読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

高円寺周辺のカフェ BEST5

f:id:satomi77:20170404144741j:plain


昔ながらの商店街があり、下町の風情がある高円寺。古着ショップなど個性的な店も数多く出店していてとても活気がある街です。

 

カフェもこだわりのお店がたくさんあり、カフェ好きにはたまらない魅力が高円寺にはあります。その中からドリンクやスイーツがおいしく、雰囲気が良いおすすめのカフェをご紹介しましょう。

スポンサードリンク
 

 

第5位:七つ森


東京メトロ丸の内線新高円寺駅から続く高円寺ルック商店街は、昔ながらのお店と個性的なお店が立ち並びます。この商店街の一角にあるカフェが「七つ森」です。

 

この店名は宮沢賢治の詩に由来しています。七つ森は盛岡市と雫石町の境にある7つの山の総称でイーハトーブ風景のひとつ、宮沢賢治はこよなく愛した風景で、詩の題材としてもたびたび使用していました。

 

高円寺駅南口を出て318号線をまっすぐ進み、杉並八小入口の信号で右に曲がり、4つ目の角を左に曲がってすぐの左手にあります。新高円寺駅からは2番出口からマクドナルドの角を右に曲がり、まっすぐ進んだ左手にあります。右から読む七つ森の大きな看板が目印。看板は重厚感があり、雰囲気があります。

f:id:satomi77:20170404144205j:plain

 

店内は和のアンティークが置かれており、洗練されたというよりは雑然とした古びた雰囲気がなんともいえない味があり、とても落ち着きます。地域の人から愛されており、若い女性から年配の男性まで、幅広い年齢層の人が来ていました。

f:id:satomi77:20170404144214j:plain

 

★モカ(本日のサービスコーヒー)485円

f:id:satomi77:20170404144228j:plain

コーヒーは4種類の定番とその他のコーヒーがあり、その他のコーヒーのなかから本日のサービスコーヒーが日替わりで提供されます。定番と本日のサービスコーヒーはセットにすることができます。種類が豊富で、好みによって選べるのが嬉しい。コーヒーカップもかわいい柄で目でも楽しめます。

 

★焼チーズケーキ 485円(ドリンクセット845円)

f:id:satomi77:20170404144242j:plain

こちらのチーズケーキはシンプルでふんわりした生地がとても美味しい。チーズケーキの濃厚さはなく、甘さをおさえてあっさりした味です。ケーキのボリュームはあるのですが、すっきりとした味なので飽きずに食べられます。

 

このほかにもパウンドケーキやシャーベットなど、スイーツの種類も豊富です。フードも提供されており、ランチメニューもあります。スイーツも含めてフードは全てお店の手作りなのだそうです。

 

時間帯によっては全席禁煙になりますが、そうでない場合は禁煙席と完全に分かれているわけではないので、気になる人にはつらいかもしれません。

 

相当の人気店で休日には満席になることも多いようです。水をこまめに継ぎ足してくれるなど、サービスも行き届いており、ゆっくり過ごしたい人にもおすすめできます。

 

<カフェ情報>
七つ森
東京都杉並区高円寺南2-20-20
東京メトロ丸ノ内線【新高円寺駅】徒歩4分
JR中央線【高円寺駅】徒歩9分
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13000675/

 

 

 

第4位:Yonchome Café

飲食店も多く昼夜問わず活気ある雰囲気のJR高円寺駅南口。こちらのカフェは南口駅前左手にあります。

 

南口の改札を出て三井住友銀行の道路をはさんだ向かい側のビルの2階にあり、1階はケーキ屋さんです。店内から駅の改札や行き交う電車が見えるほど近いのですが、2階にあるため、ビル入り口に出ている看板を注意してみてきたほうがよさそうです。

f:id:satomi77:20170404144319j:plain

 

店内の照明は昼間でも暗め。日が沈むころには各テーブルにキャンドルが置かれます。やわらかなライトに照らされたステンドガラスがディスプレイされていてレトロな雰囲気がありますが、高円寺らしいカジュアルなスタイルです。テラス席もあり、良いお天気の日のランチも楽しめそうです。

f:id:satomi77:20170404144341j:plain

 

夜はダイニング、バーとして営業しており、平日の夜21時まではグラスビール、ワインが180円というお得な価格設定となっています。そのせいか、男性のグループや一人で来ている女性がのんびりビールやワインを飲んでいる姿をみかけました。レトロな雰囲気ですが、客層は比較的若めです。

 

★コーヒー 400円

f:id:satomi77:20170404144358j:plain

暖かい飲み物は大きなどっしりとしたマグカップにたっぷり注がれて提供されます。泡立ちコーヒーは適度な苦味はありますが、口当たりはさらりとしています。おかわりは150円でオーダーできます。コーヒー、紅茶、ハーブティーと種類も豊富です。

 

★季節のタルト(りんごのタルト) 550円

f:id:satomi77:20170404144413j:plain

専属のパティシエがいるとのことで、このタルト生地もゴツゴツとして香ばしく焼き上げられていて手作り感があります。甘く丁寧に煮詰められたりんごはやわらかくて果実味が感じられ、とてもおいしいです。

 

甘いクリームとアイスクリームが添えられていて、ボリュームたっぷり、楽しく食べられます。他にもチーズケーキやクラシックショコラ、ロールケーキなど種類も豊富です。

 

高円寺では知らない人はいないと言われるほどの老舗カフェで、スタッフの対応も丁寧です。ランチタイムは混雑するようですが、それ以外は気兼ねすることなく長居できます。

 

心地よい空間でのんびり過ごせますが、分煙していないためタバコの煙が気になる方は要注意です。ランチは730円、プラス200円でスイーツも楽しめます。

 

価格も良心的でボリュームもあって美味しいと評判です。日替わりのメニューはFacebookでチェックを。ディナーもおつまみから食事まで種類も豊富で、飲み会にも、酔い覚ましのお茶会にも利用できます。高円寺に遊びに来るならぜひ知っておきたいお店です。

 

<カフェ情報>
Yonchome Cafe (ヨンチョウメ カフェ)
東京都杉並区高円寺南4-28-10 2F
JR高円寺駅南口 徒歩1分
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13017412/

 

 

 

第3位:ドッグベリー

高円寺駅北口の左手にある純情商店街はドラマ「北の国から」の舞台となった場所です。昔ながらのお店がところ狭しと並んでいます。

 

その純情商店街をまっすぐすすみ、十字路で左に曲がり、さらに左に曲がってすぐにお店の看板があります。看板があるビルの入り口から階段を上って2階にお店があります。お店の名前からもわかるように犬の入店がOKで、犬の散歩の帰りに寄る人も多いようです。

f:id:satomi77:20170404144458j:plain

店内はレトロなインテリアが配置されていて、古い蓄音機も置いてあります。ライトも個性的な形で見るだけで楽しい。暗めの照明でまったりとできます。ソファ席も多いので、居心地がよく長居している方が多かったようです。若い女性の方や外国人の方を多くみかけました。

f:id:satomi77:20170404144507j:plain

 

★挽きたてブレンドコーヒー ケーキセットで+100円

f:id:satomi77:20170404144522j:plain

こちらのコーヒーは深入りで濃厚で奥行きのある味なのですが、後味はすっきりとしてとても飲みやすいです。オプションドリンクの中から選ぶとケーキセットで+100円でオーダーできます。

 

オプションドリンクはコーヒーの他にビール、ワイン、チャイ、オリエンタルアイスティーなど種類も豊富です。オプション以外のドリンクはさらに種類が多く、ラテ系だけでも約10種類あります。

 

★ベイクドチーズケーキ 450円

f:id:satomi77:20170404144538j:plain

生地はチーズの濃厚さを残しつつあっさりした口当たり。底は固めの生地にゴマが練りこんであり、かすかにしょっぱい味がチーズベースの甘い生地とよく合います。

 

このほかにも季節のパフェやクリームブリュレなどスイーツは種類が多くて選ぶのに悩みました。ランチもプレートやカレーなどが、750円というリーズナブルな価格で提供されています。

 

レトロな雰囲気が高円寺の街とよくあっていて、常連さんに愛されているお店という印象です。夜はバーとなっていて朝方まで営業しており、フードも充実しているので、ランチからディナー、飲み会の2軒目までシチュエーションも幅広く使えます。

 

席数も多く、人数が多くても利用できそうです。席が適度に離れているので仲間やカップル、友達とおしゃべりを楽しむのにもよし、ひとりご飯を楽しむにもよし。

 

ポイントカードがスマホアプリになっていて、じゃんけん一発勝負で勝つと本日デザートが無料など、楽しい特典が用意されています。そのほかにもコーヒー飲み放題の券も販売していて、通うのが楽しくなりそうなお店です。

 

<カフェ情報>
ドッグベリー
東京都杉並区高円寺北3-24-6 フォーラム高円寺2F
高円寺駅から212m
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13000730/

 

 

 

第2位:HATTIFNAT(ハティフナット

f:id:satomi77:20170404144615j:plain

高円寺駅北口を出て右に行き線路沿いの道を歩き最初の信号で曲がります。そのまま路地を真っ直ぐ進み4つめの角を過ぎたところの左手にあります。

 

ログハウスのような暖かみのあるメルヘンあふれる外観で、通りを歩いているとすぐにわかります。ドアは少し小さくできていて、かがんでお店に入ります。1階はスタッフが働いている場所で、2階、3階に席があります。


店内も木の机と机が可愛らしく、壁面には絵が描かれていてカフェの世界観にこだわりが感じられます。メルヘンにあふれた店内ですが、シンプルなインテリアなので、メルヘン過ぎて居心地が悪いということもありません。

f:id:satomi77:20170404144623j:plain

やはり来ているのは若い女性や子供連れのママがほとんどですが、カップルで来ている方も何組かみかけました。スタッフは1階にいるため、柱に取り付けられているインターフォンでオーダーします。会計はテーブルに置かれている木のスプーンを1階まで持って行きます。このスプーンもカワイイです。

 

★ほんわかカフェラテ 550円

f:id:satomi77:20170404144637j:plain


趣向を凝らした可愛いラテアートで提供されます。可愛くて飲むのがもったいないほど。豆はブラジル産のものを使用しています。ミルクの量もほどよくふんわりと泡立てられていて、コーヒーの苦味と良く合います。名前のとおり、ほんわかさせてくれる味です。

 

紅茶はポットで提供してくれるので、おしゃべりを楽しみたい方にはおすすめ。夜も営業しており、ビールやワイン、紅茶やコーヒーを使ったカクテルなど、アルコールの種類も豊富です。

 

★プリンのかくれんぼ 580円

f:id:satomi77:20170404144654j:plain

ケーキはオーダーしてから作るシステム。フレッシュな生クリームの下に隠れているのは自家製のプリン。手作りだけあって、素材の良さがダイレクトに伝わります。台はサクサクのパイ生地になっていて、中にカスタードクリームとラズベリーが入っています。

 

カスタードの甘さと、ラズベリーの酸味、プリンの素朴な甘さのバランスが絶妙。レベル高いです。

 

この他にもフードが充実しており、ドリアやトマトカレーは時間帯に関係なくオーダー可能。夜はピザも楽しめます。食事も美味しいと評判です。

 

メルヘンだけが売りなのではなく、ドリンクやフードのレベルが高い実力派。夜のフードも充実しており、遅くまで営業しているので、1人カフェ飯にも最適です。前日までに予約すると、とびきりカワイイバースデーケーキを用意してくれます。これは女の子に喜ばれそう!お誕生会を計画中の方にはおすすめです。


<カフェ情報>
ハティフナット (HATTIFNATT)
東京都杉並区高円寺北2-18-10
JR中央線【高円寺駅】北口 徒歩4分
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13040604/

 

 

 

第1位:アール座読書館

気をつけて見ていないと通り過ぎてしまうほどひっそりとあるこちらのカフェ。高円寺北口の右手にあるパル商店街を北に進み、サンマルクカフェの次の角を右に曲がった路地を少し進んだ先の左手にあります。「R座図書館」という古びた表札が目印です。この入り口から階段をのぼって2階の左手ドアを開けて店内に入ります。

f:id:satomi77:20170404144724j:plain

こちらのカフェは静かに読書するために基本的にお話するのは禁止になっています。マスターがオーダーを取りに来るときも声を潜めています。とはいえ、予めお話目的で来る場合はあらかじめ相談しておくと、配慮してくれるようです。

 

店内には大きな本棚と水槽があり、あちこちに大きなグリーンが置かれ、水のせせらぎが聞こえます。時折、古時計が時刻を知らせます。

 

テーブルはアンティークな勉強机でみなさん思い思いに読書をしたり、勉強したりしています。2人席には会話するための筆談帳が用意されています。店内は禁煙ですが、喫煙場所は別に設けられています。

 

ほとんどの方が女性で、おひとりで来られていました。なかなか複数人で来るのは難しいですが、周りがほとんど気にならないレイアウトになっているので男性でも居心地悪いということはありません。

 

★ブラジル・ブルボンコーヒー 650円

f:id:satomi77:20170404144741j:plain

小さなカップとポットで提供されます。目でも楽しめる可愛らしさ。丁寧に煎れられたコーヒーは、ふくよかな香りと厚みのある味でとても美味しいです。ポットにたっぷりと提供してくれるので、普通のカップでも2杯分は楽しめるのではないでしょうか。コーヒー数種類のほか、紅茶、緑茶など種類も豊富です。

 

★ブラウニー 200円

f:id:satomi77:20170404144755j:plain

濃厚なチョコレートのしっとりした生地に粉砂糖が振りかけられていて、ガラスのかわいいお皿で提供されます。ブラウニーならではのチョコの濃厚さがありつつ、苦味がおさえられていて、お茶と合うように作られているのがわかります。形は大きくはありませんが、かなり食べ応えがあります。

 

お店は自分のコップをセルフで持ち歩けばどの場所にも移動可能。小さな音量で流れるピアノのBGMを聴きながら水槽をぼーっと眺めるもよし、本棚の本で読書三昧もよし、せわしない日常をつかの間離れて過ごせるスペースです。

 

提供される小物もセンスあふれるもので、目でも、耳でも、味でも楽しめるカフェです。高円寺ならではの個性豊かなカフェをぜひ訪れてみてください。


<カフェ情報>
アール座読書館
東京都杉並区高円寺南3-57-6 2F
JR高円寺駅南口より徒歩5分
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13096272/

 

スポンサードリンク