読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

自由が丘のスイーツがおいしいカフェ BEST5

f:id:satomi77:20170222084211j:plain


スイーツが豊富にあり、オシャレな街のイメージである自由が丘のカフェを5店舗巡りました。独断と偏見で5つのカフェをランキングにさせていただきます。

 

 

スポンサードリンク
 

 

5位「カフェ・アンセーニュ・ダングル 自由が丘店」

f:id:satomi77:20170222084008j:plain


まず、5位は、カフェ・アンセーニュ・ダングル 自由が丘店です。

f:id:satomi77:20170222084016j:plain


10時から23時までと夜遅くまで開いているカフェで、北口駅のすぐそばで、線路沿いにあります。


昔ながらの喫茶店、というのが第一印象で、最終的にも第一印象がそのままでした。

全席喫煙可能な様子で、全体的に煙たかったです。


喫茶店の中の喫茶店、という感じなので、比較的年齢層は高めで、オシャレなおじさまとおばさまが多くいたように感じます。

 

コーヒーは豆からこだわっているようで、10種類以上のコーヒーメニューがありました。アイスかホットとかだけでなく、豆の種類も選べます。コーヒーがメインのようで、メニュー表の大部分をコーヒーが占めています。

 

他には、食事系のクロックムッシュとチーズケーキ、フルーツジュースが3種類ほどあったぐらいでした。

 

カウンターの席からはコーヒーを煎れている様子が見られます。
オープンキッチンのようなイメージです。

 

たくさんのポットを火に掛けてお湯を沸かし、順番にコーヒーを煎れています。常時4人ほどの店員さんがそのカウンター席の前で調理やコーヒー入れをしていました。

店内には2人ほどの方が歩き回って、サービスや会計などを行っています。

 

コーヒーを煎れるカップやソーサー、グラスなどにこだわっているみたいで、カウンターから見える壁にはキレイに並べられていました。

 

長時間居座られると困るからか、パソコンの使用禁止、という貼り紙がされています。一人で長居する喫茶店、というよりは3~4人でおしゃべりをしながら一時を楽しむ、というような雰囲気のお店でした。

 

チーズケーキが売りのようで、各テーブルの上に小さめのプレートが置いてありました。クロックムッシュ700円とオススメであるホワイトフロマージュ(自家製チーズケーキ)500円を注文しました。

 

f:id:satomi77:20170222084030j:plain

クロックムッシュは食パン2枚にチェダーチーズとハムを挟んで、上にホワイトソースとチーズ、粉チーズを乗せて焼いてあり、4つに切り分けられていて、食べやすかったです。

 

付け合わせにはレタスも数枚添えられていました。
チーズケーキは、まさに自家製、という感じでチーズが濃厚でした。

会計は現金のみでカードなどは利用出来ません。
レジなどはなく、レシートもなしです。

 

決して若者向けではありませんが、喫煙者で、コーヒーを飲みながらおしゃべりする、まさに喫茶店、そんな時間を楽しみたい人にはぴったりのお店だと思います。

 

<カフェ情報>
カフェ・アンセーニュ・ダングル 自由が丘店
東京都目黒区自由が丘1-13-6 鳥井ビル1F
東急東横線・大井町線 自由が丘駅北口 大井町線線路沿い すぐ
食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13017724/

 

 

 

 

4位「TCカフェ」

f:id:satomi77:20170222084044j:plain


4位は、TCカフェです。

TCとは、TIMELESS COMFORTの略だそうです。

8時30分から19時までで、自由が丘駅北口から200mと結構近いのですが、少し入り組んだ場所にあり、雑貨屋さんの奥にカフェがあります。
そのため、カフェを見つけるのは少し大変でした。

 

カフェ自体はそんなに大きくなく、座席数は30席ほど。
テイクアウトもやっているそうで、パイなどがお持ち帰り出来ます。

 

九州パンケーキの粉を使っていてる、ベリーベリーパンケーキ(メープルソース付き)税込み1100円を注文しました。焼き上がりまで20分ほどかかるそうです。

 

f:id:satomi77:20170222084054j:plain

小さめのパンケーキが4枚重ねで、上にはこれでもか!というぐらいベリーが乗せられています。

 

バニラアイスクリームも乗っていて、温かいパンケーキとベリーとすごく合い、
中にはバナナも入っていて、とてもおいしいです。

 

パンケーキ、ケーキ類の他には、ベーグルのフレンチトーストという変わり種のメニューもありました。

 

ランチも行っているようで、だいたい1500円は前後ぐらいでハンバーグ、オムライス、サンドイッチ、パスタやグリルチキンのサラダなどがいただけます。

 

飲みものは、コーヒーや紅茶はもちろん、スムージーなどのソフトドリンクだけでなく、ワインやビールなどのお酒類も置いています。

 

カフェを利用している客層としては、お姉さんやマダムが多かったです。あまり長居は出来なさそうですが、休憩ぐらいにはいいかもしれません。


<カフェ情報>
ティーシーカフェ 自由ヶ丘店(TC cafe)
東京都目黒区自由が丘2丁目9-11
自由が丘駅から200m
食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13103531/

 

 

 

 

3位「和良自由が丘工房&WARA CAFE」

f:id:satomi77:20170222084115j:plain

3位は和良自由が丘工房&WARA CAFEです。

自由が丘駅正面口から歩いてすぐの場所にあります。お店を探すときはカフェを探すよりは、パン屋さんを見つけたほうがわかりやすいかもしれません。

 

1階はベーカリーとなっていて、10時から20時までオープンしています。
そして2階がカフェ&ダイニングです。


天愛は35席あり、わりと広々としていました。

ランチでは自家製の米粉パンが4種類食べ放題もセットも行っているので、カゴいっぱいに盛られたパンの山がテーブルにいくつかあり、温めて食べられるように隣にはレンジやトースターが置かれていました。

 

ディナーの時間にはコースがあったり飲み放題があったりと色々なものが楽しめる店舗です。

 

カフェ利用でのドリンクは、紅茶やコーヒー、ソフトドリンクだけでなく、鎌倉野菜の自家製野菜ジュースなどというこだわったものもありました。

 

シフォンケーキやスープなど、夜になってしまうとすでに売り切れてしまっている場合もあるそうなので要注意です。

 

下のパン屋さんで買った米粉パンを上で飲み物と一緒に注文して食べる、ということもできるみたいですので、優雅な朝ごはん、などに向いているかもしれません。

今回は、米粉のパンケーキ1100円を注文しました。

 

f:id:satomi77:20170222084126j:plain

パンケーキにベリーは本当に合いますね!

米粉なので普通のパンケーキの違い、とってもモチモチでおいしい!
これはぜひ試していただきたい一品です。

 

「和良自由が丘工房&WARA CAFE 」は、すごい混雑している雰囲気ではなく、とても落ち着いたカフェで、ゆったりとした時間を過ごすには最適だと思います。

 

<カフェ情報>
和良自由が丘工房&WARA CAFE
東京都目黒区自由が丘1-26-9
東急東横線/大井町線自由が丘駅 正面口より徒歩2分
食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13109610/

 

 

 

 

2位「花きゃべつ」

f:id:satomi77:20170222084139j:plain

自由が丘駅の南口から徒歩ですぐのところにカフェがあります。

入り口を入ってすぐの真ん中に大きなテーブルがあり、16人ほどが相席で座れるスペースになっており、窓際壁際には20人ほどが入れそうでした。


「花きゃべつ」は、創業37年で5代目パンケーキの専門店。
長年の経験と研究開発の結果、独自のパンケーキを作り上げたので一般にあるパンケーキやホットケーキとは一味違うとのことです。

 

パンケーキが全部で50種類ほどあるので、何を注文するか本当に悩みました。
ツナやジャーマン、チーズなどのお総菜系もありますし、定番のチョコレートやマロンなど和風、フルーツとかなりたくさんです。

 

そして、パンケーキ以外には、白玉ぜんざい、パフェ、スープ、サラダ、オムレツ、かき氷などもあり、普通に食事をしたり、デザートだけを食べることもできます。

ドリンクもコーヒー、フロートやソフトドリンクだけでなく、ワインやビールなどのアルコールも取り扱っています。

 

今回は、メニューにも「オススメでクセになる」と吹き出しが書かれていたツナチーズとプレーンのパンケーキを注文しました。

 

鉄板の都合上、4人分ずつしか焼くことができないそうで、混んでいて注文が被ったりするとすこし焼き上げに時間がかかるそうです。

 

私が入ったときは座席としては混みあっていましたが、これから注文する人たちはあまりいなく、タイミングが良かったので注文したらすぐに運ばれてきました。

 

f:id:satomi77:20170222084146j:plain

f:id:satomi77:20170222084153j:plain

 運ばれてきて実際に見た第一印象は、薄いかな?という感じでした。

今は、ふわふわのパンケーキや分厚いパンケーキが流行っているからなおさらそのように感じます。

 

ただ、ここのパンケーキは1枚がデカいです。
そして食べごたえがありまます。

 

ツナチーズはアツアツで、上あごがやけどしそうになりますが、とっても美味しかったです。中に卵も入っていて、それぞれが本当にマッチしていて、クセになります。

これはハマると思いまよ!

 

プレーンのパンケーキには、バターが乗せられていて、さらにメープルシロップとハチミツが一緒に提供され、好きなのをかけて食べる、という感じです。

 

メープルシロップは結構甘めで、ハチミツは特有の苦さが少しあったので、いっそのこと両方一緒にかけてみたら、と思い挑戦したら以外に美味しかったです。

 

<カフェ情報>
花きゃべつ
東京都目黒区自由が丘1-7-3 自由が丘第一マンション 1F
東急東横線・東急大井町線自由が丘駅南口 徒歩3分
食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13017705/

 

 

 

 

1位:FLIPPER'S 自由が丘店

 

f:id:satomi77:20170222084202j:plain

「FLIPPER'S 自由が丘店」は、2016年9月16日にオープンしたばかりで、「奇跡のパンケーキ」を提供するスフレパンケーキ専門店です。


カフェは、自由が丘駅南口から歩いてすぐで、洋服屋さんの上の階にあり、階段を上がったところすぐに待つ列ができていました。

 

紙に順番待ちの氏名、人数などを記入してイスに座って待ちます。
近くにメニュー表もいくつか置いてあります。

 

30分ほど待つと席に案内されました。注文するものはすでに決まっているのですぐにオーダーします。

 

今回は、自家製レモネードのアイスと奇跡のパンケーキプレーン1000円をオーダーしました。

 

f:id:satomi77:20170222084211j:plain

他にパンケーキは、甘いのが2種類で1月7日から2月28日まで限定のヘーゼルナッツチョコレート1100円とフレッシュフルーツ1300円、おかず系が熟成ベーコンとエッグのパンケーキ1100円、フレッシュサーモンとアボカドのパンケーキ1200円がありました。

 

おかず系のパンケーキは奇跡のパンケーキと違って1枚1枚が薄いです。テイクアウトできるパンケーキパイというものもあり、プレーン、ショコラ、レモンクリームチーズの3種類があります。

 

奇跡のパンケーキが到着すると、フォーク2本で食べてください、と言われます。ちなみにナイフは用意されていません。


食感はふわっふわでやわらかい!
ナイフを使わない食べ方はとても斬新でしたが、フォークで十分です。

 

そして、上に乗っている真っ白なオリジナルメープルバターとクリームがまた、このふわふわな生地にすごく合うのです。

 

この奇跡のパンケーキは、席に着くまで30分の待ち時間、さらに焼き上げ時間20分を経てから食べるだけの価値は十分あると思います。

 

店内もすごくおしゃれで落ち着いていて、雰囲気、味ともに大満足でした。

 

<カフェ情報>
FLIPPER'S 自由が丘店 (フリッパーズ)
東京都目黒区自由が丘1-8-7 3F
東急大井町線自由が丘駅南口 駅から71m
食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13099978/

 

スポンサードリンク