女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。このブログは女子リキに寄稿しているライター数人で執筆してます。

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル スイーツビュッフェ 口コミ

f:id:satomi77:20170214143146j:plain

今回は、コートヤード・マリオット銀座東武ホテルにやって参りました。「NY Grill & Buffet」のスイーツビュッフェを体験したのでレポートします。

 

 

スポンサードリンク
 

f:id:satomi77:20170214143159j:plain

最寄駅が多くあり、新橋駅と築地市場駅から徒歩8分、銀座駅から徒歩5分、東銀座駅から徒歩3分、となっています。

 

利便性の高い場所にあるホテルですね。

このNY Grill & Buffetでは、1日中ビュッフェを行っているそうです。

f:id:satomi77:20170214143213j:plain

ブレックファースト:6時30分~10時30分 

ランチ:平日11時30分~15時、土休日11時30分~17時
スイーツ:平日のみ15時~17時
ディナー:17時30分~21時30分

それぞれお値段が全て税別・サービス料込で、ブレックファースト2,310円、ランチは平日3,000円で土休日3,900円、スイーツ1,800円、ディナーは平日3,700円で土休日4,600円となっています。

 

時間制限は、ランチ90分とディナー110分となります。
デザートは、2時間しか行われていないので、食事の提供が16時30分まで座席の利用が17時までだそうです。

 

わたしは、平日の、ちょうどランチからデザートに変わるぐらいの時間帯に行きました。ランチにしては少し遅い時間だったからか、利用客はそんなに多くありませんでした。


この日は、私を含め、デザートの時間帯に来たのは3人だけです。

最終利用の17時まで居座りましたが、おじいさん1人、外国人のおじさん1人、私の3人が最初から最後までいただけでした。

 

いつもこのような感じなのかはわかりませんが、2,000円弱て東京のホテルでデザートビュッフェを堪能できるのは穴場だと思います!

店内は奥行きがあり、見た目よりも広かったです。


奥、窓際、壁際はソファー席になっており、ほとんどのテーブルは4人掛けになっていて、何席か2人用のテーブルも用意してあります。

f:id:satomi77:20170214143240j:plain

程なくすると、声をかけていただき、いざ、出陣です。

入り口を入ってすぐ右側にビュッフェ台があります。
主に中央の台にケーキが並べられていました。

f:id:satomi77:20170214143252j:plain

向かって左側はドリンクバーです。

手前にはファミリーレストランにあるようなドリンクバーの機械があり、ウーロン茶、アセロラジュース、アイスコーヒー、ペプシ、白ブドウなどが入っています。

 

その奥にはコーヒーマシンがあり、エスプレッソやカプチーノなどが飲めます。
さらにその奥には、レモン水、オレンジジュース、アップルジュース、グレープフルーツジュースがビンに入れられて氷のたっぷり入った容器で冷やされていました。

 

中央台の一番奥、キッチンに近いほう側には野菜やサラダなどが置かれていました。葉物野菜、トマトやコーンなど10種類ほどの野菜とドレッシングが並べられています。

また、フルーツもあり、パイナップル、オレンジ、メロンがありました。

f:id:satomi77:20170214143344j:plain

パイナップルは甘酸っぱくておいしかったです。

オレンジは残念ながら甘くも酸っぱくもなく・・・という感じでした。

野菜コーナーのところには、鶏肉とトマトの和え物、サーモンと水菜のカルパッチョがありました。まさかこんな豪華なものが置いてあるとは思はなかったのでびっくりです。

中央台の右側には、パンコーナーがありました。

f:id:satomi77:20170214143401j:plain

中央がレーズンパン、上から時計回りに、クランベリーマフィン、オレンジマフィン、アップルパイ、杏とフランボワーズのパウンドケーキ、普通のパンです。

パンの中では一番のお気に入りだったのはクランベリーマフィン。
酸味が効いていて美味しかったです。

 

オレンジマフィンは中にオレンジピールが入っていて、歯ごたえもあり、良いアクセントになっていました。

 

アップルパイは、リンゴが甘く煮てあって美味しいだけでなく、パイ生地もサクサクしてすごくマッチしていました。

 

杏とフランボワーズのパウンドケーキはとてもしっとりとしていて、食べやすく、美味しかったです。

 

それでは、ケーキにいきます!

f:id:satomi77:20170214143416j:plain

ロールケーキが3種類、下からチョコレート、抹茶、プレーンです。

特別美味しい、というわけではありませんが、一口サイズで食べやすかったです。チョコレートと抹茶は少し味が濃いのであまり個数は食べられないかもしれません。

そして、小さなケーキが4種類です。


おしゃれな入れ物に入った一口サイズのものでした。手前からプレーン、イチゴショコラ、抹茶、チョコレートです。

 

この中ではイチゴショコラが一番食べやすかったです。
イチゴの酸味がクリームやチョコレート生地と合っていました。この抹茶チョコレートも、生地もクリームも抹茶なので、結構濃いです。

 

ミニサイズのケーキが続きます。

f:id:satomi77:20170214143431j:plain

右のは手前からベイクドチーズケーキ、イチゴミルクレープ、ガトーショコラです。

チーズにベリーはやっぱり合います。これは、美味しい!
すごくサッパリとしているので食べやすかったです。

 

ミルクレープもほんのりとイチゴの味がして、美味しかったです。

ガトーショコラは、思っていたほどチョコレート感が濃くなく、サイズ的にも大きくはないので食べやすかったです。
チョコレート系のケーキの定番、という感じです。

 

左側は、先ほどの通常のロールケーキと比べると、コンビニでいう、プレミアムロールケーキのような感じでした。通常のロールケーキの周りにさらにクリームがコーティングされている感じです。

 

手前から抹茶、イチゴ、チョコレートになります。
抹茶はたっぷり抹茶!という感じで、イチゴは上の方のみにクリームがあったので、こってりしていなくて食べやすかったです。

 

チョコレートは、さらに濃くなっているかな、と少し構えましたが、思っていたほど変わりはなかったです。

 

つづいて、実演コーナーです。
今回はクレープを焼いてくれました。
シェフに頼むと、アツアツの鉄板でクレープ生地を焼いてくれます。

f:id:satomi77:20170214143451j:plain

そのあとは自分でトッピングするシステムです。

ソースは、イチゴ、ブルーベリー、チョコレート、キャラメル、そのほかに、クルミやバナナチップス、レーズンなどのトッピング、それに加えて、バター、ハチミツ、メープルシロップがあります。

 

アツアツ焼きたてのクレープを半分に折られた状態でお皿に乗せて出されます。私はそこに、バナナチップスとイチゴソースをかけ、さらにホイップクリームものっけてみました。

 

さらに半分に折って食べます。
クレープ生地も温かいので、ソースがすごく緩くなってしまって底から垂れてきてしまいましたが・・・美味しかったです。

 

ホイップクリームは実演台のところにはありませんが、チョコレートファウンテンのトッピングの場所にあります。

 

クレープを焼いてくれたシェフが、「あそこのチョコレートファウンテンのところにあるホイップクリームも乗せてみたらいいですよ。」とオススメしてくれましたので、やってみました。

 

クレープにホイップクリームは欠かせないですね!

カットフルーツがもう少し充実していたら、もっとバリエーション豊かなアレンジが楽しめそうでした。


次はまたまたケーキを食べてみます。

f:id:satomi77:20170214143507j:plain

右からチョコレート、レアチーズ、抹茶です。

チョコレートはビターチョコレートのムースだそうで、下がスポンジに見えますが、周りだけで中にもチョコレートが入っていました。
チョコレート尽くしです。


レアチーズには薄いチョコレートが一枚とブルーベリーが3個乗って、ブルーベリーのアクセントがよかったです。

 

抹茶の下のスポンジはショコラっぽくなっており、真ん中にはチョコレートです。

上には小豆(?)が乗っていて、和風かと思いきや、食べてみると完全なる洋風なケーキでした。

 

甘い物ばかりを食べ続けるのは結構キツイです。
そんな中、やはりしょっぱい物を挟みたくなります。

ちょうどいいところにスープカレーがありました。
親切なことにご飯もおいてくれています。

f:id:satomi77:20170214143519j:plain

カレーはIHクッキングヒーターに乗せられて保温されているのでとっても温かかったです。そして、お肉がたっぷり!

 

普通にひとすくいしただけでこんなにもお肉がいっぱい入ってきます。
鍋の表面がお肉で埋め尽くされていました。

 

デザートバイキングに来たのに、ガッツリとお肉を食べてれ得した気分♪

結局この後、ご飯をスープカレーに入れて堪能しました。

 

お水はレモン水です。
ほんのりとレモンの味がして、口の中がサッパリします。

しょっぱい物を挟んだらまた甘い物にいきます(笑)

f:id:satomi77:20170214143537j:plain

プリン、ショートケーキ、イチゴのムースとチョコレートファウンテンの具材です。

プリンは、大きなドーナツ状になって置かれているので、自分で切り分けて食べます。

 

お皿に乗せて食べられるように硬めに作られおり、カラメルソースもプリンの上の方にしっかりと固まっていましたのでとても食べやすかったです。もちろん味もGOOD。

 

王道のショートケーキは、中にフルーツが多めに入っていておいしかったです。(同じトングを使うので先に取ったイチゴのムースについているチョコレートの細い棒がショートケーキにもついてしまいました)

 

チョコレートファウンテンには、プリッツ、マシュマロ、ドーナツ、シュークリームがありました。そしてトッピングのパラパラしているカラフルなチョコレート、ホイップクリームが置いてあります。

 

ドーナツは少しパサパサしていましたが、シュークリームはカスタードがたっぷり入っていて美味しかったです。マシュマロにチョコレートファウンテンはとても合いますね。

 

そのほかには、ヨーグルトがフルーツの横においてあります。

f:id:satomi77:20170214143557j:plain

ブルーベリーソースが上に、おしゃれにかかっていましたが、残念なことに器によそってしまうと、そのソースが下にいってしまいキレイに見えなくなってしまいました。

プリンは美味しかったのでリピートしちゃいました。

 

これで全制覇です。

 

ロールケーキ系が6種類、ミニケーキ系が10種類、パン系が6種類、ホットケーキなどの焼き物3種類、チョコレートファウンテン、サラダバーにドリンクバー、そしてスープやカレーですべてです。

 

ビュッフェ台の見た目ではそんなにたくさん種類がなく、これしかないのか・・・とすこしがっかりしましたが、食べ進めていると結構多かったような気もします。

 

全て制覇したので終了!っと思ったのですが、第2ラウンド開始!
私の気に入ったスイーツをしょっぱいおかずを挟みながらいただきました。

f:id:satomi77:20170214143619j:plain

f:id:satomi77:20170214143625j:plain

一番おいしかったのは、マフィンです。

 

オレンジの方ではなくクランベリーのが好きで2度もお代わりしてしまいました。
アップルパイも普通のアップルパイとはなんだか違っていて、パイというよりはクロワッサン生地にリンゴのコンポートが乗っているようなイメージです。
これもお気に入りです。

 

普通のパンも、バターを塗るでもなくジャムを塗るでもなく、そのまま食べるのが美味しくて、ご飯のお供ならぬパンのお供としてサーモンのカルパッチョと一緒に食べました。

 

そしてまたホットケーキです。
バターを乗せたすぐそばから溶けて流れていってしまうので、流れ出る前に席に戻って食べなければ、と少し早足になってしまいました。

 

バターだけでなく、メープルシロップやハチミツをかけるとさらに美味しくいただけました。やっぱりしょっぱいものが食べたくなるので、バンバンジーを挟みます。

甘い物→しょっぱいもの→甘い物・・・と無限ループです。


デザートのビュッフェなのに、甘い物だけでなく軽食の方も充実していたので、まさに『堪能』できました。

 

決してゴージャスなビュッフェではありませんでしたが、1,800円(税込み1,944円)とリーズナブルに銀座でデザートバイキングを楽しみたい方にはおすすめです。

 

本家女子リキでもコートヤード・マリオット銀座東武ホテル「フィオーレ」のスイーツビュッフェをレポートしていますので宜しければみてくださいね。

コートヤードマリオット銀座東武ホテル「フィオーレ」口コミ スイーツビュッフェ体験談 - 女子リキ

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル「フィオーレ」の公式サイトは以下です。

www.tobuhotel.co.jp

 

 

スポンサードリンク