女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

恵比寿駅周辺の素敵なカフェ5選

f:id:satomi77:20170216162611j:plain

ここでは恵比寿駅周辺にある女子好みのスイーツやコーヒーがおいしいカフェを5つピックアップして紹介します。実際にカフェに足を運んでコーヒーやスイーツをいただいてきましたのでレポートします。

 

 

スポンサードリンク
 

 

恵比寿らしいテイストミックスのレトロな隠れ家カフェ「Pile Café(パイルカフェ)」

f:id:satomi77:20170216162708j:plain

メトロ日比谷線恵比寿駅からほど近くにある古い雑居ビル2階にあるのが「Pile Cafe(パイルカフェ)」。「恵比寿リノベーションカフェ」の先駆けともいえるこのお店、ディープな70年代のレトロ感とMOMA風アートの組み合わせがとってもオシャレです。

 

店の入り口にあたる1階のビル階段付近には小さな看板がひとつあるだけ。それに気が付いてもそこからどうやってお店に行くのか正直全くわかりません。

 

少しいながら奥の居住棟との間の階段を上がると現れるお店の入り口。透明のビニールと大きな黒板のお品書きに辿り着きます。この圧倒的な隠れ家っぽさは友達を連れてゆくだけでもちょっと優越感ですよ。

 

f:id:satomi77:20170216162227j:plain

店内は意外と広く、奥の窓際に6人掛けレザーのユーズドソファーが2つ。他に4人掛け2セット、2人掛けのテーブル&ソファーも10組程度あり、いつも賑わっています。

 

かなりゆったりしたお店で居心地が良いのでウィークデーの昼間はクリエーターの方々やノマド系のお客さんがPCを広げている姿が多く見受けられます。音楽や薄暗い照明が落ち着いた印象を与えてくれ、お仕事などでもリラックスして過ごせます。

 

また隠れ家度が高いので常連さんが多く待ち合わせなどに使われる事も多いようですね。ランチ営業には付近のアパレルショップやヘアサロンのスタッフの方々もたくさん訪れて、よりファッショナブルな雰囲気になります。

 

小さなカウンターとキッチンはオープンでスタイリッシュなイメージ。看板の手書きの店名やメニューのフォントも一々心憎いソーホーテイスト。女子心をくすぐります。

f:id:satomi77:20170216162250j:plain

f:id:satomi77:20170216162302j:plain

こちらでおすすめのメニューは「ショコラショー」。甘さを程よく抑えたホットチョコレートは寒い季節にはほのぼのとします。そして良く周りを見ると女性だけでなく男性も結構な比率で頼んでいます。

f:id:satomi77:20170216162311j:plain

甘さ控えめな分他のスイーツも楽しんでみて下さい。

今回は「ショコラショー」との相性を考えて、ベリーソースの酸味がとっても爽やかな「ガトー・オ・フロマージュ」をチョイスしました。

f:id:satomi77:20170216162320j:plain

レアっぽいチーズの柔らかな口どけとしっかりしたコクが本格的。またほど良いポーションなので無理なく美味しくいただけます。

 

ちなみに夜はBAR&DINNERとしても営業。特に週末は朝4時までの営業なので夜の2件目にチョイスするのもGOOD。フードのラストオーダーが23時と遅く使い勝手の良さもポイントが高いですね。

 

アルコールはワインの品揃えが特に豊富なのでお好きな方にはおすすめです。個室もあるので予約してゆったりと女子会を楽しんでみるのもいいですね。

f:id:satomi77:20170216162329j:plain

 

<カフェ情報>
Pile Cafe
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-8-2 恵比寿ウエストパレスビル 2F
電話: 050-5868-1417
JR 恵比寿駅 徒歩1分
地下鉄日比谷線 恵比寿駅 徒歩1分
ぐるなび: https://r.gnavi.co.jp/a242104/

 

 

 

今時のブルックリンを恵比寿で再現してくれるお店「Asylum」

f:id:satomi77:20170216162400j:plain

恵比寿の駅から徒歩約7分、JR山手線の線路沿いを渋谷方面に歩き比丘橋の交差点を右に曲がります。この明治通りまでの数十メートル続く裏路地にはスタイリッシュなお店が点在しています。

 

「Asylum」もそのうちのひとつ。レンガをあしらった入り口はブルックリンのさりげないカフェやセレクトショップを思わせるかわいらしい作りです。

f:id:satomi77:20170216162410j:plain

店内は2人掛けのテーブル4席と5人掛けのカウンターのみ。この日はガラス張りの店頭にある丸テーブルを選びました。「カップルで来ればよかったとのに、、、」、そのくらい距離が近づく横並びの椅子に座って、ゆったりと暮れなずむ街を眺めること。リラックスできる最高の時間です。

f:id:satomi77:20170216162421j:plain

f:id:satomi77:20170216162430j:plain

店内には素敵なJAZZが心地よく流れています。レコード独特の音の温かみに心癒されます。夕暮れに恵比寿の路地をふっと見つめながら聞くチック・コリアは60年代から70年代のJAZZ喫茶へのオマージュ。それが50年近い時を得て新しいスタイリッシュな空間としてよみがえります。

 

JAZZと共にこちらのお店のもう一つの売りは、何といっても自家焙煎のコーヒー。お店の奥には焙煎器が設置されていて半端のないこだわりぶりは好印象です。

f:id:satomi77:20170216162439j:plain

豊富なドリンクラインナップの中でもご自慢のオリジナルコーヒーがこちらの「Asylum Blend」。中煎りなので程よい苦みとほのかな酸味でとっても飲みやすくおすすめです。500円とお値段もお手頃。さらに2杯目は300円と良心的なのも嬉しいですね。これなら話が弾んでも大丈夫。もちろん違う種類をオーダーしても2杯目このお値段です。

f:id:satomi77:20170216162451j:plain

この日は珈琲との相性を考え、少しだけ甘めのシフォンケーキもオーダーしてみました。ケーキとのセットにするとドリンクは100円のオフ。合わせて900円は恵比寿という立地を考えると素晴らしいコスパです。お味もほんのりと香るバナナのが絶妙。シンプルですがリピートしたくなる美味しさです。

f:id:satomi77:20170216162500j:plain

本格的なコーヒーの味わいを活かした「アフォガード」も絶品。上質な香りとほろ苦さが専門店ならではと評判です。またコーヒーはテイクアウトも出来るので、暖かな日にはオシャレな店内でのんびりした後、代官山辺りに足を延ばすのもおすすめです。

 

<カフェ情報>
Asylum(アライサム)
住所: 東京都渋谷区東2-29-6 セントラル恵比寿ビル 1F
電話: 03-6418-5313
URL: http://asylumcoffeeroasters.com/index.html

 

 

 

恵比寿のシンボルタコ公園近くに秘密の隠れ家を発見「loger cafe」

f:id:satomi77:20170216162510j:plain

「小雪まじりの夕方、美味しいエスプレッソを飲みながらのんびり暖まりたい。」そんな気持ちで選んだのがこちら「loger café(ロジェ カフェ)」。リノベ系カフェの中でも特に隠れ家度が高くゆったりしている店内は、オレンジ系のレトロ照明でほんわかライティングされた癒し空間。いつ来ても変わらない落ち着いた雰囲気が持ち味です。

 

ご覧ください、この普通すぎる階段。

f:id:satomi77:20170216162518j:plain

この階段を上るとすぐ左手にお店があります。けれど、まず外から見つけられません。当然のようにお客様は常連風な方が多いのも特徴的です。またこちらのお店はモデルやスタイリストなどとってもオシャレなイケメン比率が高い!一番奥のソファー席に陣取って素敵男子をウォッチングするのも悪くありませんね。

 

ショートエスプレッソ300円と一緒に頼んだのがお気に入りのキャラメルパンプティング。優しい食感と適度な甘み、単体でもかなりクオリティーの高いバニラアイスが少し溶けはじめたら食べごろです。比較的大きまですが、ラズベリーの酸味がアクセントとなってペロッと食べられてしまいます。

f:id:satomi77:20170216162537j:plain

f:id:satomi77:20170216162544j:plain

18:00からディナータイムへ。スタッフが店内のキャンドルにひとつひとつ灯を点してゆきます。ランプシェイドから拡がる淡い光と相まってとても幻想的な雰囲気に変わります。

 

古いロールトップデスクに並べた500分の1エッフェル塔オブジェ。「秋の木立の色」がとても優しく感じられます。外が暗くなってオリジナルのウォールアートがオレンジの光に同化したころ、アルコール目当てのお客さんも増えてきます。

f:id:satomi77:20170216162554j:plain

今日はこの1杯だけ飲んで帰る、、、そんな日があっても良いですね時間に関係なくいつでもくつろげるカフェなのでチェックしてください。

 

<カフェ情報>
loger café(ロジェカフェ)
住所:東京都渋谷区恵比寿1-7-3 第一協栄ビル 2F
電話: 03-3445-1700
JR 恵比寿駅 西口 徒歩3分
地下鉄日比谷線 恵比寿駅 徒歩3分
ぐるなび: https://r.gnavi.co.jp/a242102/

 

 

 

目の前には恵比寿公園、地域一番今もっとも注目のカフェ「CAFÉ PARK」

オーガニック、ナチュラル、リラックスそして美味しい!恵比寿で今NO.1の注目カフェが「CAFÉ PARK」です。

 

東京メトロ日比谷線4番出口にほど近い恵比寿公園。恵比寿駅と代官山の真ん中にあり、平日はご近所のママ友たちが子供を遊ばせています。駒沢通りの一本裏手にあたり、ファッション発信地とは思えないような「居住地・恵比寿」というもう一つの顔が垣間見れます。


公園を取り巻くビルのひとつにあるのが「CAFE PARK」。入り口はこんな感じです。

f:id:satomi77:20170216162611j:plain

ビルの1階から階段で数段降りるとすぐ、広い踊り場に面したオシャレなお店が現れます。天気のいい日はテラス席がおすすめです。また入り口側は全面ガラス張りなので、冬でも陽ざしを感じながらのんびりと過ごせます。

f:id:satomi77:20170216162735j:plain

ちなみにこのテラス席、夜はバーベキューの予約も受け付けています。こんな都会の真ん中で手軽にバーベキューパーティーが楽しめるなんて驚きですね。美味しい有機野菜と焼きたてのお肉で女子会も楽しめそうです。

 

この日訪れたのは土曜日の13時過ぎ、ランチタイムのお客さんとフリーWifiを利用して勉強する学生や仕事をしているノマド系の方々など幅広い客層で賑わっていました。

 

店内はスタイリッシュでシンプルなテーブル席、PCを使用している人が多い大テーブル、そしてアクセントのように素敵なベージュのレザーソファー席と幅広いニーズに対応。貸し切りでイベントとが出来る程のゆったりとした広さがあり最高の居心地です。

f:id:satomi77:20170216162747j:plain

ナチュラルテイストのインテリアに囲まれた明るい店内、少しお腹が空いていたのでこちらの定番ランチメニューの「ハンバーガー」をチョイスしました。

f:id:satomi77:20170216162757j:plain

臭みが無くほど良いボリュームのパテ、また「サラダ」、「トマト」と「ポテト」のおいしさは秀逸!オーガニック押しだけ有ってさすがの素材感です。ランチタイムには+200円でドリンクもセットできます。


コーヒーを頼みましたが、こちらのお味もクセがなくさらっとした飲み味。またカップは一見何でもないデザインなのですが、お店の雰囲気にジャストフィットしています。

 

ついつい気になって裏を見ると今注目のメイドインジャパン「HASAMI」のブロックマグ。ライフスタイル提案型のカフェとしてさりげないこだわりの積み重ねが心地よい空間を提供してくれます。

f:id:satomi77:20170216162806j:plain

せっかくなので、美味しいと評判のスイーツ「ホームメイドオーガニックキャロットパイwithバニラアイス」もオーダーしました。

f:id:satomi77:20170216162813j:plain

パッと見普通のパイです。

少し近づいてみると、、、

f:id:satomi77:20170216162821j:plain

ほんとうに中身はほぼ全てニンジンです(笑)。正直大好物ではありませんが評判を信じて一口。ほのかなニンジンの香りと甘みがパイ生地と不思議と良くあっています。暖かなパイにちょっとだけバニラアイスをのせてまた一口。まさに評判通りの味わいでとても美味しく頂けます。絶対おすすめのスイーツです。

 

デートの待ち合わせ、女子同士の秘密の恋バナ、みんなで楽しむ飲み会やバーベキューまで、カジュアルでフリーな使い勝手の良いオシャレカフェ。恵比寿でのショッピングやギャラリー巡りの拠点として知っておきたい素敵なお店です。


<カフェ情報>
CAFÉ PARK
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-21-15 コンフォリア代官山 B1
電話:03-6416-0122
東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」から徒歩2分
JR山手線・埼京線「恵比寿駅」西口から徒歩5分
URL: http://cafepark.jp/

 

 

 

有名ライブハウスに併設のスタイリッシュなフリースペース「TimeOut Cafe&Diner」

f:id:satomi77:20170216162843j:plain

音楽シーンを揺るがす東京の代表的ライブハウス「リキッドルーム」。こちらの2階奥にお店を構えるのが「TimeOut Cafe&Diner」です。

 

階段を上り店に行きつくまでもかなりエッジが効いていて、ロンドンのロフトスタジオやニューヨークのカジュアルダイナーの雰囲気がビシビシと伝わってきます。この日は丁度ライブ開始の直前に伺ったので、ビルの前はこんな人だかりでした。

f:id:satomi77:20170216162851j:plain

こちらの階段を上がり、

f:id:satomi77:20170216162859j:plain

こんなポップカルチャーのトンガリ感を感じながら進むと

f:id:satomi77:20170216162907j:plain

良い感じのガラス張りのお店が出現。

店内は天井がスケルトン。やや低いテーブルとソファーが多いのでゆったりとした感じがします。


いつでも上質な音楽が適度な音量で流れているのはやはり音楽通が多いからでしょう。客層もどちらかというと自意識高い系のフリーランス志向。けれどそれがこのお店の独特のフィーリングを作り出し、居心地の良いさを生み出しています。

f:id:satomi77:20170216162918j:plain

この日はライブ前で1階入り口がふさがっていたので結構空いていました。オーダーとお支払いはカウンターで行います。コーヒーと今日のおすすめスイーツ「カマンベールチーズケーキ」を注文。これでなんと650円は驚きのコスパです。

f:id:satomi77:20170216162926j:plain

f:id:satomi77:20170216162934j:plain

特にチーズケーキは濃厚なチーズの香味わいと、シットリしっかりした口触り。甘みが押さえてある分爽やかな酸味と甘みがある生クリームがより美味しさを際立たせます。ガッツリと食べたい時にはおすすめです。

 

今日座った席の右手には古いレコードがびっしりと飾られ、その横にはアメリカンな赤いオーブンレンジが陣取ります。

f:id:satomi77:20170216162942j:plain

f:id:satomi77:20170216162947j:plain

そしてトレンド発信地「恵比寿」のらしいライフスタイル提案型のグッズの数々も楽しくて、まったく飽きません。

 

しばらくするとお店のスタッフが笑顔でやってきて「他に何かお飲みになりますか?」と絶妙のお声がけ。

 

ついついもう一杯コーヒーを頼んでのんびりとPCに向かいます。電源もフリーWifiを常設しているので一人でちょっとした寛ぎの時間を持つのにとっても良いお店です。ぜひ訪れてください。

 

<カフェ情報>
名称:TimeOut Cafe&Diner
住所:東京都渋谷区東3-16-6 リキッドルーム 2F
電話: 03-5774-0440
JR恵比寿駅西口/東京メトロ日比谷線 恵比寿駅2番出口より徒歩5分
URL: http://www.timeoutcafe.jp/

 

スポンサードリンク