女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

ホテルニューオオタニ東京「ガーデンラウンジ」ビュッフェ 口コミ

f:id:satomi77:20170224163101j:plain

 スイーツが豊富にあり、サンドイッチをはじめとした軽食にも力を入れているのがニューオータニのガーデンラウンジです。

今回は、ホテルニューオオタニ東京「ガーデンラウンジ」のサンドウィッチ&スイーツビュッフェに行ってきましたのでレポートします。

スポンサードリンク
 

 


フロアは席数も多く、開放感のある大きな窓もあります。窓からは日本庭園が見えて、絶景を楽しめます。

f:id:satomi77:20170224162910j:plain


窓側を希望するなら早めに行くと良いです。ビュッフェのスタートは11時半ですが、11時から席に案内されます。スタートまでの間、コーヒーや紅茶を飲みながら待つことが出来ます。

f:id:satomi77:20170224162920j:plain

11時半になるとスタッフの方が合図をしてくれ、そこからビュッフェが始まります。

 

f:id:satomi77:20170224162934j:plain

上に刺さった2色の三角のチョコにより、可愛らしいヨットのようなケーキがガトーショコラです。

 

上面の濃い色のチョコが甘さを想像させられ、実に食欲をそそられます。

ガトーショコラは表面のチョコレートのコーティングがつるっとしていて舌で味わいやすくなっています。チョコレートのコーティングの部分の味は濃厚で滑らかな、ほのかにビターなチョコの味がたまりません。

 

ケーキの部分は柔らかく、口の中に入れるとケーキがほどけていきます。そして生地の甘さとチョコの味が口いっぱいに広がっていきます。濃厚なチョコの味が口いっぱいに楽しめるのが嬉しいです。

 

2色の三角のチョコはパリパリしており、柔らかいケーキと違う食感が楽しめます。小ぶりながらパティシエの高い技術力を感じられる。小さくても満足度は大きく、食べると幸せな気持ちになれるケーキです。

 

f:id:satomi77:20170224162952j:plain

茶色の表面が目を惹くのが、アーモンドクリームブリュレです。

 

スプーンを入れた時に、「パリッ!」と割れる砂糖が小気味良く、割るのが楽しいです。カスタードは非常に滑らかで、口に含むとすっと溶けます。

 

舌だけで噛めるほどの柔らかさが素晴らしいです。カスタードの甘さを口いっぱいに味わえます。食べている途中に、香ばしいアーモンドの匂いも堪能出来るのもいいです。ふわっと鼻に抜けていくアーモンドの香りがたまりません。

 

砂糖とカスタードだけでなくアーモンドの匂いも楽しめる。3つを1度に堪能出来る贅沢なスイーツです。

 

f:id:satomi77:20170224163010j:plain

銀色のアラザンがまるで真珠のよう。白と黄色の2色が綺麗で、ちょっとした贅沢な気分が味わえるのがダブルチーズケーキです。

 

その名の通り、2つのチーズケーキの味を1度に楽しめる、夢のようなスイーツです。
白い部分はレアチーズとなっており、噛めば口の中で溶けていきます。ほんのり酸味がありさっぱりした甘さとなっています。さっぱりした甘さなので後味も良く、どんどん食べられます。

 

黄色い部分は濃厚なチーズの味と甘さが楽しめるベイクドチーズケーキ。食べ応えがあり、濃厚な味が口の中に余韻として残ります。チーズの味が長く楽しめるのがたまりません。


どちらも単体で食べても美味しいのに、合わさることでさらに美味しくなっています
2つの味を同時に楽しめる、贅沢なスイーツがダブルチーズケーキです。この味ならいくつでも食べられます。

 

f:id:satomi77:20170224163024j:plain

添えられた赤い苺と真っ白な部分が可愛らしいのが豆乳のパンナコッタです。

 

紅白なので、少しめでたい気持ちになれるスイーツです。

パンナコッタは口の中で少しずつ溶けていきます。その際に、濃厚かつ滑らかな、豆乳の味が楽しめます。しかも食べ終わっても口の中にミルキーな豆乳の味が残ってくれるのので、長く余韻に浸れます。

 

苺は食べると甘みを感じ、その後にほのかな酸味を感じられます。酸っぱいだけではない、甘さがしっかりある美味しい苺を使っているのは流石です。

 

この苺のお陰で濃厚なパンナコッタもすっきり食べられるのが良いです。
豆乳と苺、違う甘さが交わることで美味しさが増します。こういった組み合わせも楽しめる、嬉しいスイーツです。

 

f:id:satomi77:20170224163045j:plain

透き通った黄色と、散りばめられた柚子が美術品のようなのが柚子ゼリー。

見た目も爽やかで風情があり、見ても楽しめます。

ゼリーはまるで飲み物のようにするっと口の中に入ってきます。そのお陰で口の中いっぱいに柚子の爽やかな甘酸っぱさが広がります。柚子の味を存分に楽しめ、口の中をさっぱりさせてくれます。

 

散りばめられた柚子は食感があるので、いいアクセントになっています。ゼリーよりもダイレクトに柚子の味を感じられます。

 

この柚子により味が変化し、柚子の爽やかな味や酸っぱさをより感じられます。
爽やかな柚子の味を十二分に楽しめる、美味しいゼリーとなっています。

 

ゼリーが少量なので、他のスイーツを食べながらでも気軽に楽しめます。そういった工夫もされているのはビュッフェでは嬉しいものです。

 

f:id:satomi77:20170224163101j:plain

みんな大好き、王道の苺のショートケーキ。

ビュッフェならいくつでも食べられるのが嬉しいです。スポンジ・生クリーム・苺が重なる断面を見ればテンションが上がります。

 

ショートケーキは非常にふんわりしていて、噛むたびに生クリーム・スポンジ・苺の味がふわっと口に広がっていきます。生クリームは上品な甘さがあり、しつこくありません。


スポンジはふんわりとしていて非常に美味しいです。
生クリームとスポンジを味わった後にやってくるのが苺です。新鮮で上品な甘さがあり、ほんのりと感じる甘酸っぱさは食べていて笑顔になれます。

 

どの具材も埋もれず、しっかり味わえて美味しい。流石は有名ホテルのパティシエ作の苺ショートケーキです。馴染みがありながらも、ハイレベルなクオリティを誇ります。
食べると思わず笑顔になれる味です。

 

f:id:satomi77:20170224163117j:plain

黒いコーヒーゼリーの上に広がる真っ白なミルクが目立つのが、ピュアコーヒーゼリーです。

 

ニューオータニのコーヒーゼリーはちゅるんと口に入り、程よい弾力があります。食べると品の良いコーヒーの味や香りを楽しめます。上等なコーヒーを、そのままゼリーにしているようで美味しいです。

 

ミルクの部分はしっかりした甘さがありながら、コーヒーの味を消しません。コーヒーの味を引き立てる、名脇役のような存在です。


甘みとコーヒーならではの苦みも楽しめる。コーヒーゼリーは大人の味に仕上がっています。

 

f:id:satomi77:20170224163131j:plain

2色のチョコのラインが美しく、見た目も可愛らしい外見になっているのがチョコレートシフォンです。

 

お洒落な表面を見ると楽しい気持ちにしてくれる、見た目もいいスイーツです。
食べると外側は滑らかで、中のケーキはしっとりとしているのがこのチョコレートシフォン。

 

上の白い部分はとてもミルキーです。しっかりとした甘さが感じられ、思わず笑顔になる美味しさになっています。

 

チョコケーキの部分はしっかりとした甘さがあるのに上品。その甘さが少しずつ口の中に広がります。口の中からなくなっても、上品なチョコの甘さの余韻に浸れるのが嬉しいです。

 

チョコレートシフォンは食べると最初はミルキーさが味わえ、次第にチョコの味がします。味の変化も楽しめるケーキとなっています。
ケーキの味が口の中に残り、幸せな余韻に浸れる。そんな嬉しいケーキが、このチョコレートシフォンです。


カップケーキは3種類あります。レモン・チョコレート・シリアルと色とりどりで見た目も良く、楽しい気分にさせてくれます。
カップケーキは味だけでなく、それぞれ飾り付けも違い、工夫も凝らしてあるのが嬉しくなります。

 

f:id:satomi77:20170224163146j:plain

鮮やかなイエローと、散りばめられたカラフルなチョコが可愛いらしいのがレモン味のカップケーキ。

 

口の中に入れると生地がほどけていくのがたまりません。生地は素朴な甘さなので食べやすいです。

 

クリームはレモンがほんのりきいていて、後味は非常にすっきり。見た目よりもさっぱり食べられます。レモンの酸味が心地よいカップケーキです。

 

f:id:satomi77:20170224163200j:plain

チョコレート味のカップケーキは、生地とクリーム、そしてその上に花の形をしたチョコが添えられています。1度にチョコをたっぷり楽しめるケーキです。

 

花の形のチョコが可愛らしく、楽しい気分にさせてくれる工夫が施されています。こういった遊び心もいいですね。

 

食べるとそれぞれのチョコの味を堪能出来ます。
上の濃い色のチョコクリームは、はっきりした甘さがあって美味しいです。

下のチョコケーキは素朴な味で、チョコの甘さをじっくり楽しめます。


口に含むとはっきりとしたチョコの味から素朴な味へ、チョコの移り変わりが楽しめる。チョコ好きにはたまらないカップケーキです。

 

f:id:satomi77:20170224163216j:plain

目を引くピンクのクリームに、銀のアラザンが散りばめられている、まるでツリーのような可愛いケーキになっているのが、カップケーキのシリアル味です。

 

クリームもケーキも滑らかで、食べると口の中いっぱいその味が広がっていきます。
ピンクのクリームは花のようないい香りがあります。この香りが華やかでたまりません。クリーム自体は程よい甘さになっています。

 

下のケーキはシンプルな甘さに仕上がっています。クリームとケーキは見た目よりもさっぱりとした味になっており、程よい甘さが美味しいです。

 

また散りばめられたアラザンも食感が良く、贅沢な気持ちにさせてくれるカップケーキとなっています。

 

それぞれ違う味・工夫を施されたカップケーキ。そこにはパティシエのおもてなしの心が感じられます。


そんなカップケーキを好きなだけ楽しめるのが、ビュッフェの嬉しいところです。

 

f:id:satomi77:20170224163241j:plain

柔らかなピンク色のケーキが苺のシフォンケーキです。

食べた時の、シフォンケーキならではのふわっとした食感がたまりません。


ほのかな苺の味と香り、そして優しい甘さを楽しめるケーキです。上にかかっている生クリームははっきりとした甘さがあって美味しいです。

 

口に含むと先に生クリームの味、その後に苺の味と変化が楽しめます。生クリームの甘さと素朴な味の苺の組み合わせが楽しめる、優しい味のケーキです。

 

f:id:satomi77:20170224163257j:plain

色とりどりの小さな宝石が散りばめられている。そんなスイーツなのがedo SWEETS豆かんです。綺麗な見た目なので、見ると思わずテンションが上がります。

edo SWEETS豆かんはお好みで黒蜜をかけて食べます。

 

f:id:satomi77:20170224163308j:plain

寒天の程よい硬さ・弾力感が絶妙です。そのお陰でぱくぱく食べられます。

寒天は黒蜜と相性が良く、合わさることでより甘さが増します。濃厚な甘さの黒蜜を、口の中いっぱいに堪能出来ます。

 

豆のお陰で味や食感が変わるのが嬉しいです。1皿で色んな食感と味が楽しめます。
ニューオータニのビュッフェでは、edo SWEETS豆かんのような和の味も楽しめるのがお得です。

 

f:id:satomi77:20170224163328j:plain

フルーツがふんだんに入っているのが、フルーツヨーグルトです。

 

ブルーベリーやミカン、キウイと様々な種類のフルーツが入っており、どれも新鮮なのが嬉しいです。ヨーグルトは食べやすく、口の中にするする入っていきます。味自体は酸味がきいていながらほのかに甘みがあり、食べやすく美味しいです。

 

そこに新鮮なフルーツが加わり、ヨーグルトと合わさることでより美味しくなっています。フルーツはそれぞれの味・食感が楽しめるので、食べていて贅沢な気持ちになれます。


フルーツの新鮮さをたっぷり味わえ、ヨーグルトによってより美味しく食べられる。そんな贅沢さを味わえるのがこのフルーツヨーグルトです。

 

f:id:satomi77:20170224163342j:plain

プレーンと生地にチョコが染み込んだものの、2種類の味があるのがフレンチトーストです。トッピングもたくさんあり、自分だけのフレンチトーストが作れます。

 

トッピングはマシュマロにチョコスプレー、カラースプレー、パンプキンシードがかけられます。ソースは3種類あり、ラズベリーソース・ブルーベリーソース・キャラメルソースがあります。今回はラズベリーソースをチョイスしました。


フレンチトーストは生地に甘さがしっかり染み込んでいます。しっとりとしており、噛めば噛むほど甘みが出てくるのが嬉しいです。プレーンは卵の味と濃厚な甘さが楽しめます。


口に含むと、素朴な甘さが口の中にふわっと広がります。その瞬間はまさに至福のひと時。ベリーソースをつけることで甘酸っぱさが加わり、バクバク食べられます。

 

f:id:satomi77:20170224163358j:plain

チョコのフレンチトーストは、生地にチョコが染み込んでいます。

 

染み込んでいない部分もあるので、チョコの濃厚な甘さとプレーンの味の2種類を堪能出来ます。美味しく、食べると得した気分になれるフレンチトーストです。

 

ベリーソースをつけるとチョコの味を引き出してくれます。食べた際は最初にベリーの甘酸っぱさ、次第にチョコの甘さを感じられます。甘酸っぱさが加わりより美味しくなるのです。色んな甘さを一度に楽しむことが出来ます。

 

小さいながらもしっかりとした味わいのフレンチトースト。好きなだけ食べられて、自分好みにアレンジも出来る楽しいスイーツです。

 

f:id:satomi77:20170224163413j:plain

見惚れるほどの白さを誇るのが、ホテルニューオータニ特製バニラアイスクリーム。

 

口に含むとじわじわとアイスクリームが溶けていきます。バニラの濃厚な甘さが口の中に広がるのがたまりません。アイスクリームの味はコクがあり、上品な甘さです。口にした時に、クオリティの高さを感じることが出来ます。

 

濃厚なバニラの味や甘さが良く、口いっぱいに広がっていく際はまさに至福の時です。思わず笑みがこぼれるアイスクリームです。

 

f:id:satomi77:20170224163424j:plain

鮮やかなピンク色をしているのが、苺のシャーベットです。

 

苺のシャーベットは口に含むとすーっと溶けていき、すっきりとした苺の味を楽しめます。シャーベットなのでさっぱりしていて食べやすいのも嬉しいです。

 

食べ終わった後も口の中に苺の味が残るので、爽やかな苺の味を長く堪能出来ます。
幸せな時間が続くシャーベットです。

 

ニューオータニのビュッフェのガーデンラウンジでは、サービスが非常にこまやかです。料理を取り行き、帰ってくる頃にはお皿を下げてくれています。

 

またお水やコーヒーや紅茶がなくなるとすぐにお代わりを注いでくれます。料理も素早く補充されるので、食べたいものがないということはありません。
スタッフのきめ細かなサービスは素晴らしいの一言。邪魔をせず、さりげなく気を利かせてくれるサービスは流石ニューオータニです。

 

ニューオータニのガーデンラウンジなら、素材が良く上品な甘さがあり、高い技術力を感じられるスイーツが楽しめます。

 

美味しいものを食べながら優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

ホテルニューオオタニ東京「ガーデンラウンジ」
〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4‐1

 

スポンサードリンク