーダー20:30)
土日、祝日12:00~20:00(ラストオーダー19:30)
・休業日
月曜(月曜が祝日の時は営業、その場合は翌日の火曜が休業日)
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13184868/

 

 

 

第1位 TEA SALON G clef(ティーサロン ジークレフ)

f:id:satomi77:20170406083108j:plain

吉祥寺で美味しい紅茶とワッフルのお店といったら「ジークレフ」ではないでしょうか。

 

吉祥寺駅からロフト方面へ向かうこと徒歩7分、裏通りにある産地直送の紅茶専門店という看板と、外観には様々なワッフルの写真が貼られています。

f:id:satomi77:20170406083121j:plain

ビルの階段を上がると花に飾られた赤いドアが迎えてくれます。

f:id:satomi77:20170406083131j:plain

店内に入ると、外の写真が張り巡らされた外観とは異なり、小ぢんまりとした落ち着いた雰囲気のある内装で、壁には絵画やアンティークのお皿などが飾られています。

 

こちらのお店はワンドリンク制ということで、旬摘みいちごとカスタードムースのワッフルとダージリンオータムナルシンプリ農園を注文。
※ワッフルのピースは2、3、4ピースから選ぶことができます。

f:id:satomi77:20170406083139j:plain

ほどなくして先に紅茶が到着。

食器はウエッジウッド定番のワイルドストロベリーのティーカップ、ティーコージーを被せたポット、砂時計が一緒に提供されます。
砂時計が落ち切ったころに、スタッフの方が一杯目の紅茶を注いでくれます。

f:id:satomi77:20170406083149j:plain

注がれたカップには透明な美しい色と紅茶の華やかな香りが広がり、香りとスタッフの方のパフォーマンスだけでもゆったりとした雰囲気を味わうことができます。

 

ダージリンオータナムは一年の一番最初に収穫されるという優しい飲み口のダージリンで、その中でも今一番新しく入ってきたもので香りもよく、すっきりとした飲み口の紅茶となっています。

 

ポットには3~4杯分ほどの紅茶が入っており、時間を置くと茶葉が広がってゆくため味が濃くなってしまうのですが、スタッフの方が差し湯をしてくれるので、最後まで美味しく紅茶の味を楽しむことができます。

 

ただし、紅茶の茶葉は時間をおいてしまうと苦みも広がってしまうため、3煎目以降は苦みを感じてしまうかもしれません。

f:id:satomi77:20170406083201j:plain


紅茶を楽しんでいると、旬摘みいちごとカスタードムースのワッフルがほどなくして到着。


ワッフルの上にはルフノーというスリランカの紅茶を使ったアイスクリーム、カットされた苺とカスタードムース、そしてイチゴジャム、コーンフレークがちりばめられています。

 

ワッフルは焼き立てで外はパリパリっとしており、中はふんわりもっちりとした食べごたえのあるボリューム感でした。

f:id:satomi77:20170406083212j:plain

ワッフル自体は甘さ控えめとなっており、添えられたカスタードクリームと一緒に食べるとちょうど良い甘さで、苺の酸味がカスタードとの相性抜群でした。

紅茶のアイスやカスタードクリームと一緒に食べることによって飽きの来ない味が楽しめます。

 

2ピースといってもかなりのボリュームなので、初めての方はハーフの2ピースを選んでみるといいかもしれません。

 

スタッフの方のサーブや、紅茶への造詣の深さはかなり評価できるもので、紅茶の産地や特色など、何を聞いてもしっかりと教えてくださるので、自分の好みなどを伝えてオススメの紅茶を教えてもらうのも一つの楽しみ方ではないでしょうか。

 

1点、お席の時間が90分という時間制なので、ゆったりと楽しみたい方には少し短く感じるかもしれないなと感じました。

 

そして、なんとジークレフは休日のみ9時から11時の間にモーニングをやっており、約紅茶1杯のお値段でサラダ、ジークレフオリジナルジャムとバターのトースト、ゆで卵、そして紅茶(こちらは日替わりとなります)を味わうことができるんです!

 

※メニューは時期により異なります。

 

ちょっと贅沢な休日の朝食を味わいたい方にはオススメの穴場なので、是非朝早起きして行ってみてはいかがでしょうか。

 

<評価>
★★★★★【雰囲気】
★★★★★【接客】
☆★★★★【価格】
★★★★★【味】
★★★★★【ボリューム】

 

<カフェ情報>
TEA SALON G clef
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-4
JR・京王井の頭線「吉祥寺」駅北口より徒歩5分
・営業時間
平日11:00~22:00
土日、祝日9:00~22:00
・休業日:年末年始

 https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13049164/

 

吉祥寺のカフェランキングはいかがでしたでしょうか。
今回は1位と2位のお店とも甲乙つけがたいので、同点でつけてみました。

 

吉祥寺にはほっこりできるカフェが多いので、お気に入りのお店でゆったりと落ち着いた時間を楽しんでみたり、公園を散歩しながらテイクアウトしたカフェを飲むのも素敵ですね。みなさんの楽しい休日のひと時に繋がれば幸いです。

 

スポンサードリンク